えなつ歯科・矯正クリニック

歯科衛生士募集

現在スタッフ募集は行っておりません

最新採用情報 衛生士長(候補)を募集しております

最新採用情報 衛生士長(候補)を募集しております突然ですが「えなつ歯科・矯正クリニック」で“エース”を目指しませんか?
当院は平成21年に開業したクリニックです。この度、主任衛生士として開業当時より働かれていた方が寿退職したため「えなつ歯科・矯正クリニック」の歯科衛生士を1名募集いたします。
後々は「えなつ歯科・矯正クリニック」の主任衛生士を担って頂きたいと考えております。
当院は、患者様やパートナーから”あなたに逢えて良かった”と言っていただけるような仕事をすることを理念に掲げ、予防歯科に力を入れているクリニックです。
歯科衛生士歴10年以上や、主任クラス経験者、インストラクター経験者、日本歯周病学会の認定歯科衛生士等、経験豊富な歯科衛生士を1名募集しております。 患者さんにとって最善の総合歯科医療を提供するために、最先端の予防歯科の知識や技術を身につけその技術で、患者様に喜んでいただくことに共感できる歯科衛生士の方と一緒に仕事ができたら私たちも何よりの幸せです。
当院の理念は「患者様を笑顔にし、その笑顔を守り、患者様が素晴らしい人生を送るお手伝いをする」というものです。私たちは、その為なら努力を惜しみません。全てのスタッフが、一丸となって患者様の健康のために日々尽力しております。
あなたの経験を活かし、且つ、あなたのまだ知らない新しい歯科予防の領域に触れてみたい
成長意欲の高い方にお会いできるのを、心より楽しみにお待ちしております。
最新採用情報 衛生士長(候補)を募集しております

募集要項

【 既卒歯科衛生士(10年以上経験者) 】

職種 歯科衛生士
仕事内容 歯科衛生士業務全般
応募条件 歯科衛生士免許取得者
衛生士歴10年以上で
えなつ歯科・矯正クリニックの主任候補となれる方
雇用形態 正社員(常勤)
給与 月給制
月給:30万円~
(みなし残業代30時間分を含む)
(試用期間中の給与は29万円)
給与は前職・経験などを考慮し、優遇します。
交通費(全額10,000円まで支給)
<昇給・賞与>
昇給:年1回 賞与:年2回(業績により変動)
休日休暇 日曜・祝日、第1木曜日、木曜日午後
週休2日(年間変形労働時間制)
営業(開院)時間 月~土 9:00~18:00
木 9:00~13:00
休診日 日曜・祝日・木曜午後
勤務時間 月~土 9:00~18:00
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
採用試験 一次 書類選考
二次 筆記試験・適性検査・面接
提出書類 手書きの履歴書(写真貼付)
ワープロ入力した自己PR
卒業見込証明書・成績証明書
健康診断書(書類選考通過者)
提出方法 郵送にて
書類選考後合格者にはお電話にてご連絡いたします.
勤務可能時期 ご相談ください。

【 既卒歯科衛生士 (3年以上経験者) 】

職種 歯科衛生士
仕事内容 歯科衛生士業務全般
応募条件 歯科衛生士免許取得者
雇用形態 正社員(常勤)、パート・非常勤
給与 月給制
月給:23万円~
(試用期間中の給与は22万円)
(ともにみなし残業代30時間分を含む)
給与は前職・経験などを考慮し、優遇します。

<諸手当>
交通費(全額10,000円まで支給)
<昇給・賞与>
昇給:年1回 賞与:年2回(業績により変動)
休日休暇 日曜・祝日、第1木曜日、木曜日午後
週休2日(年間変形労働時間制)
営業(開院)時間 月~土 9:00~18:00
木 9:00~13:00
休診日 日曜・祝日・木曜日午後
勤務時間 月~土 9:00~18:00
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
採用試験 一次 書類選考
二次 筆記試験・適性検査・面接
提出書類 手書きの履歴書(写真貼付)
ワープロ入力した自己PR
健康診断書(書類選考通過者)
提出方法 郵送にて
書類選考後合格者にはメールにてご連絡いたします.
勤務可能時期 ご相談ください。

【 新卒歯科衛生士 】

職種 歯科衛生士
仕事内容 歯科衛生士業務全般
応募条件 来春卒業予定者
衛生資格保有者
雇用形態 正社員(常勤)、パート・非常勤
給与 月給制
月給:20万円
(試用期間中の給与は19万円)
(みなし残業代30時間分を含む)
給与は前職・経験などを考慮し、優遇します。

<諸手当>
交通費(全額10,000円まで支給)
<昇給・賞与>
昇給:年1回 賞与:年2回(業績により変動)
休日休暇 日曜・祝日、第1木曜日、木曜日午後
週休2日(年間変形労働時間制)
営業(開院)時間 月~土 9:00~18:00
木 9:00~13:00
休診日 日曜・祝日・木曜日午後
勤務時間 月~土 9:00~18:00
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
採用試験 一次 書類選考・筆記(常識・専門)
二次 筆記試験・適性検査・面接
提出書類 手書きの履歴書(写真貼付)
ワープロ入力した自己PR
卒業見込証明書・成績証明書
健康診断書(書類選考通過者)
提出方法 郵送にて
書類選考後合格者にはお電話にてご連絡いたします.
勤務可能時期 ご相談ください。

求める人物像

1.笑顔と元気
笑顔と元気まず、私たち自身が笑顔でなければいけません。不安そうな患者様の不安を和らげる笑顔、患者様に「ここなら安心だ」と思っていただける笑顔でお客様をお迎えしたいと考えています。私たちスタッフが元気や笑顔がなく接してしまったら、患者様を笑顔にすることはできません。治療を通して患者様に元気と笑顔を提供出来る、それが私たちの使命だと考えております。
2. 患者様とのコミュニケーション
患者様とのコミュニケーション当院では患者様とのコミュニケーションを特に重視しています。当院は単なる治療だけではなく、患者様自身が歯の重要性に気づいて頂く場と考えています。私たちが患者様に歯の重要性を伝え、歯の大切さをご理解頂きたいと思っております。そのために、当院では患者様にカウンセリングルームでしっかりと説明するカウンセリングのシステムを構築しています。患者様との信頼関係を構築し、ご自身で歯を守れるようにサポートしていけるようにと考えています。患者様との信頼関係はコミュニケーションの量に比例すると思っています。当院では治療の話だけではなく、患者様との楽しい会話で、笑い声で溢れています。
3.「患者さんの歯を守る」という強い信念
「患者さんの歯を守る」という強い信念患者様が一生ご自身の歯で美味しい物を食べていただき、生活を楽しんでいただくためには、治療だけでなく定期的なメンテナンスを受けて頂く事が重要になってきます。当院に長く通って頂いている患者様は3ヶ月に1度の定期健診をしっかりと受けて頂いております。痛くなった歯を治すだけが歯科医の仕事ではなく、虫歯にならないようにメンテナンスをする事が1番重要であると認識しているからです。また、子供の頃から歯に対する意識を高めて、一生健康な歯で過ごせるように、「一生虫歯ゼロ運動」も行っております。子供の頃から歯に対する正しい知識と価値観、習慣を身につける事を目的にご両親と一緒に頑張っていただいております。その為、お子様たちは皆笑顔で歯医者に来てくれております。
4.チーム志向
チーム志向私達「えなつ歯科・矯正クリニック」は1つのチームだと考えております。「患者様のために」という意識を持ってスタッフが自身の役割を認識して動く事が重要です。その為には、自分の役割をこなすだけではなく、「考動」できる自主性も要求されます。今いるスタッフは常にチーム意識を持って患者様のために自主的に働いてくれています。そのスタッフ達と一緒に、自分自身の力を高めていきませんか?

理事長・院長からのメッセージ

最初は私から歯科衛生士のあなたに質問させていただきます。

あなたはなぜ歯科衛生士になったのでしょうか?

あなたはなぜ歯科衛生士になったのでしょうか?何のために歯科衛生士の仕事をするのでしょうか?

あなたにとって、理想の歯科衛生士像はどのようなものでしょうか?


この質問に間髪いれずに答えられた方は、とても素敵ですね。

でもすぐに答えが出なかった方もそんなに心配しなくても大丈夫です。

私は今までお逢いした歯科衛生士さんに何度かこの質問を投げかけたことがあります。皆さん面接のときはそれなりに準備をしてこられるために、答えを用意していらっしゃいますが、ふとしたときにこの質問をされて明確に自信を持って答えることができる衛生士さんは非常に少ないものです。
この「なぜ歯科衛生士になったのか?」「何のために歯科衛生士になったのか?」という“自分への問いかけ”は、皆さんが衛生士として仕事をする上で非常に大切です。

この目的が明確な方は、多少の波風が立ってもブレることはありませんし、困難な壁にぶつかっても必ず乗り越えていくことができ、成長し、幸せなワークスタイルを選び取ることができます。

しかし、この目的が明確でない方は、自分に問題があるにもかかわらず、職場や環境のせいにして不平不満ばかりぶちまけて、職場を転々とされている方が多いのです。
あなたもご存知のことと思いますが、歯科衛生士さんの中で一生歯科衛生士の仕事を全うされる方は非常に少ない状況です。
結婚して子供ができて、一旦退職したとしても、子育てがひと段落着いたらまた看護士の仕事をされているケース結婚して一度退職して、子育てがひと段落ついて、再度仕事をしようと思ったときに、歯科衛生士の仕事をせずにごく普通のパート仕事をされている方が、残念ながら非常に多いのです。

ところが看護士さんの場合、結婚して子供ができて、一旦退職したとしても、子育てがひと段落着いたらまた看護士の仕事をされているケースがほとんどで、ごく普通のパート仕事をしている人などは聞いたことがありません。
なぜこのような違いが生まれるのだと思いますか?

私は、原因は3つあると思います。
1つは先ほどあなたに問いかけさせていただきました「衛生士の仕事をする目的」をもって衛生士の仕事をされている方が極端に少ないこと、
そして2つ目は、衛生士を卒業し結婚し子育てが終わって、いざ衛生士の仕事に戻ろうと思ったときに、衛生士として何か自信を持ってできるスキルがほとんど身についていないこと、
3つ目は衛生士の給与が年齢を重ねても非常に安いままであるということです。
この原因は歯科衛生士である皆さん自身の問題と、皆さんを雇用する歯科医師サイドに問題があったと私は考えております。

衛生士さん自身は「何のために衛生士の仕事をしているのかを明確にしていない」すべてとは言いませんが、衛生士さん自身は「何のために衛生士の仕事をしているのかを明確にしていない」ということが問題であり、歯科医師は、歯科衛生士を自分のクリニックで一生続ける職業としてみていない、もしくはみていなかった、ということが問題であるようです。
歯科衛生士さんには「手に職があったほうがいい」とか「就職に困らない」などと親に言われて衛生士になった方、結婚するまで当面お金を稼げればいいと、腰掛け的に衛生士になった方、お話をお伺いすると歯科衛生士になった理由は様々です。
一方歯科医師サイドは「衛生士は若い方が患者さんからの受けがいいから、適度に入れ替わりになったほうがいい」とか「衛生士があんまり長く勤務すると払う給料が多くなってしまうから、若い子のほうが人件費がかからなくていい」などと考えていることが多く、長期で育てるという考えより、短期でいかに使いこなすかということになってしまっているのではないでしょうか。

ドクターが長期的な視点で衛生士を育てる意識がないため、結果として衛生士のスキルも上がらずに、衛生士自身が退職したときに何かを身につけたという自信がほとんどない状態で卒業されていくのが現状ではないかと思えてなりません。
「スキルがないのだから、子育てが終わった中年の衛生士に対しても新卒の歯科衛生士に毛が生えたぐらいの給与しか払えない」、というのはドクターサイドの意見です。

一方、欧米では歯科衛生士という仕事は看護士さんと並んで、憧れの職業のひとつですし、給料も年収450万円から1000万円もらい、自信と誇りを持って一生続けていく職業です。
ここで皆さん注意していただきたいのは、日本の衛生士と同じ仕事内容をこなしているだけであれば、欧米の歯科衛生士がそれだけの年収を得ることは決してありえないということです。
経営的に考えても患者様が支払ってくれる費用の約20%くらいが衛生士の給料だとすると、衛生士さんが年収450万円から1000万円もらうには、患者さんは衛生士に対して年間2250万円から5000万円(一日8万から20万円)払っているということなのです。

衛生士さんが年収450万円から1000万円もらうには、患者さんは衛生士に対して年間2250万円から5000万円(一日8万から20万円)払っているということなのです。歯科医師サイドがどうこうというより、患者さんが皆さんの仕事に対して年間2250万円から5000万円(一日8万から20万円)の価値を見出しているのです。診療補助業務だけでは患者様は決して一日に8万円から20万円を支払ってはくれません。
ところが、日本の一部の歯科医院では年収800万円以上稼ぐスーパー衛生士と呼ばれるような人たちがいて、一人で年間数千万の売上をたたき出し、その衛生士がいるだけで患者様の数と売上が倍増するような方もいらっしゃいます。
皆さんが逆に経営者の立場であったとしたら、その衛生士に年俸いくら払いますか?
私はそのような衛生士さんには年俸1000万円払っても惜しくはないと思います。

衛生士を一生の仕事としていくために

どうしたら高額な年俸を稼げる衛生士になれるのでしょうか?ではどうしたら高額な年俸を稼げる衛生士になれるのでしょうか?
どんなスキルを身につけたら患者さんや歯科医院はあなたの価値を認めてくれるのでしょうか?
またそのスキルを身につけるためには具体的に何をしたらよいのでしょうか?
その一つは先ほどからお話している「何のために」がただ単に自分のためやお金のためではなく、「患者さんを助けるため」だったり、「患者さんに喜んでもらう」ためだったり、何か世のため人のためということが口先だけでなく自分の中にしっかり落ちているということです。
これは口で言うのは簡単ですが、日本の歯科衛生士の中ではこれが腑に落ちている人を見つけるのは結構難しいものです。でもお医者さんや看護士さんたちの中にはこれが腑に落ちている人が多いのは皆さんもわかりますよね。
これから歯科衛生士になられる方は是非「何のために歯科衛生士をやるのか」をしっかり自分の中に落とし、明確にしていただきたいと思います。
診療補助業務二つ目として身につけるべきスキルを身につけることです。
歯科衛生士のお仕事とは、大きく分けて診療補助業務と歯科衛生士業務とに分かれます。
診療補助業務とはドクターの診療を補助する業務ですが、ドクターのバキューム補助からセメント練り、器具の片付けや、滅菌・消毒等多岐にわたっております。
日本の歯科医院の衛生士の仕事はほぼ80~90%はこの診療補助業務をしております。ドクターもこれが歯科衛生士の仕事だと考えていらっしゃる方がほとんどです。
しかし、これらの仕事はお口の中を触ること以外はほとんど歯科助手で代行できるような仕事ばかりなので、患者さんや歯科医院がこの仕事に対して、たいした付加価値をおくことはないということがお分かりになるかと思います。
歯科衛生士業務歯科衛生士にしかできない仕事で、患者さんや歯科医院が最大の価値を見出してくれる仕事が歯科衛生業務です。具体的には「メインテナンス」になります。 ただし、歯科医院に定期的にメインテナンスに通うことは、日本ではまだ“常識”にはなっていません。皆さんは日本のメインテナンス率、いったいどのくらいだと思いますか? スウェーデンのカールスタッド市のメインテナンス率は90%以上。そしてアメリカでは約80%(年間所得400万円以上)、もしくは約50%(年間所得200万円以下)が常識的にメインテナンスを受けているそうです。
こうした欧米先進国に遅れをとった日本のメインテナンス率はわずか2%ということ。現状ではあまりにも違いが大きすぎます。
このメインテナンスに対して患者様は平均的に1時間当たり約1万円くらいの費用を支払ってくれます。単純計算でそのうちの20%が人件費であったとすると時給は2000円になる計算です。一日8時間働いて日給16000円、月22日働けば35万2千円、年収にするとこれだけで年収410万円を超えます。
しかし、この数字はメインテナンスを希望する患者様がいらっしゃっての話なので、これだけの患者さんを呼べる衛生士がいて、後輩の衛生士を指導教育でき、次々とメインテナンスができる衛生士を増やす実力があり、この衛生士のカウンセリングによって歯科医院の自費が月数百万上がるような存在になれたとしたら、年収1000万円も夢ではないと思いませんか?
ところが、先ほどあげましたように日本のメインテナンス率はわずか2%にしか過ぎないのです。
歯科衛生士さんが単に治療終了時にメインテナンスを勧めたとしても、日本人にはメインテナンスに通う習慣がないため、そこから変えていかないと、メインテナンスは定着していかないのです。
私は長年患者さんにこのメインテナンスを定着させるために努力をしてきました。私は長年患者さんにこのメインテナンスを定着させるために努力をしてきました。
まずはドクターが中心となって、メインテナンスをメインに据えた歯科医院つくりに取り組み、数々の失敗をし、試行錯誤を繰り返しながら、歯科医院全体でメインテナンスをできる歯科医院を作ってきました。
私が開業するまでに8年勤めた熊本市にあるクレア歯科医院では、就任当初は10%にも満たなかったメインテナンスの患者様を50~70%のメインテナンス率にあげることに成功いたしました。
えなつ歯科・矯正クリニックでは、更にその知見を活かし、自由診療型の予防メインテナンスを徹底的に強化し、患者様の満足度にとことんこだわって、患者様に喜んでいただけるような歯科医院作り、チーム作りをしております。
当院の歯科衛生士業務を追及することで、周囲の同期の歯科衛生士さん、または先輩の衛生士さんですら学んでこなかった先進の歯科衛生士業務を習得することができ、歯科衛生士の真のやりがいを感じて頂けるものと確信しております。

えなつ歯科・矯正クリニックの歯科衛生士業務とは?

1.歯科衛生士の仕事はほぼ100%が歯科衛生士業務(各種検査・歯周病処置・予防メンテナンス・TBI等)です。万一、診療補助業務に従事したいという衛生士さんにも、特別な診療体系をご用意することが可能です。

2.歯科衛生業務(主にメインテナンス)がしっかりできるように、一から丁寧に指導いたします。

3.患者様があなたを指名して、自発的にメインテナンスに来たいといっていただけるような、メインテナンススキルやカウンセリングスキル、コンサルティングスキルを身につけることができます。担当患者制で、1人1人の患者様としっかりと向き合って診療に当たることができます。

4.サービス業界トップレベルの身だしなみ、接客・接遇やおもてなしのスキルを身につけることができます。

5.最先端のデータ管理型の予防歯科プログラムを身につけ、二度と虫歯にならない方法、二度と歯周病で歯を失わない方法を自由診療として提供できるようになり、患者さんに指導し、実践できるようになります。

6.歯を抜かない矯正から本格矯正まで、様々な矯正の勉強ができます。

7.インプラントのメンテナンスやアシスタントスキルについても身につけることができます。

8.パワーポイントを使ったプレゼンテーションスキルを身につけることができます。

9.「何のために」を大切にし、患者様に心から喜んでいただく歯科医療にチームとして取り組むことで、仕事に生きがいややりがいを見出すことができます。

あなたはこれから社会に出て、白衣を身に着けたとたん患者さんからプロの歯科衛生士という目で見られることになります。あなたはこれから社会に出て、白衣を身に着けたとたん患者さんからプロの歯科衛生士という目で見られることになります。
自分ではまだ未熟で半人前にも満たないと思われていても、歯科衛生士の資格を持って、白衣を身に着けるだけで世間はそうは扱ってくれないのです。
あなたともし当院で一緒に仕事をすることができたなら、私は責任を持ってあなたがプロの衛生士としてまた一人の魅力的な女性としてさらには立派な社会人として成長できるように、全力で指導させていただきます。
知識や学力はあまり関係ありません。
私達が、勤務いただく歯科衛生士の皆さんに求めることは現状の技術やスキルではありません。なぜならば、技術やスキルに応じて、待遇はきちんと評価させていただきますが、技術やスキルが高くとも採用を見送らせて頂くことがあるからです。
採用させていただく上で私達が重視していることは、「人間としての魅力」です。
この魅力とは、

常に明るく元気であること

笑顔と元気まず、私たち自身が笑顔でなければいけません。不安そうな患者様を和らげる笑顔、患者様に「ここなら安心だ」と思っていただける笑顔でお客様をお迎えしたいと考えています。多くの患者様は歯科医院に来るときは元気がありません。不安や悩みを抱えているわけですから、当然かも知れません。そのとき、私たちスタッフに元気がなく、疲れた表情で、やる気もなく接してしまったら、患者様を笑顔にすることはできません。それよりも、不快な思いをさせてしまいます。治療を通して患者様に元気と笑顔を与える、それが私たちの使命です。

患者様とのコミュニケーション

患者様とのコミュニケーション当院では患者様とのコミュニケーションを特に重視しています。当院は単なる治療だけではなく、患者様自身が歯の重要性に気づいて頂く場でありたいと真剣に考えています。私たちが患者様に歯の重要性を伝え、歯の大切さをご理解頂きたいと思っております。そのために、当院では患者様にカウンセリングルームでしっかりと説明するカウンセリングのシステムを構築しています。患者様との信頼関係を構築し、ご自分で自分の歯を守れるようにサポートしていきたいと考えています。患者様との信頼関係はコミュニケーションの量に比例すると思っています。治療が忙しい中でも、患者様とたくさんのコミュニケーションを取っています。当院では治療の話だけではなく、患者様との楽しい会話や笑い声で溢れています。

「患者さんの歯を守る」という強い医療人としての信念とモラル

「患者さんの歯を守る」という強い信念患者様がずっとご自分の歯で美味しい物を食べていただき、生活を楽しんでいただくためには、治療だけでなく定期的なメインテナンスを受けて頂く事が重要であると考えております。当院に長く通って頂いている患者様は3ヶ月に1度の定期健診をしっかりと受けて頂いております。痛くなった歯を削って治すだけが歯科医の仕事ではなく、虫歯にならないようにしっかりとメインテナンスをする事が最重要であると考えております。当院で働いているスタッフは、皆「患者様の歯を守る」という強いプロ意識を持って働いています。また、子供の頃から歯に対する意識を高めて、一生健康な歯で過ごせるように「一生虫歯ゼロ運動」を行っております。子供の頃から歯に対する正しい知識と価値観、習慣を身につける事を目的にお父さんお母さんに啓蒙活動をしております。当院にいらっしゃるお子さんは、歯医者が嫌いで泣くのではなく、皆笑顔で歯医者に来てくれています。

他者を尊重するチーム思考

チーム志向歯科医院はチームです。「患者様のために」という意識を持ってチームメンバーが自身の役割を適切に認識して動く事が重要です。また、当院では与えられた役割をこなすだけではなく、自ら考えて行動できる自主性も要求されます。当院で働くスタッフは常にチーム意識を持って患者様のために自主的に働いています。当院で働いているスタッフは皆これらの意識を持ったプロ集団です。一人ひとりが自分の仕事に責任を持ち、自分以外の誰かのために貢献することに使命を感じて働いています。お互いがお互いの人間性を尊重し合っていることが重要です。こういったスタッフの中、自分自身の力を高めていきたいと考えている方のご参加をお待ちしております。

歯科医療に対する純粋な気持ち、明確な「何のために」という思い、そして素直な心と成長意欲、それだけあれば十分です。 患者様のために共に熱い気持ちを持って歯科医療に没頭し、共に社会に貢献できる方がいらっしゃいましたらぜひご連絡願います。 長い文章を最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

えなつ歯科・矯正クリニック

〒890-0045 鹿児島市武3丁目10-4
TEL:099-297-6480

各種クレジットカードがご利用可能です(自由診療のみ)

各種クレジットカードがご利用可能

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 ×
14:00〜18:00 × ×

※休診日:木曜午後・第1木曜・日曜・祝日

WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら

アクセスガイド

鹿児島市外および遠方からお越しの方へ

当院は、JR鹿児島中央駅から徒歩約15分の立地にございます。遠方からお見えになる患者様も多く、新幹線・飛行機で駅や空港からタクシーでお越しいただいております。

鹿児島・熊本・宮崎にお住まいの方は、自家用車でお越しいただく方がほとんどですので、当院では、女性でも安心して駐車することができる広々とした無料駐車スペースを14台分ご用意しております。

たとえ診療時間が延びたとしても、お時間を気にされずにゆったりした気持ちで診療を受けられて下さい。