鹿児島で見えない歯科矯正・目立たない歯並び矯正 インビザライン

アーティスティク矯正(補綴矯正)

部分矯正・プチ矯正

矯正歯科小冊子プレゼント

小児矯正のご予約はこちら

鹿児島の歯科医師・歯科衛生士の採用情報こちら

治療の流れ

 

初診・診断

step1初診 カウンセリング
初診 カウンセリングカウンセリングルームで、トリートメントコーディネーター(TC)が、患者様の主訴や希望、ご意見等を詳しくお聞きします。

矢印

step2矯正精密検査
初診検査基本的な口腔内診査(むし歯チェック、歯ぐきの状態のチェック)の他、 セファロレントゲン写真の撮影(正面・側面)及び口腔内写真撮影、顔貌写真撮影、全身写真撮影を行った上で"バランス検査"を実施します。 その他、矯正治療の阻害要因となるむし歯リスクなどの検査(サリバテスト)や顎関節症の有無に関する筋肉の触診検査及び顎関節そのものの触診検査などを実施します。

矢印

step3現状の診断と原因の分析、治療計画の策定
現状の診断と原因の分析、治療計画の策定検査結果に基づき、担当の歯科医師が現状の症状診断を行い、「むし歯の発生原因」「歯周病の発生原因」「歯並びの悪化原因」「顎関節症の発生原因」などを総合的に分析し、適切な治療の順序や方向性を定め、患者さんに分かりやすい資料としておまとめします。

矢印

step4治療計画に関するカウンセリング
治療計画に関するカウンセリングSTEP3で立案した治療計画の根拠や治療方法について、患者さんに説明を行うお時間 を必ずおとりします。治療方法には選択肢がいくつかかならずあるため、患者さんご自身の希望やニーズなどを加味して、治療効果が期待でき、患者さんに負担の少ない方法を共に検討していく大切なお時間となります。

矢印

step5ご契約
前回治療の続き、唾液検査、歯周精密検査小児矯正治療は保険適用外となり自由診療での取り扱いとなります。したがって、予め、 今後の治療プランについての同意をいただき、費用に関しても明確に説明をさせていただくことによって、ご契約書を締結させていただくこととなります。ドクターもしくは歯科衛生士から患者さんの精密検査の検査結果を基にして現状の説明と、今後どのように治療していったら良いかの説明を行います。

矢印

step6基礎治療の実施
基礎治療の実施むし歯や歯周病の症状がある場合、抜歯を余儀なくされる部位がある場合は、原則的にそれらの基礎治療をまずはじめに行います。当院は総合的に歯科医療を行えますので、患者さんの生活スタイルに合わせて、柔軟に対応致します。

矢印

step7床矯正治療の開始
床矯正治療の開始床矯正装置の利用方法についてご説明させていただき、いよいよ矯正治療が開始になります。本装置は、日常的に装着する時間が最も重要な要因になります。 しっかりと保護者の方のサポートのもとで実施するようにお願い致します。 また、矯正治療の最中は、歯並びの改善状況の定期的なチェックと必ず予防メンテナンス処置を歯科衛生士により実施し、口腔リスクの管理を同時に行っていきます。

矢印

step8T期治療の終了時診断
T期治療の終了時診断T期治療と呼ばれる、いわゆる小児矯正治療は、綺麗な歯並びの獲得という目的よりも、機能的な噛み合わせの確立を主に目的にしております。より審美性を高める方にはU期治療(成人矯正)をおすすめする場合や、歯の生え変わりの状況をみて、現状を維持させる保定治療に移行します。

歯科医師と相談の上、U期治療を選択されるかどうかをしっかりとご検討下さい。

矢印

step9治療終了後の保定管理
治療終了後の保定管理治療終了後は、1か月後、2か月後のタイミングで保定状況の把握を実施するためご来院いただきます。

矢印

step10定期的な予防メンテナンスとデータ管理型予防歯科
定期的な予防メンテナンスとデータ管理型予防歯科いい状態を今後も長く維持していただくために、唾液検査のリスク値を元に患者さんのお口の状態やご希望に合わせて1〜3ヶ月に1回の定期的なメンテナンスを行います。
 

治療終了後

step111年後歯科ドックまたは唾液検査
1年後歯科ドックまたは唾液検査患者さんのご希望に合わせて治療後約1年後に歯科ドック(お口に関わる精密検査)もしくは唾液検査を行います。 その結果を見てトータルリスクが低い値で抑えられていれば、現状維持、トータルリスクの値が上昇しているようであれば、常用した数字のところを下げるために具体的な対策を行い、お口の健康を長期にわたって維持していきます。 また、U期矯正をおすすめする場合もありますので、十分に歯科医師とのご相談をお願い致します。