カンパチ祭り(カンパチしゃぶしゃぶ実食編)

釣ってきたカンパチを今日はしゃぶしゃぶにしてみました。

今回のカンパチは脂がのっていて、背中側の身も腹側の身も最高においしく、口の中に入れると、カンパチ独特の甘みとうまみが口の中に広がります。

大好きな刺身にご満悦の娘と息子なのですが、息子は中1で写真をあまりとらせてくれないので最近は娘の写真だけです。

カンパチ祭り第1弾(刺身実食編)

昨日釣ったカンパチとホタとムロアジは桜ヶ丘のAコープの鮮魚コーナーに出して捌いていただきました。

3000円かかりましたが、売り物のごとく見事にさばいていただきました。仕上がりはこんな感じです。

今までカンパチは釣って食べたことがありましたが、ホタという魚は初めて釣りましたし、初めて食べることになりました。

この写真の魚が、ある魚市場の地面に転がされていた青鯛(ホタ)である。

 英名でjapanese snapper(ジャパニーズスナッパー)、

青鯛(アオダイ)が正式日本名であり、その他

アオゼ(関東地方)、ウンギャル(奄美地方)などの呼び名がある。

 


 

魚の旨味というのはご存知のように、

本まぐろの大トロを始めとして、

その脂肪分が多いほど美味しいとされる。

また、魚が美味しい季節というのは、

魚が産卵期を向かえる前に脂肪分をタップリと貯め込んだ時期、

つまり「旬」が美味しいというのも、

まさに脂肪分と美味しさは表裏一体のように関係している。

 


 

ところが、この魚「ホタ」というのは、

そんな脂肪というのにあまり縁がなく、

皮下脂肪も非常に薄く皮と身がきっちりとくっついているために、

皮すきは必ずしもスンナリとはいかない。

これはいわゆる深海魚系を除く南方系の白身魚に、

ほぼ共通して言える特徴であり、ホタもその例外ではない。

 

ところが、この魚「ホタ」というのは、

 

そんな脂肪というのにあまり縁がなく、

 

皮下脂肪も非常に薄く皮と身がきっちりとくっついているために、

 

皮すきは必ずしもスンナリとはいかない。

 

これはいわゆる深海魚系を除く南方系の白身魚に、

 

ほぼ共通して言える特徴であり、ホタもその例外ではない。

 

 

 

 

 


 

 

 

そんな「脂っけの少ない」白身魚なのだが、

 

美味しいのである。

 

「脂がのって美味しいですよ・・・」

 

というのは魚売場での常套句であるが、

 

脂がのってなくても美味しい魚があるのである。

 

脂ギトギトの大トロの食味が最高なのではなくて、

 

魚にはそれとは違う食味というのがあるのだ。

 

じっくり味わいながら噛んでいくと、

 

ほんのり控え目な旨味を感じられるのが、

 

ホタのような「天然白身魚」の良さである。

 

 

 

 


 

 

 

 狭い生け簀でタップリと餌を与えられ、

 

丸々と太らされた養殖魚の脂肪に慣らされて、

 

このような天然の白身魚の美味しさを理解出来ない、

 

という人も多くなってきているようだが、

 

魚にはそれぞれ独特の味わいがあるのも魚の特徴でもあるのだから、

 

もっと色々な魚の美味しさを楽しむようにしていくべきであろう。

 

 

 


 

 

 

世界的なブームとなっている魚食ニーズの高まりと一線を画すように、

魚離れ」になってしまっている日本の魚食事情は、

そんな魚の美味しさを伝える努力を怠り、

楽に扱えて効率的に儲かりやすい魚にばかり目を向けてきた、

その売手側に対する強烈なしっぺ返しなのかもしれない。

 

 


この下の写真はカンパチの背側の刺身です^^

 

 

こちらがカンパチのハラミの刺身です^^

 

ホタの刺身、カンパチ背身、カンパチハラミ、どれも極上の味でしたが、私が1番気に入ったのは釣れたてで脂ののったカンパチのハラミ部分です。ハラミの部分はお口の中に入れた途端口の中で魚の脂分がじわっと広がり、マグロでいう中トロにあたる部分ですね。

 

みね丸の船長いわく、ホタはは真鯛よりも美味しいし真鯛よりも値がついたりする高級魚だそうです。ホタのアラは味噌汁、あとはそれぞれ刺身を楽しみました。

 

最高においしかったです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島県南さつま市沖合にある草垣群島に大物釣りに行ってきました^^

今日はえなつ歯科・矯正クリニックの患者様でもあり、紫原に田中鍼灸治療院を開院している田中さんと草垣群島に大物釣りに行ってきました。

草垣群島は薩摩半島の南端にある枕崎から西南西へ約90kmのところにあります。上ノ島、中ノ島、下ノ島、南ノ島などの17の小島と無数の岩礁が約6kmに亘って繋がっており、上ノ島は131m、下ノ島は158mと面積の割には標高も高く、切り立った崖が来訪者を拒んでいるかのようです。この群島から北へ約30kmのところには同じ南さつま市に属する宇治群島がありますが、共にダイバーや大物狙いの釣り師達にとって憧れの場所になっています

田中さんと夜中の0時30分に待ち合わせし、食料を買い込んだ後、久志漁港より2時50分ごろみね丸にて出航いたしました。先週はだいこん丸にて硫黄島にジギングに行く予定でしたが、天候に恵まれず、出航できなかったため、祈るような気持ちでおりましたが、今日は波は1メーターのべたなぎ状態で片道3時間も寝ながらの快適な船旅になりました。

草垣群島に着くなり今日の大物釣りの餌となるムロアジを釣りました。最初のポイントでは全く反応がなかったため、次のポイントに移動したところ、1投目から田中さんにムロアジが来ました。俄然やる気になって、みんなでまずはムロアジを釣りまくりました。みんなで60匹くらいムロアジを釣ったところで大物釣りのポイントに移動しました。

大物ポイントについて船長の掛け声と同時に仕掛けを入れた1投目、田中さんの竿にいきなりの魚信!慎重に合わせをいれたところ見事に120センチ、約10数キロのカンパチが上がりました。その後船長に20キロオーバーの本アラが釣れました。

あたりが途切れたところで船長がポイントにつけなおしてくれました。すると私の竿にも待望のあたりが来ました。十分に喰い込ませてから、電動リールにて巻き合わせをし、スタンディングにてファイトを行いました。

私のは約1メータで約10キロのカンパチでした^^

その他ホタの40センチくらいのを2枚追加しました。

 

帰ってきたのが19時過ぎで疲れ切って裁く気力がなかったので、桜ヶ丘のAコープの鮮魚コウナーに魚を預けて、おろしを依頼しました。明日取りに行ってから刺身を引いたりするので、またどのようになったかをお伝えさせていただきます。

肝属郡錦江町から患者様がいらっしゃいました^^

今日は午前中インプラント2本植立するオペを終えた後、肝属郡錦江町からいらっしゃいました患者様のカウンセリングを行いました。見た目が若く、しゃれたスニーカーを履いているTさんは、今まで仕事が忙しく、歯医者に行くのは痛くなった時だけ、歯石取りは痛くなって歯医者に行ったときについでにしてもらって、歯と歯の間のお掃除はほとんどしていないという、仕事に追われてお忙しい方によくありがちなお口をされていらっしゃいました。

最近は歯医者に行くたびに歯を抜かれ、歯が抜かれるたびに何度も入れ歯を作り直し、その入れ歯をかけた歯がまたすぐにぐらぐらになってしまい、ということを繰り返していらっしゃいました。いよいよ残っている歯がほとんどがぐらついてきて、根本的に治すためにはどうしたらよいか、どこかいい歯医者はないかと探されて、当院のホームページをたまたま見つけられたそうです。

最初はメールで義歯に関する問い合わせがありまして、その後メールで数回やり取りをさせていただきまして、本日に至りました。遠方からいらっしゃる分、少しでも来院回数を少なくするために事前にご不安が少しでも少なくなるようにメールでやり取りをさせていただきました。

2時間のご予約の間でカウンセリング、口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯周基本検査、を最初に終え、それをもとに残せる歯と、抜かなくてはならない歯を見極め、総合的な治療計画案を数パターン立案しました。ご希望やご予算をお伺いしたうえで、Tさんに最も適した義歯をご提案させていただきました。Tさんは上下顎同時印象法のBPSデンチャーに決まりました。

今日は歯を抜いた後に歯抜けのままのみっともない口元にならないように、歯を抜いた日にすぐに入れることができる仮義歯の型取りまで進めることができました。

Tさん2時間かけて当院に来ていただき、また診療時間もカウンセリングを含めると2時間半の長丁場頑張っていただきましてありがとうございました^^Tさんに最高の義歯が入れられるように技工士も含め、スタッフ一同頑張りますので、楽しみにしていてくださいね^^

カッパの追いコン

私の母校鹿児島大学の歯学部テニス部のことを通称「カッパ」といいます。「追いコン」とはテニス部の幹部を務めていた学年の子たちが部を引退、のような形をとることを祝して行われるコンパのことです。この日はテニス部のOBでは唯一私が参加とのことで、学生の皆さんも大いに歓迎してくれました^^僕らの学生のころは「ストーム」という鹿児島大学特有の一気飲みが飲み会では当たり前でしたが、今はお店側で一気飲みなどは固く禁じられているところが多いらしく、追い出しコンパなのに一気飲みがないという、僕にとっては逆に違和感を感じる追いコンでした。時代は変わったものです。

アオリイカサイズアップ!

10月18日木曜は午前中院内勉強会を終え、昼は妻と荒田八幡にある「地球畑カフェ 草原をわたる船(荒田店)」でヘルシーな有機野菜ランチをしてきました。

その後この日も夕方から夕まず目狙いで平川にアオリイカ狙いに出陣しました。今回は2回あたりがあり、1杯をゲットしました^^サイズは約800グラム!一潮ごとに大きくなっていくことを感じました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎機能検査装置(アルクスディグマ2)実践研修会

25日木曜日は午前中診療をお休みさせていただきまして先日導入したばかりの顎機能検査装置(アルクスディグマ2)の実践研修会を開催しました。

 

受付の今村さんが顎の調子がちょっとおかしいとのことで、今回は今村さんに被験者になっていただきました。最初はコードが外れているのに気がつかず機器がうまく動かなかったり、操作方法が不慣れなため、時間がかかりましたが、後半になるとみなさんだんだん機械の操作に慣れてきてより患者さんが楽に検査を受けていただけるような工夫やアイディアが出てきて、いい勉強会になりました。この機械は顎関節症の方などの診断に威力を発揮するので、深刻な顎関節症の方などは当院にらっしゃるといいかと思います。

アルクスディグマ2

アルクスディグマ2は超音波測定によるデジタル式顎運動計測装置です。世界でも高い評価をいただいた前機種のアルクスディグマ1に磨きをかけ、歯科診療に求められる的確かつ素早い診断を実現するために様々な新しい機能を搭載し、さらなる革新的進化を遂げました。難しいとされている「正しい咬合採得の根拠」を科学的に解析したい、「噛みたい位置に噛ませる治療」を志している先生方には是非お使いいただきたい装置です。

機能

  • 咬合器用レポート作成
  • 咀嚼運動による中心位決定
  • ゴシックアーチによる中心位決定
  • 下顎ポジションの決定
  • 顎運動分析
  • EPA(複数の顎位を同座標で比較)
  • 筋電計(別途オプション)

特徴

  • タッチパネル式のコンパクトな筐体
  • ブレなくホールドするヘッドマウント部
  • 周囲の環境に左右されない超音波測定方式
  • リアルタイムに顎運動をビジュアル表示
  • プロター咬合器とのスムーズな連携

患者様にはセンサーが装備されたヘッドフレームを装着します。軽量かつ優れたヘッドフレームの重量配分は測定中の患者様への負担を軽減し、センサーは歯列に沿った位置に配したことでより正確なデーターを得ることが可能になりました。


記録されたデーターはリアルタイムでお手持ちのディスプレーに表示され患者様と術者とのコミュニケーションに大活躍いたします。これは患者様のデーターベースとして解析や診療プランの構築にお使いいただきます。


操作はタッチパネル式ディスプレー上で行なわれ、チェアユニット上でも邪魔にならないコンパクト設計がされています。(乾電池使用も可)KaVoE80・E70では専用パーツで組み込むことも可能です。


認証番号:222AIBX00026000

 

歯学部学生とのコラボ勉強会スタート!

10月24日診療終了後鹿児島大学歯学部5年生の八木君と私江夏によるコラボ勉強会が開催されました。今回のテーマは歯科治療と全身疾患とのかかわりでした。八木君初めてのパワーポイントを使ったスライド作りでしたが、約30枚のスライドを見事に作っておりました。将来が楽しみな歯科医師の卵です^^後半は私の方で八木君がまとめたスライドに基づいて実際臨床において注意しなければならないことなどのお話をさせていただきました。歯学部4年生の清水さん、歯学部4年生の原田君、歯学部4年生の白浜君、歯学部4年生の篠原君、皆熱心に勉強してました。

 

お勉強終了後今日は紫原の焼き鳥信玄で飲み放題してきました^^焼き鳥もおいしかったですが、締めのお茶漬けが妙においしかったです!

七つ島ブリ釣り&泳がせイカ狙い

今日は朝3時30分に起きて患者さんであり釣り仲間のTさんと今話題の七つ島にブリ釣りに行ってきました。以前Tさんはこの季節になると仕事の前に毎日朝練のごとく七つ島に通っていたそうで10キロサイズのぶりを4~5本あげた経験の持ち主です。彼の情報によると大分つれ始めたということだったので、今回はルアータックルと同時に泳がせ釣りも行って、イカと青物両方狙いをしてきました。

釣り場には4時30分くらいに到着しました。すでに2~3人先行者がいらっしゃいました。いつナブラが出てもいいようにまずはルアーjかけを準備し、その後生きボラの泳がせ釣りを行いました。

夜が明けて徐々にナブラがたつようになってきました。ところがナブラがたつのははるか沖の方でルアーや泳がせが届かないところばかりで、結局一度も近くには寄って来てはくれませんでした。

場所を2回ほど移動しましたが、イカも釣れずに3回目は場所を大きく変え、平川に行きました。谷山でも平川でも手前に小さいイカがいましたが、活性が低く、全然ボラに見向きもしません。その後一時たって私の竿にあたりが来ました。慎重にヤエンを投入し、1杯目のアオリイカをゲットしました。その後いくらやっても当りがないため、納竿となりました。

秋晴れで、絶好の釣り日和でしたが釣果はいまいちでした。来週はだいこん丸という遊漁船に乗りジギングをする予定なので今から楽しみです。

 

 

摂食嚥下リハビリテーションの講演会をしてきました^^

昨日は鹿児島市のグループホーム協議会に依頼を受けまして、県民交流センターにて摂食・嚥下リハビリテーションについての講演会を行ってきました。

 

 

鹿児島市のグループホームの管理者の方、ケアマネージャーの方、介護福祉士の方などグループホームに関わる方々に多数お集まりいただきました。

 

鹿児島県は現在高齢社会(65歳以上のお年寄りが7%を超える社会)となっており、郡部にいくと超高齢社会(65歳以上のお年寄りが21%を超える社会)となってきております。通院困難なお年寄りの少しでもお役な立てればと思い私たちも頑張っていきたいです。