えなつ歯科・矯正クリニック

歯を抜かない矯正

ご存知でしたか?歯は抜かなくても矯正できることを。

"矯正"といえば、「歯を抜くものだ」というイメージがありますが、実は、歯は抜かなくても矯正することができるのです。

あなたでしたら、「歯を抜く矯正」と「歯を抜かない矯正」だったら、どちらを選びますか?

おそらく、「歯を抜かない矯正」だと思います。
誰だって、歯を抜かなくて済むのなら、歯を抜かない治療を選びます。

なぜ、歯を抜かなくても矯正できるのか?

そもそも"歯並びの悪さ"は、顎(あご)と関係があります。

顎の大きさに歯が合わなければ、歯列が悪くなりガタガタになってしまうのです。歯を受け入れるための器が小さすぎることで、歯並びが悪くなっているのです。

顎の器が十分に発達していれば、歯はバランス良く、自然にキレイに並んでくれるのです。

しかし、この顎の発達が不十分であれば、狭いところに歯が無理矢理おさまろうとして、ガタガタになってしまうのです。

まだ成長段階の6歳から10歳ぐらいであれば、歯を抜かなくても、歯の内側に取り外し式の装置をつけることで、矯正することができるのです。

ですから、逆に大人の場合は、「歯を抜かない矯正」を行うことが難しくなります。

成長発育期の子供のうちだからこそできる矯正が、歯を抜かない(非抜歯)矯正なのです。

「歯を抜く矯正」「歯を抜かない矯正」それぞれのメリット・デメリット

歯を抜く場合、歯を抜かない場合は、それぞれメリットとデメリットがあります。

  メリット デメリット
歯を抜く ・年齢にかかわらず治療することができる。(大人になってからも治療ができる) ・対応できる症例が多い。 ・健康な歯を抜かなければならない。 ・歯列が小さくなることにより舌房が狭くなる。(身体の健康面にマイナスの影響が出る場合がある。) ・歯の表側にブラケットとワイヤーをつけなければならない(目立つ) ・装置は基本的には24時間つけっぱなしである。 ・ブラケットの周りに汚れがたまりやすく、虫歯や歯肉炎になりやすい。
歯を抜かない ・歯を抜かずに治療ができる。 ・あごや歯列を正常な発育のパターンに戻すことができる。 ・歯列を広げることにより舌房が広くなる。(身体の健康面にプラスの影響が出る場合がある。) ・主に歯の裏側から装置をつけるため矯正していることが目立たない。 ・基本的には取り外し式の装置を使うため、食事のときは装置をはずすことも可能である。 ・装置の取り外しが自分でできるため、装置をはずして、歯の清掃がしやすく、虫歯や歯肉炎になりにくい。 ・治療可能な年齢に限りがある。 ・適応症例にも限りがある。

このような違いがあります。

「歯を抜かない場合」というのは、基本的には、6歳~10歳ぐらいのお子さんが対象になります。大人の方の場合は、「歯を抜く矯正」が一般的です。

もう1つ、「歯を抜く場合」というのは、歯にワイヤーをつけることになるので、普段の生活でどうしても歯が目立ってしまうということがあります。

その点、「歯を抜かない矯正」の場合は、歯の内側に取り付けていきますので、あまり目立ちません。もちろん、仕上がりもキレイです。