患者様からのご質問Q&A

フッ素とは何か?フッ素を塗ったら効果はどのくらい続くのか?
フッ素とはほとんどの食品に含まれるミネラル成分の1つです。
歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、溶けたエナメル質の修復、歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があり、予防に有効な成分として注目されています。
また定期的に塗ることで効果が高まり、虫歯になるリスクが下がります。
フッ素は1回使用しただけでは効果は持続しません。
出来れば3か月に1回歯科医院で高濃度フッ素塗布を行い、ご自宅では毎日低濃度のフッ素の使用するのが効果的です。高濃度のフッ素塗布によって歯に取り込まれたフッ素は徐々に減ってきますので自宅でフッ素を使うことによって減るスピードを少なくし、歯に取り込まれているフッ素の量を下げないようにして、虫歯を予防していきます。
麻酔は痛くないですか?
「治療が痛くて歯医者さんに行きたくない・・・・」、「麻酔が怖くて歯医者さんに行きたくない・・・・」など言われる患者様がたくさん来院しますが、しっかりと麻酔が効いた状態であれば治療の時、痛いということはありません。麻酔も当院での治療の時は多くの方が「いつ注射したのかわからなかった」と言われて驚かれます。
痛みをおさえるための技術や道具は昔にくらべて格段に進化していますので昔より痛くなく治療することが出来るのです。
まず表面を消毒し、麻酔注射の針をさす前に、針のない麻酔器を使って歯ぐきに表面麻酔を吹きつけます。
(輪ゴムを皮膚に当てるくらいの衝撃)表面麻酔をしっかり行うことで針を刺すときのチクッとする感じはほとんどわかりません。その後しっかりと麻酔を行っていきます。
しかし、歯ぐきに炎症があった場合は麻酔が効かないことがあります。その場合はまずは炎症を抑えてから治療に入っていきます。
痛みは誰だって怖いものです。出来る限り痛みのない治療で患者様の負担を減らしていければと思います。
子供の仕上げ磨きはいつまで行ったらいいのか?
出来ればさせてくれるまで仕上げ磨きは行ってください。 小学6年生頃までは歯が生えかわっている最中で 歯並びが複雑な為、子ども一人では歯垢を充分に落とせません。高学年になれば幼児期のように全体を仕上げみがきする必要はありませんが、子どもがみがいたあとに、不足しているところは保護者の方が仕上げみがきをすることが大切です。(点検みがき)
上手に出来たところは子ども自身に教えてあげると子どものやる気もアップします。 「恥ずかしい」と子どもが嫌がるようであれば、歯医者さんに「正しい歯みがき・歯ブラシの使い方の指導」をお願いし、適切な歯みがきができる手助けをしてみてください。歯みがきに対する理解が深まれば、仕上げみがきに応じてくれる可能性もあります。
子どもが甘いお菓子、ジュースが大好きです。上手な食べ方を教えてください。
子どもさんだけではなく、大人だって甘いお菓子やジュースを食べたいときもありますよね?虫歯になるから絶対に食べてはいけないわけではなく、おやつの時間を決め、だらだら食べないことが重要です。食べ物が口の中に入ると、むし歯菌(ミュータンス菌)が食べ物に含まれる糖質をエサにして酸をつくります。歯についた歯垢は本来中性ですが、むし歯菌のつくった酸により酸性に変化します。酸の作用により、時間の経過とともに歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンなどのミネラルが唾液中に溶け出します。ミネラルが溶け出す酸性の状態が続くと、歯に穴が開いてむし歯になってしまうのです。
「間食をするとむし歯になりやすい」といわれるのは、歯垢の中が酸性になっている時間が長くなるからなのです。
子どものおやつにはエネルギーの補給やこころの満足感を得るという意味もあります。甘いもの以外にも、いろいろな食べ物を加えてあげることも大切です。食べた後には、歯みがきをするようにしましょう。できなければ、お茶かお水を飲ませたりすることでも、むし歯を予防できます。
歯の痛みなどのトラブルがないのに検診や歯石取りなどに行った方がいいですか?
歯の痛みがなくても、むし歯になっていないとは限りません。定期的に検診を受け口腔内の状態を把握し歯の汚れや歯石取りをすることは、歯の寿命を延ばすことになります。
抜歯後に痛みがあります。
炎症がある歯を抜いた場合は、抜歯後の治りが悪い場合があります。または、抜歯後に血の蓋(血餅)が取れて骨への感染がある場合に痛みが続くことがあります。歯科医院を受信されて状態を診てもらってください。
口臭外来していますか?
唾液検査による細菌数の測定、呼気成分の測定、口腔内細菌の位相差顕微鏡による観察を行い、口臭の原因の参考に治療を行います。
歯石はどれくらいおきに取りに行ったらいいですか?
通常は1年に3~4回が良いです。ただ、歯周病進行具合や自宅でのはみがき状態によっては回数が増えることもあります。
子供連れで行っても大丈夫ですか?
はい。えなつ歯科・矯正クリニックでは、小児待合室を用意しております。保護者様の診療中は小児待合室でビデオを観たり、本を読んだりしていただけます。
冷たいものがしみるのはむし歯ですか?
必ずしもむし歯が原因ではありません。知覚過敏や歯周病、噛み合わせの問題、歯の小さな亀裂など他の理由でしみることがあります。

えなつ歯科

〒890-0045 鹿児島市武3丁目10-4
TEL:099-297-6480

各種クレジットカードがご利用可能です(自由診療のみ)

各種クレジットカードがご利用可能

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 ×
14:00〜18:00 × ×

※休診日:木曜午後・第1木曜・日曜・祝日

WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら

アクセスガイド

鹿児島市外および遠方からお越しの方へ

当院は、JR鹿児島中央駅から徒歩約15分の立地にございます。遠方からお見えになる患者様も多く、新幹線・飛行機で駅や空港からタクシーでお越しいただいております。

鹿児島・熊本・宮崎にお住まいの方は、自家用車でお越しいただく方がほとんどですので、当院では、女性でも安心して駐車することができる広々とした無料駐車スペースを14台分ご用意しております。

たとえ診療時間が延びたとしても、お時間を気にされずにゆったりした気持ちで診療を受けられて下さい。