プラチナルームの紹介です

えなつ歯科矯正クリニックの2階にリニューアルしてできましたこだわりのプラチナルームについてお伝えしていきたいと思います。

階段をあがるとまず見えるのが、POIC ECO SYSTEM。

9998_82355

当院にかかられた方はご存じの方も多いと思いますが、医院から出る水、うがいや治療の際出る水すべて殺菌水です。院内感染対策としてこのシステムを一昨年の暮れから取り入れました。鹿児島ではまだえなつ歯科のみです!

 

 

 

そしてここがクリーニング、メンテナンスを行う予防専用のルームです。まずはふっかふかシート。座った方ならわかりますが体を包み込んでくれるような感覚です。お昼寝にはもってこいですね!

       9998_82372    9998_82374

 

各2部屋をかわいらしく飾るのはプリザーブドフラワー。他にも洗面台やカウンターにも種類の違うものを置いています。私もいくつか選ばせてもらいました♪お花があるだけで気持ちも晴やかにリラックスできますよね(*^ ^*)

9998_82352      9998_82441      9998_82438

 

正面は研修室。

9998_824399998_82368

ここでは毎月2回院内勉強会が開催されております。

院長が県外まで勉強しに行ってきて仕入れてきた最先端の医療技術や知識をみんなで勉強したり、練習したり、日夜努力しております^^

BJMは従来のジャズやクラシックはもちろん、最近は西郷どんのサウンドトラックや、スーパーフライ、安室奈美恵などのアルバムが加わっております。懐かしの曲から最新の曲まで皆様がリラックスして診療を受けていただけるように配慮させていただいております。

そして院長一番のこだわりの、

9998_82443

 

旅情と優しい光あふれるその情景画の笹倉鉄平さんの作品≪サン・ジェルマン・デ・プレ≫。知識人や芸術家たちの集まる場所としてフランス文化を牽引していた歴史あるエリアだそうです。東京まで行って買い付けてくれました。この笹倉さんの作品、一階の待合室にもかけてあります。昔、院長先生が学生時代パチプロだったときに一目惚れし購入されたそうです。

 

 

いかがでしたでしょうか?ぜひ、みなさんも二階のプラチナルームでふっかふかシートでふっかふかされてみたりと体験・散策してみてください♪

 

 

 

インプラントアドバンスセミナーに参加してきました


6月18日は東京の新宿インプラントセンターで開催されましたインプラントアドバンスセミナーに参加してきました。
今回は前歯などの審美領域のインプラント治療をいかにきれいに仕上げるかというテーマで、フラップレスインプラント(歯茎を開かずにインプラント治療を行う方法)を行う方法を習いました。

一般的には前歯部にインプラント治療をする際に問題となるのは唇側側に骨がない場合が多いのと、インプラント治療をした後に隣在歯の歯頚部の歯茎が下がって歯肉退縮が起きてしまい、見た目があまりきれいでなくなってしまうことが問題となります。

今回習った手法は抜歯即時埋入のインプラント治療でフラップレスで唇側に骨造成を行うというテクニックで、患者さんには非常に低侵襲で隣在歯の歯茎も下げずにきれいに歯茎を仕上げることができる素晴らしいテクニックです。

しっかり復習し、患者さんのインプラント治療をより患者さんに負担少なく、見た目がきれいになるように生かしていきたいと思います。

患者様からのQ&A

こんにちは。トリートメントコーディネーターの松元です。


かなり暑くなってきましたね。私は夏バテにならないようにしっかり睡眠を取るようにしてます(^^)/

みなさんも暑さに負けないように勉強、仕事頑張ってくださいね!!

さて、みなさんからいただいた治療に関する質問に今後少しずつ答えていきたいと思います

フッ素とは何ですか?フッ素を塗ったら効果はどのくらい続きますか??

フッ素とはほとんどの食品に含まれるミネラル成分の1つです。
歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、溶けたエナメル質の修復、歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があり、予防に有効な成分として注目されています。
また定期的に塗ることで効果が高まり、虫歯になるリスクが下がります。
フッ素は1回使用しただけでは効果は持続しません。
出来れば3か月に1回歯科医院で高濃度フッ素塗布を行い、ご自宅では毎日低濃度のフッ素の使用するのが効果的です。高濃度のフッ素塗布によって歯に取り込まれたフッ素は徐々に減ってきますので自宅でフッ素を使うことによって減るスピードを少なくし、歯に取り込まれているフッ素の量を下げないようにして、虫歯を予防していきます。

審美歯科のご紹介

こんにちは☆コーディネーターの岩永です(=^ェ^=)

先日、東北に住む友人にしろくま(かき氷)を送ったら、お礼にと箱いっぱいのさくらんぼが届きました!
何日も食べ続けて、しあわせな毎日です♪

さて、今日は審美歯科についてのご紹介です。
審美歯科では、見た目を美しくするために歯の治療をします。
悪いところだけを部分的に治すのはどこの歯科でもしていることですが、えなつ歯科・矯正クリニックでは、美しさも追求することができます。

こちらの方は、むし歯治療だけでなく全体的に美しく整えたいとの希望があり、すべての歯を土台の状態にして、セラミックで作った歯(10万円+税/本)を被せる治療をされました。

見違えるようにきれいになられています!
セラミックの歯はいくつも種類があり、色見本で色を選ぶものからオーダーメイドの歯まで、ご希望に合わせて選択可能です。
ただし、被せるために一度土台の状態に整えた自分の歯を元に戻すことはできません。
こちらの方は、すべての治療が終了したので、今はメンテナンスに通われ、きれいな状態をキープされています。
いつも明るくはじけるような笑顔が印象的な患者さんで、美しい歯がとてもよくお似合いです☆

お問い合わせはこちらまで
えなつ歯科・矯正クリニック☎️099-297-6480

今月の院内勉強会

こんにちは!歯科衛生士の春です!

今月の院内勉強会は
①えなつ歯科・矯正クリニックで行っている矯正の種類と基礎について
②歯科衛生士の症例発表
③A:練りTEK(仮歯)作成練習
B:浸潤麻酔練習
④歯周病カウンセリング
を行いました!

内容としては
①では現在扱っている矯正装置の種類や機能、効果などを院長先生から解説
②では歯科衛生士が担当した患者さんの初診時から現在までの治療計画や改善点、今後の目標などを発表してもらい情報交換
③ではA班とB班に分かれて実習で私はB班で麻酔についての知識や鶏肉を用いての実技練習
④では歯科衛生士が行う歯周病カウンセリングをスタッフの前で行い、アドバイスをもらう
というような感じでした!

練りTEKやカウンセリング実習は今回私は出来なかったのでまた教えて貰いながら実践できるようにしていきたいです(^^)

また今日の勉強会で学んだことや課題が出たことがあるので一つ一つ確実に身につけていくようにがんばります!

最後になりますが鹿児島も梅雨明けをしたみたいで暑い日が続くのでみなさん熱中症には気をつけてくださいね(;’-‘ )

インビザライン矯正 症例4

こんにちは!
受付の木村です(*^_^*)

最近、ずっと伸ばしていた前髪を切りました!
入社したてを思い出します(笑)

さて、今回もインビザラインの症例を紹介していこうと思います。

矯正前

全顎的にガタガタで下の歯も上の歯も歯磨きが大変そうですよね。
下の前歯の舌側に引っ込んでる歯は、噛みあわせた時もうほとんど見えていません。

矯正後

上下のガタガタも綺麗に並びました。
どの角度から見ても綺麗な歯並びですね。
歯並びが綺麗だと歯磨きもしやすく虫歯や歯周病のリスクも下がりますよ♪

私は今、アライナー6を使用中です\(^o^)/
全部で24なので4分の1ですね!
あと何か月かな~年内に終わればいいな~と思ってますがもう少しペースあげないと難しそうですね!
急ぎすぎも良くないのでしっかり確実に進めていこうと思います。

インビザライン矯正≪フル≫ ¥940,000 税別
矯正後は保定しないと後戻りするリスクがございますのでご注意ください。
えなつ歯科・矯正クリニック
☎099-297-6480

骨を削らないインプラント治療

4月8日は大口式(OAM)インプラントセミナーに参加してきました。


インプラント治療もいろいろ治療をこなしていくと、骨が薄かったり、片方の壁の骨がなくなっていたり、普通のインプラント治療では対応が難しい患者さんに出会います。そのようなただでさえ骨が薄く細くなっている患者さんにドリルで穴を空けようとすると患者さんの大事な骨を飛ばしてしまったり、減らしてしまったりしてしまいます。

大口式インプラントは患者さんの残存骨に針の穴ほどの小さな穴を空け、その穴を起始点として、その穴を手用器具で徐々に広げながら、骨を削らずにインプラントを埋入できる画期的な治療方法です。

ただでさえ薄くなって骨がなくなってきているのに、更に骨を削ってインプラントを埋入することに疑問や不安を覚える方には最適な治療方法です。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

北九州から患者さんがいらっしゃいました^^

近頃患者さんがかなり遠方からも見えられるようになりましたが、九州の最北端に近い北九州から新幹線とタクシーを乗り継いご来院されました。その患者さんは長い間歯が痛くて、しかも歯がぐらぐらしてきて、歯医者に行くたびに歯を抜かれて、入れ歯を入れてもらっても入れ歯が合わずにしゃべりづらいし、食べれないし、見た目も悪いし・・・

しかし何度入れ歯を調整しても一向に良くならずに、しまいには入れ歯のバネをかけていた歯がぐらぐらしているうちに抜けてしまい、しばらく我慢をしていたけどいよいよ我慢しきれなくなって、痛くなく治療してくれるところで、精密入れ歯をきっちり作ってくれるところを全国から探していて、いくつかの候補の中から、当院をお選びいただき来院された次第です。さすがに遠方からいらっしゃるため、治療回数をできる限り減らすために予約時間を2時間とり、きっちりカウンセリングを行い、お話をお伺いさせていただきました。事前に電話でやり取りをしていたのもあって、当日は段取りよく診療をこなすことができました。北九州から片道2時間弱でいらっしゃったとのことですが、時間通りに来ていただきまして、また僕の大好きな博多通りもんのお土産までいただきましてありがとうございました^^

IPSG研修会と多忙な一日

土曜日診療18時終了後車を飛ばして鹿児島空港に向かい19時10分の飛行機に乗って今週も東京に行ってきました。

日曜日は朝からIPSGの稲葉先生と石原先生のコラボセミナーに参加してきました。今回もいい学びがたくさんありました。「歯科医療の目的」などは私が常日頃から実践していることとほぼ一致していたのでとても共感いたしました。

 

保険診療と自費診療の違いについても詳しいお話がありました。

私の歯科医院にもいろいろな患者様がいらっしゃいますが、保険診療簿義歯を入れてしまったことが原因で、バネ(金具)をかけた歯が次から次へとダメになり、結局総入れ歯になってしまったり、咬合が全く分かっていない歯科医に噛みあわせが全くあっていない、義歯やかぶせもののの治療をしたがために顎関節症になってしまい苦しんでる方なども多く存在いたします。じゃあ自費ならいいのかというと単に素材が異なるだけで本質的には保険の義歯となんら変わらない義歯やかぶせものも後を絶ちません。

稲葉先生が言われるように歯科医療の目的をしっかり追求しながら、本質的な本物の歯科医療を提供できるように精進するのみです^^

 

17時にセミナーが終わりちょっと休憩してから19時より経営者としての自分を鍛えるセミナーを受けてきました。それが終わったのが20時30分、それからホームページ業者と打ち合わせをし、21時40分から高校時代の親友と会って、お茶をしてホテルに帰ってきたのが12時30分、急いでシャワーを浴びて寝て5時30分に起きて8時5分羽田発の飛行機で鹿児島に帰ってきました。帰ってきて11時から診療だったので、さすがにちょっと疲れましたね^^でもとても充実した週末でした。

2度と虫歯にならない 2度と歯周病で歯を失わないための根本治療「トータルヘルスプロモーション」の症例紹介

今回は、「トータルヘルスプロモーション(THP)」の症例をご紹介します。
THPとは、歯周病のリスクを極限まで低減し、管理することで全身の健康を守る先進歯科医療システムです。

歯周病の進行度が初等度、中等度、重度とあり、その中の中等度の除菌治療を行いました。

除菌前と除菌後の比較です。

口腔内

除菌治療前

口腔内 前

除菌治療後

口腔内 後

 

細菌

除菌治療前

位相差 前

除菌治療後

位相差 後

 

 

歯周ポケットの値

除菌治療前

ポケット 前

除菌治療後

ポケット 後

気になる方はこちらをご覧ください。より詳しく説明させていただいています。

THP症例(中等度)

 

 

 

この方は、2年前に他の歯医者さんで歯周治療を行っているにもかかわらず、今回も歯を抜かないといけない状態で、もうこれ以上歯を失いたくないという思いから、除菌治療を行いました。

除菌治療中は、家でもしっかりとホームケアを行っていくのですが、とても一生懸命取り組んでいただき、いい状態に改善されたと思います。

私自身も、歯石を取る時に感じたのは、保険の治療の方の歯ぐきの方と違い、THPの方の歯ぐきの方のほうが、出血量が全然違うなと感じました。

あと、保険は時間や回数が多くかかるのに比べ、THPのほうは数回で歯石取りを終わらせることができます。

歯周治療をやりたいけど、なかなか時間が取れない方、早く矯正やかぶせものを入れたい方はおすすめです。

詳しいことはスタッフにお尋ね下さいね。