子どもの頃のトラウマ

「歯医者には2度と行きたくない」もしくは「行くことができない」のは、過去の歯科医院での体験がトラウマになっているといわれています。
大人でも歯の治療と聞くと「痛い」「ツラい」「嫌い」と思い浮かべる人が多いのに、それが子どもなら治療中に怖くて泣いてしまったり、じっとしていられなくて暴れてしまうことも仕方ないことです。


pixta_18341331_sそれなのに、嫌がる子どもを無理やり押さえつけて強引に治療を進めたり、「痛い」と訴えているのに「これぐらい我慢しなさい」の一言で片づけられてしまう場合が多いようです。


その当時の歯科医が痛みや恐怖に無関心でいられたのは「悪くなった歯を治療するのだから、その痛みを患者様が我慢するのは当たり前」という考え方が根底にあったからだと考えています。


でも今、歯科医の意識は大きく変わり、患者様の「歯」だけでなく、患者様ご自身に向けられるようになりました。


さらに、当時とは比べものにならないほど歯科医療は進化していて、患者様に決してイヤな思いをさせることのない医療の提供が実現可能になっています。

当院では、このような歯科恐怖症の発生経緯を十分に理解し、お一人お一人のその時、その時のお気持ちを十分に確認しながら医療を行い、無理に施術をすることはありません。

しかし、一度、当院の麻酔鎮静下治療をご経験いただければ、これまでの恐怖心が嘘のように皆さん安心して歯科治療を受診いただけておりますので、まずはリラックスしてご来院ください。

対話することが人生を変える第一歩

「歯を治したいのに、どうしても歯科医院に行くことができない」人が抱えている不安は具体的にどんなものなのでしょうか?

当院では、大きく分けて2つあると考えています。

1.治療中、予告もなく突然襲われる激痛への恐怖
2.子どもの頃から蓄積されてきた歯科医への不満・不信感

前者については、専門医が麻酔を正しい手順で適切に行えば解決できると考えています。
でも後者については、一時的に麻酔によって治療中の痛みを取り除いたからといって、そう簡単に解決できる問題ではありませんよね。

など、患者様から医師への要望や質問はたくさんあるはずです。
ところが、いざ診察台に座って医師と面と向かうと、

など、つい遠慮してしまいがちです。

私たちは、単に痛みのない医療を提供するのが目的ではありません。
これまで歯科医院に通いたくても通えなかった人が、安心して通院できるようになることで、いつまでもご自身の歯の健康を守り、2度とむし歯や歯周病に悩まされることのない人生を送ってもらうことこそが重要だと考えています。

そのために当院では、患者様が抱えいている治療に対する不安や恐怖、歯科医院に対する不満など、これまで口に出したくても出せなかった胸の内を話してもらえる環境を整え、それらを真摯に受け止め、誠実に実践し続けることで、信頼関係を構築していくしかありません。
麻酔による麻酔鎮静下治療は、その手段に過ぎません。

歯科不安症を克服した人の考え方と行動

「悪くなってしまっている歯を治したいのに、歯科医院にはどうしても行けない」という方のお口の中は、むし歯や歯周病がかなり進行してしまっているケースが多いようです。
お口の中に不安を抱えていると、食事も十分に楽しむことができないし、口元が気になって他人と話すのも億劫になるし、人前で思いっきり笑うこともできず、どうしても表情が沈みがちになってしまいます。

今では歯科恐怖症を克服して、ふつうに通院してくれている当院の患者さんも、皆さん最初は、むし歯の痛みに耐え切れず医院の前まで来ているのに、「今回もツラい思いをしたらどうしよう」という歯科医院への不信感からなかなか中に入ることができず途方に暮れていたと言います。

それでも、ひとつずつゆっくりと段階を経てもらい、どうにかこうにか1回目の歯の治療を終えた時、「私にもできた!」という嬉しさと「本当に痛くなかった」という安堵の表情を例外なく見せてくれます。

歯科医院に対して不満や不信感でいっぱいの人に、私がいくら「痛みは全く感じません」と力説しても、最初は当然、半信半疑でした。
それだけに、本当に痛みや恐怖を全く感じることなく、いつの間にか治療が終わっていると皆さん驚かれます。

そして次回、来院してくれた際には、最初の時のような不安や緊張に襲われるようなこともなく、比較的スムーズに治療に望んでくれるようになります。
そして、その治療も無事終われば「今回もイヤな思いをすることがなかった」「これなら大丈夫だそうだ」と、回数を重ねていくうちにつれ自信を取り戻していかれるようです。

初診のカウンセリングで始めてお会いした時には、常にうつむきがちで、私と目を合わせてくれなかった人が、今では真っすぐ前を見て、にっこり笑いかけてくれるようになりました。

これまでどうしても乗り越えることができなかった大きな壁を乗り越えた達成感がそうさせているのだと思います。

099-297-6480 9:00~13:00 / 14:00~18:00 日曜・祝日休診

ご予約はこちらから

無料メール相談

鹿児島で、筋肉内鎮静法、静脈鎮静麻酔法などを
用いた歯科治療が受けられます。

診療時間

日・祝
9:00~13:00
14:00~18:00

9:00~13:00 / 14:00~18:00 日曜・祝日休診

アクセスガイド

当院までの分かりやすいアクセスページを準備致しました。ご不明の場合はお電話ください。

099-297-6480

九州各地(福岡、長崎、佐賀、大分、熊本、宮崎、沖縄)、東京、大阪、名古屋からも
患者さんにご来院いただきご好評をいただいております。
麻酔鎮静下・最短歯科治療のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
お口の中のお悩みはご相談窓口からお気軽にご相談ください【相談窓口はコチラ】

えなつ歯科・矯正クリニック 099-297-6480 9:00~13:00 / 14:00~18:00 日曜・祝日休診