釣り

ナイト太刀魚&ルアー五目釣り

重富港海晴丸にてナイト太刀魚&ルアー五目釣りに行ってきました。

出向は午前2時。昼は酷暑でも夜は薄手の長そででちょうどいい感じの気温でした。

錦江湾の太刀魚釣りの最盛期は9月のようですが、今回は太刀魚の状況調査となんといっても旬のカマスを釣りたくて今回の釣りを選択しました。僕は釣りたての魚を刺身ではなく塩焼きにして食べるのが最高の贅沢と考えてまして、中でも釣りたてのカマスの塩焼きに少しレモンを絞って食べるのが最高に好きなんです^^

僕が最後に自分で釣ったカマスを食べたのは僕が鹿児島大学歯学部の学生をしていたおよそ20年前の話です。当日釣り研究会の仲間と夜明け前の3時30分くらいに家を出て、朝4時くらいに与次郎の長水道のところでルアーでカマスを数匹釣って、朝ご飯にカマスを塩焼きにして食べてから学校に行くのを日課にしてた以来のことでした。

あの味がどうしても忘れられなくて、今回の釣りの目標はなんとしてでもカマスを釣って塩焼きにして食べる!でした。

重富港を出港し、10分ぐらいでポイントにつきました。仕掛けは片テンビンにエサはきびなごを一匹掛けにして水深100メーターくらいあるポイントで50メータくらいまで沈めてから徐々に上にあげてくるという釣り方でした。船はどてら流しで、釣り人は船長合わせて5人でした。ところがポイントを何度流しても、棚を変えても、しゃくり方を変えてもいっこうにアタリがありませんでした。船長も場所を移動したり、流すポイントを変えたりしてくれたのですがさっぱりでした。明け方になり右舷に乗っていたお客さんが80センチくらいの太刀魚をようやく2匹上げてましたが、約2時間5人で釣って2匹の釣果で太刀魚釣りは終了しました。

朝日が昇り始め空が白み始めた朝4時くらいに加治木港の沖合に移動し、

ライトルアーの五目釣りに挑戦しました。仕掛けは一番下に40グラムのジグをつけ、その上にサビキをつけてそこまで落としてしゃくりながら上まで上げてくるというものです。水深は10~20メーター。移動して1投目から今までのつれなさがうそのように船内の釣り人全員が連続ヒット!しかも釣れてくるのは30センチクラスの良型のアジ!船内は一気にお祭り状態になりました。アジに混ざって40センチくらいのカマス、イワシ、サバ、真鯛、マゴチが混ざり、まさに5目釣りとなりました。

この釣りは日が完全に昇ってしまうとあまり釣れなくなるようで、完全に日が昇った7時に納竿となりました。はじめはどうなることかと思いましたが、僕は50センチくらいのマゴチを1匹、40センチくらいの真鯛が1匹、40センチくらいのカマスが2匹、30センチくらいのアジを20匹くらい釣りました。

 

2回目のティップランエギング

5月11日2回目のティップランエギングに行ってまいりました。前回と同じく江口漁港から秋太郎という船で出港しました。僕以外に会社社長、社長の社員の女性、その女性のご主人の3人での釣りになりました。

前回のティップランの時は船長みたいに上手にしゃくれなかったため、その後何度か家でしゃくりに練習をして、さらにティップラン用のエギも追加で6本購入し、満を持してのティップランでした。最初のヒットは僕でした。約1キロくらいのアオリイカでした。

写真.JPG

その後4回連続で合わせ切れを連発してしまい、チャンスとともにエギもロストする最悪の展開、最初はPE0.6号のラインのせいにしておりましたが、よくよく他の方の釣りを見ていたらドラグをかなり緩くしているのと、僕の合わせが、ジギングと同じように巻き合わせをしていたので合わせが強すぎてラインが切れることがわかり、そこら辺を修正したら、合わせ切れをしないようになりました。

その後同じようなサイズのアオリイカとコウイカを釣りその日の釣りは終了しました。この日は僕が4杯、ベテラン社長が7杯、女性が2杯、ご主人が6杯でした。

合わせ切れの4杯と、かけて相当走られてばれたのが1杯あったのが悔やまれましたが、ようやくコツがつかめたので、次回からはもっと釣れそうな気がします。1キロオーバーのアオリイカがこんなに簡単に釣れちゃうなんて、テッィップラン面白いですよ^^

新年初釣り

今日は朝3時30分に起きて山川港からみね丸に乗って、佐多岬沖へ船釣りをしに行きました。

陸の上はそんなに風もなく穏やかそうに見えましたが、海の上に出てみると風が強く、うねりもあって、船がたっているのもきついほどに揺れたため、久しぶりに船酔いをしてしまいました。風があって、ものすごく寒いし、船酔いで気分悪いしでコンディションは最悪でした。

初めは泳がせ釣りでカンパチを狙うためのエアとなるアジを釣りに山川の沖まで行きました。そこでひとしきりアジとサバを釣って、佐多岬沖に向かいました。その後釣ったアジサバを餌にしてカンパチ狙いの泳がせ釣りを行いました。同乗者があと2名おり2人には2キロから5キロくらいのカンパチが合計4本当たってきたのに、僕の竿には一度も反応がありませんでした。

その後チョロ釣りで丸々太ったカツオを3本あげ、40センチ前後の真鯛を2匹釣り釣りが終了しました。

今晩はカツオの刺身とみそ汁を堪能しました^^

鹿児島県南さつま市沖合にある草垣群島に大物釣りに行ってきました^^

今日はえなつ歯科・矯正クリニックの患者様でもあり、紫原に田中鍼灸治療院を開院している田中さんと草垣群島に大物釣りに行ってきました。

草垣群島は薩摩半島の南端にある枕崎から西南西へ約90kmのところにあります。上ノ島、中ノ島、下ノ島、南ノ島などの17の小島と無数の岩礁が約6kmに亘って繋がっており、上ノ島は131m、下ノ島は158mと面積の割には標高も高く、切り立った崖が来訪者を拒んでいるかのようです。この群島から北へ約30kmのところには同じ南さつま市に属する宇治群島がありますが、共にダイバーや大物狙いの釣り師達にとって憧れの場所になっています

田中さんと夜中の0時30分に待ち合わせし、食料を買い込んだ後、久志漁港より2時50分ごろみね丸にて出航いたしました。先週はだいこん丸にて硫黄島にジギングに行く予定でしたが、天候に恵まれず、出航できなかったため、祈るような気持ちでおりましたが、今日は波は1メーターのべたなぎ状態で片道3時間も寝ながらの快適な船旅になりました。

草垣群島に着くなり今日の大物釣りの餌となるムロアジを釣りました。最初のポイントでは全く反応がなかったため、次のポイントに移動したところ、1投目から田中さんにムロアジが来ました。俄然やる気になって、みんなでまずはムロアジを釣りまくりました。みんなで60匹くらいムロアジを釣ったところで大物釣りのポイントに移動しました。

大物ポイントについて船長の掛け声と同時に仕掛けを入れた1投目、田中さんの竿にいきなりの魚信!慎重に合わせをいれたところ見事に120センチ、約10数キロのカンパチが上がりました。その後船長に20キロオーバーの本アラが釣れました。

あたりが途切れたところで船長がポイントにつけなおしてくれました。すると私の竿にも待望のあたりが来ました。十分に喰い込ませてから、電動リールにて巻き合わせをし、スタンディングにてファイトを行いました。

私のは約1メータで約10キロのカンパチでした^^

その他ホタの40センチくらいのを2枚追加しました。

 

帰ってきたのが19時過ぎで疲れ切って裁く気力がなかったので、桜ヶ丘のAコープの鮮魚コウナーに魚を預けて、おろしを依頼しました。明日取りに行ってから刺身を引いたりするので、またどのようになったかをお伝えさせていただきます。

アカイカ夜釣り

 8月18日診療が終わってから江口漁港から「秋太郎」という船に乗って甑島沖に夜焚きのアカイカ釣りに行ってきました。波も比較的穏やかで暑くもなく、寒くもなくこの時期にしては最高の夜釣りでしたが、夜焚きにはきびなごの群れがよらず、よってきたアカイカの群れは小さかったせいもあって、イカは爆釣とはいかず、はぽつぽつと釣れる程度でした。釣果はアカイカ11杯、ハガツオ50センチクラス1匹、、鯖4匹(これでも一応竿頭)でした^^釣ったイカは釣った瞬間特製のたれにつけて沖漬けにして、今日はイカ刺しと、ゲソ揚げで食べましたが、これがまたビールに合うこと!子供たちと争うように入して食べました^^明日はイカ明太子スパゲティーに入れる予定です。