先日大阪の千里中央ライフサイエンスセンターにてインビザラインスタディクラブが開催されました。 全国からインビザライン症例経験の多いドクターが集まり、お互いの症例をもちより症例検討会を行うのとともに、アラインテクノロジー社インストラクタードクターのDr. Vlaskalic(ビッキー先生)にコメントを頂きました。

以前インビザライン矯正は軽度の叢生(歯並びのガタガタ)の治療しかできないと言われておりましたが、ここ数年の様々な改良がくわえられ、抜歯症例、重度の叢生、10代前半の乳歯が残っている段階からの矯正治療など応用範囲がかなり広がってきております。私自身歯を抜かない矯正をする上で、インビザライン矯正治療はかなり重宝しており、患者さまにも喜んでいただいております。

今後も世界中のインビザラインを行うドクターと情報交換しながら、常に世界最先端であれるように今後も勉強していかねばと思いました。Dr. Vlaskalic(ビッキー先生)ありがとうございました。