麻酔を用いた本格的無痛&短期集中治療

なぜ麻酔を用いた治療を行うのか?

歯科医院に対する患者様のご要望として「痛くない」「苦しくない」「辛くない」といった“できるだけ苦痛の少ない治療”を求められることが多いと思います。歯科医院に対する患者様のご要望として「痛くない」「苦しくない」「辛くない」といった“できるだけ苦痛の少ない治療”を求められることが多いと思います。
そのため、様々なクリニックのホームページを拝見すると「なるべく痛くない」「無痛」というキーワードを沢山目にすることがあります。
にもかかわらず、歯科医院・歯科クリニックに対する患者様のイメージとしては「できれば行きたくないところ」「早く終わりたいところ」「怖いところ」という印象を持つ方が多いことは確かです。
多くの方がこのようなイメージを持つのは、過去、これまでの歯科業界での治療方法が、このような印象を患者様に与えてしまうような内容であったからかと思います。
特に無防備なお子様の時期に、押さえつけられて治療された経験をお持ちの方、苦しい思いをしているのに「もう少しだから我慢して!」と治療の手を休めてくれなかった歯科医師に施術を受けてしまった経験を持つ方にとっては、単なる怖がりというレベルではなくなってしまい、トラウマ、つまり心の病気に移行してしまう歯科恐怖症の状態になっている方も少なくありません。
当然ほとんどの歯科医院では、治療の際に痛みが生じると予想されるケースでは、しっかりと部分的な麻酔を用いて対処しているはずですが、それでも「痛い」「怖い」と患者様に感じさせてしまうのには、歯科医院側の配慮として見落としている部分がやはりあるのだと考えられます。
無防備なお子様の時期に、押さえつけられて治療された経験をお持ちの方、苦しい思いをしているのに「もう少しだから我慢して!」と治療の手を休めてくれなかった歯科医師に施術を受けてしまった経験を持つ方にとっては、単なる怖がりというレベルではなくなってしまい、トラウマ、つまり心の病気に移行してしまう歯科恐怖症の状態になっている方も少なくありません。たとえば同じ部分麻酔を行うにしても、実際にはその麻酔を行う時に用いる注射の針を刺す時点で、痛みや恐怖感を与えてしまうことを見落としているドクターもいるのかもしれません。同じ麻酔注射でも、実際にやり方によって痛みの感じ方は大きく異なります。
そして軽度の恐怖症の方であれば、部分麻酔で治療を受けることができる方も多いかもしれませんが、重度の恐怖症の方になると「自分のお口に先生の手が伸びてくることを意識した時点で我慢できない・・・」という方も実は沢山いらっしゃいます。
また「痛みが苦痛なのではなく、型取りや口を開けておくことが苦痛なのだ」とおっしゃる患者様もおられます。
これまでの歯科医院の認識は「苦痛=痛み」とだけの認識であることがほとんどであったと思います。しかし患者様から見た「本当の苦痛」とは、実際の痛みを含め、恐怖という精神的な苦痛、口を開けていたり印象材をお口に入れられることに対する嘔吐反射(オエッとなってしまう)苦痛、パニック障害などの心の病気を持っている状態で治療を受ける苦痛など、実際には個人個人の患者様毎に悩まれる苦痛の種類は異なることを理解しているクリニックは数少ないのではないかと感じます。

当院では、これらのあらゆる種類の苦痛に対応できるには、痛みのケアはもちろんですが、「精神的な苦痛のケア」にもフォーカスを当てて治療できるシステムを作る必要があると考えております。当院では、これらのあらゆる種類の苦痛に対応できるには、痛みのケアはもちろんですが、「精神的な苦痛のケア」にもフォーカスを当てて治療できるシステムを作る必要があると考えております。
そこで着目したものは、「麻酔の技術」です。
ただし、私達が考えている麻酔の技術は、部分麻酔のような、局所的な痛みを取ることを目的とした麻酔技術ではなく「治療中、患者様が眠っているかのような意識がほとんどない状態において、また様々な精神的な苦痛を感じることがないような状態を生み出す麻酔の技術」を差します。
つまり、これまでは大きな外科的な治療にしかほとんど用いられてこなかった、セデーション(静脈内鎮静法)や筋肉内鎮静法などの、医科的な麻酔の手法を、通常の一般的な歯科治療にも活用するという発想です。

これらの本格的な麻酔法を用いることによって、痛みだけでなく、ほとんどの精神的な苦痛に対しても対処が可能になります。
なぜならば「気が付いたら、いつの間にか治療は終わっていた」という状態を作り出すことができる意識レベルをコントロールできる方法であるからです。
これまで、ご自身ではどんなに頑張って歯の治療を受けようと思っても、電話を掛けるのも怖い、歯科医院の前まで頑張って行ったけれど、入り口から先に進めないなど、頑張りだけではどうしても歯の治療を受けることができなかった方々に対し、安心して安全に歯の治療を進めることができる環境をご用意したい。 そのために私達は、通常の歯科治療においても、手術レベルに近い麻酔技術を採用することができる環境を整えて参りました。

麻酔治療に対する院長の想い

長の江夏は、開業当初から「無痛」に関しては細心の注意を払い治療にあたってきました。院長の江夏は、開業当初から「無痛」に関しては細心の注意を払い治療にあたってきました。
そのため、一般的に行われている注射針を用いた部分麻酔(浸潤麻酔)などでも、そのような用い方をすれば、ほとんど痛みを感じさせることなく処置ができるのかを追及し続けてきました。
結果として「これまでいくつかの歯科医院で麻酔をして治療を受けたことがあるけど、こんなに痛くなかったことははじめてです!」とうれしいお言葉を頂くことも数多くありました。
しかし、数多くの患者様の施術にあたらせていただくなかで「ただ、注射や治療そのものが痛くないという技術を持っているだけでは対処ができない患者様もおられる」ということに気づくようになりました。
それは、上述した「痛み以外の苦痛」を歯科治療に対して感じておられる患者様だったのです。
そして、そのような患者様であるほど、長年、むし歯や歯周病が進行していても治療を受けることができずにいる方「我慢してくれないなら、治療にならない」と歯科医院側から怒られた経験をお持ちになって歯科医院を転々とされておられる方が多く、つまり、お口の状態が非常に重篤なケースが多く、日常生活にも大きな支障をきたされている方が多いのが特徴です。
私達は、そのようなお悩みをお持ちの方でも最後まで治療を終わらせて頂くことができる環境を整えることにしました。
麻酔の高度な技術の習得は必要不可欠であったのです。そのためにも、麻酔の高度な技術の習得は必要不可欠であったのです。
しかしながら、これまで高度な麻酔技術は、麻酔科医と呼ばれる専門医が行っていることがほとんどでした。本格的な麻酔技術は専門性が高く、麻酔科に属していない歯科医師は、麻酔を行うことができる資格は持っていても、技術的には実行できないと考えられてきました。
そのため、麻酔科医に麻酔を依頼するケースは、歯科であればインプラントなどの大型の外科手術の時などのみに限定されていました。
しかし私達は、治療を行う我々自らがきちんとした麻酔や全身管理の知識・技術を習得することで、その技術を本当に必要としておられる患者様に広く快適な治療を提供できる道を選びたいと考え、鹿児島大学歯学部 歯科麻酔科の門を叩きました。
そこでは、一般の開業医としては通常行うことができないような高度なオペ時の麻酔など、臨床的な体験も含めて、様々なことを学び、また教えを請いながら技術習得に努めてきました。
今現在でも、難症例については連携を図りながら、数多くの患者様の無痛歯科治療、リラックス歯科治療、ストレスフリー歯科治療をご提供させていただいております。
患者様からの信頼を頂く歯科医師の責任として、しっかりとしたサポート体制と技術・経験の習得は必要不可欠であると考えております。

一人でも多くの悩める患者様の力になりたい。

私達は、様々な制約に対するチャレンジを繰り返しながら、更に高い品質の無痛治療を目指してまいります。

麻酔を用いた本格的無痛治療を必要とする患者様とは

「歯の治療を受けることができない」と訴える患者様の多くは、単純な怖がりという方ではありません。
自分の我慢や努力だけでは、どうしようもない追い詰められた状況におられるケースが多いのです。
しかし「歯の治療も受けることができないのか!?」と家族や友人、同僚、知人に避難されたことがあり、誰にも相談できなかったとお話ししてくださる患者様も少なくはありません。
このような患者様に対して、なによりも安心・信頼して相談できる歯科医療人の存在が必要不可欠なのです。

私達のクリニックに、無痛治療・短期集中治療を希望でご来院下さる患者様は、主に下記のような方々です。

1.歯科恐怖症の方

歯科恐怖症の方歯科恐怖症とは、過去、主には子供の頃の歯の治療で、押さえつけられて治療を受けさせられた経験や、治療中に強烈な痛みを感じた経験がある方など「歯の治療を受けると考えただけで、発汗や気分の動揺、めまいなどがする」という、神経症状にまで発展しているケースを差します。
「我慢が足りない」というような問題ではなく、生理的な身体の防衛反応のパターンとして、そのような状態となっているため、自分自身では対処のしようがないのが大きな課題となります。

2.嘔吐反射が激しい方

嘔吐反射が激しい方嘔吐反射とは、お口の中に異物が入った時に「オエッと吐きそうになる」症状を差します。
誰にでもある反射ですが、この反射が異常に過敏になってしまい、ハブラシもお口に入れることが困難、男性歯科医師の太い指が入ってくるとダメ、歯の型取りの時に我慢がどうしてもできない、などの歯科治療を継続することが困難なまでに激しい嘔吐反射の症状がでる方がおられます。
そうなると「当院ではこれ以上治療ができません」と説明してしまうクリニックがでてきてしまっているのが実状かと思われます。

3.パニック障害など精神的な病をお持ちの方

パニック障害など精神的な病をお持ちの方パニック障害とは、閉鎖的な空間、身動きが取れずに拘束された環境などに直面すると、精神的なパニックを引き起こしてしまう、意識を失ってしまうなどの精神的な疾患を差します。
パニック障害を引き起こす根本的な原因はまだ解明されていませんが、ある日突然発症するケースや、普段はとても明るい性格で社交的なのに、なんでこんな人が精神的な病気を?と他の人には感じられるようなケースも多々あります。現代人においては、誰がいつなってもおかしくはない病気であり、日常生活が大きく制約を受けることになります。

その他にも、様々な精神的なお悩みを持つ方、単純に我慢はできなくはないが、やっぱり怖いので、という方など、色々な患者様がおられます。

共通して言えることは「普通の歯科治療では受診が不可能」となっている患者様であるということです。そして、これらの患者様に歯科治療の成功体験を味わっていただける体制を当院では確立しております。

麻酔を用いた治療のもう一つのメリット~短期集中~

本格的な麻酔を用いた治療は、上述したような「精神的な苦痛に悩む方々」にとって非常に有効な方法ですが、実は苦痛を取り除く以外にも副次的なメリットが生まれます。

そのメリットとは、
「短期間・少ない来院回数で歯の治療を完了させることができる」
という点です。
本格的な麻酔を用いた治療でこれが実現できるのには2つの理由があります。
一つ目は「治療中、患者様にほとんど意識がなく、苦痛も感じないことから、1回の時間に長い時間をかけることができる」からです。
そもそも一般的な歯科治療のように、意識がある状況下では、患者様が長期間お口を開けておくことがつらくてできないため、どうしても1回の治療の時間を長くても30分~1時間程度が限界となります。
本格的な麻酔を用いることで、1回の治療時間を2~3時間一気にかけることができるため、結果としては来院する回数が減り、治療の期間も短くて済むようになります。しかし本格的な麻酔を用いることで、1回の治療時間を2~3時間一気にかけることができるため、結果としては来院する回数が減り、治療の期間も短くて済むようになります。
2つ目は、基本的に自由診療による治療となるためです。一般的な歯科治療は、保険適用であることから保険診療のルールに従うことが前提となります。すなわち、1回の治療で行うことができる内容に制約があります。
また保険診療においては、これらの本格的な麻酔治療を適用させるには大きな制約があるのが実状です。そのため、安定した医療としての成果を求めるとどうしても自由診療での対応とならざるを得ません。
しかしながら、自由診療の利点は大きく、治療の手順や流れなどに細かな制約が一切なく、患者様お一人おひとりの状況やニーズに合わせて柔軟な治療計画を立てることが可能となります。
また、保険診療に比べてより高度な治療内容にも柔軟に変更することができることから、あらゆる選択肢からベストな選択を選んでいただけるというのも特徴です。
この「短期集中治療ができる」という利点から、日々のお仕事が忙しい会社経営者の方、会社役員の方、自営業の方、芸能人や芸能界でお勤めの方、海外赴任や海外出張、海外留学をされている方、スポーツ選手の方など、多くのエグゼグティブが当院の短期集中治療を求めてご来院になられています。
時間を大切にしたい、でも大切な身体のことですから治療の品質はきちんと確保したいという方にとっては、最適な選択肢であると考えられます。

親しらずの抜歯でお悩みの方へ

歯を抜くのは誰しもが怖いことだと思いますが、特に「親知らず」の歯の抜歯は、症例によっては非常に難しいケースも多く、抜いた後の腫れなども起きやすいため「抜いた方がよいのは知っているけど、怖くて踏み切れない」という患者様も多いように感じます。
かといって、大学病院など大きな処にかかるのも時間もかかるし、そもそも受け入れてもらえるかどうかも分からないとお悩みの方も多いものです。
当院の本格的な麻酔技術を用いた治療は、安心して親知らずの歯を抜くのに最適であると考えます。そんな方にも、当院の本格的な麻酔技術を用いた治療は、安心して親知らずの歯を抜くのに最適であると考えます。 煩雑な手続きは必要なく、受診することが可能です。
また、当院はインプラントをはじめ、様々な歯科の外科手術症例も多く、比較的難しい症例であったとしても、ほぼ対応が可能です。
「親知らず1本だけでも大丈夫?」
当院では、親知らず1本の抜歯からでも受診いただけます(事前の検査等は必要となります)。
当院の本格的な麻酔技術(静脈内鎮静法・筋肉内鎮静法)を用いた治療を一度ご経験なさった患者様の中には「もうこの方法でないと歯の治療を受けたくない」とおっしゃるほど、快適に歯科治療を受けていただいた方もおられます。
親知らずの抜歯でお悩みの方は、是非お気軽に当院にご相談・お問合せ下さい。

当院で行う麻酔治療の特徴と流れ

当院で行う本格的な麻酔技術(静脈内鎮静法・筋肉内鎮静法)を用いた無痛治療・短期集中治療は、完全な自由診療による治療となっております。
安全面を確保するため、通常よりも治療に関わるスタッフ数を多く動員し、十分な時間(通常2~3時間)を確保して治療に当たります。
本治療をご希望の患者様は、大きなご不安をお持ちの方が多く、歯科治療をはじめるにあたっては、十分なお話合いとご理解が必要であると考えております。
そのため、初診時にご同意なくいきなり治療を行うことはなく、はじめての患者様は通常はカウンセリング(ご希望やご不安なことをお伺いし、当院での治療についてご説明させていただく時間)のみとなります。
一般的な当院での無痛治療・短期集中治療の流れについて下記にご説明させていただきます。
ご来院前にご不明な点がございましたら、お気軽にお電話いただき、当院スタッフまでご相談いただけましたら幸いです。

お電話でのお問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

当院の無痛治療・短期集中治療にご関心をお持ちの方は、まずお電話にてご相談・お問合せ下さい。お電話においても、可能な限りご質問にお答えさせていただきます。(個別の症状に関しましては、検査・診断後でなければお答えできないことがほとんどですが、当院での治療内容やご心配ごとなど、どんなことでもまずはお気軽にご相談ください)

来院(問診票記入)

来院(問診票記入)

お電話でご予約をいただいた日時にご来院ください。ご来院後、簡単な問診票をご記入いただきますので、ご協力をお願い致します。

初診カウンセリング

初診カウンセリング

はじめてのご来院時の最も大切なお時間です。これまでの患者様の経緯、お気持ち、ご希望やご不安ごとなどを、専属のコーディネーターが親身にお伺いさせていただきます。
これにより、患者様が本当に安心できるご対応を当院にて検討させていただくことができますと同時に、患者様も、当院の治療内容についてご理解いただける機会とさせていただくことができます。
「こんなこと聞いても大丈夫かな・・・」とご遠慮される方もおられますが、今、患者様が感じておられることを全てしっかりと共有することが治療開始に向けての重要なポイントとなります。
患者様お一人おひとりにとって、本当に実りある治療の機会にできますよう、当院スタッフ一同、真摯に当たらせていただきます。

検査・診断

検査・診断

お話をお伺いし、ご理解いただけましたら、お口の状況を把握するための検査を実施させていただきます。もちろん、検査時においても、患者様のご都合やご希望に合わせて、負担の少ない方法をご相談させていただきながら選択して参ります。
検査データを歯科医師が検討し、治療計画案をおつくりし、治療の選択肢についてご説明させていただきます。

治療計画の決定と同意

治療計画の決定と同意

治療計画について、ご不明な点を解消させていただくために、十分な時間を確保させていただきます。分からない点は、専属のコーディネーターが丁寧にお答えさせていただきますので、安心してどんなことでもご相談下さい。

本格治療スタート

本格治療スタート

治療計画が決定しましたら、いよいよ本格的に無痛治療・短期集中治療のスタートです。
治療中であっても、もしお困りごとやご不安なことがありましたら、担当のスタッフにお声かけください。
本格的な麻酔技術(静脈内鎮静法・筋肉内鎮静法等)を用いた治療は、ウトウトと眠っているような状態を維持しながら、治療を行うことができます。
これまで、歯の治療を受けられなかったのが噓のように、お悩みが解消される体験が、あなたの人生に光を灯す一助となります。

治療終了

治療終了

当院では、治療終了後、次のむし歯や歯周病を引き起こさないように、予防プログラムを充実させております。これまでの辛い想いを知っている方だからこそ、もう二度と戻りたくはないと感じ、予防に力を入れて頂けている方も沢山おられます。より健康になれる歯科医院として、当院をご活用いただけましたら幸いです。

無痛治療専門サイトへ

当院の無痛治療・短期集中治療について、より詳しくご理解いただくための専用サイトをご用意しております。「無痛治療ってどういうことをするの?」「普通の治療と何が違うの?」と当院の無痛治療・短期集中治療にご興味をお持ちいただいている方は、是非一度、専用サイトをご覧ください。
一人で悩まず、まずは当院にご相談ください。
きっと、新しい一歩が踏み出せることと思います。

  • 眠っているうちに治療が終わっているという安心と信頼の麻酔鎮静下歯科治療

えなつ歯科

〒890-0045 鹿児島市武3丁目10-4
TEL:099-297-6480

各種クレジットカードがご利用可能です(自由診療のみ)

各種クレジットカードがご利用可能

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 ×
14:00〜18:00 × ×

※休診日:木曜午後・第1木曜・日曜・祝日

WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら WEBからのお問合せ・ご相談(無料)はこちら

アクセスガイド

鹿児島市外および遠方からお越しの方へ

当院は、JR鹿児島中央駅から徒歩約15分の立地にございます。遠方からお見えになる患者様も多く、新幹線・飛行機で駅や空港からタクシーでお越しいただいております。

鹿児島・熊本・宮崎にお住まいの方は、自家用車でお越しいただく方がほとんどですので、当院では、女性でも安心して駐車することができる広々とした無料駐車スペースを14台分ご用意しております。

たとえ診療時間が延びたとしても、お時間を気にされずにゆったりした気持ちで診療を受けられて下さい。