2018年 10月 の投稿一覧

TRIOS

こんにちは、歯科医師の豊田浩之です。

今回は、3shape社のトリオス3の説明をします。トリオス3は最新型の口腔内スキャナーです。高速で簡単に、高精細でリアルな色調の光学印象採得が可能です。反射盤内蔵のスリムなガンタイプのスキャナーで、口腔内を下顎*上顎*バイトと採っていき、技工所にデータをメールで送れます。型取りの苦手な方や、嘔吐反射の強い方は楽なので、是非お薦めですよ❗

顎顔面矯正治療セミナーに参加してきました

9月16,17日の日程で大阪に顎顔面矯正セミナーに参加してきました。

不正咬合というと一般に前歯の叢生や前突、被蓋の程度や臼歯のかみ合わせを連想します。たしかに不正咬合を理解するうえで前歯や臼歯の関係を把握することは重要ですが、その基盤となる歯槽骨や顎骨、頭骨、頚骨、上肢帯、それらを取り巻く筋をはじめとする軟組織(形態)、これら諸器官の連携に関与する機能についても把握する必要があります。また、子供の不正咬合では形態の発育や機能の発達の過程、その程度を把握する、言わば、「不正咬合の成り立ち(からくり)を理解する」ことも重要なことです。

発育期の矯正治療は、問題のある個所を特定して、通常の発育に戻すこと(発育のコントロール)が基本となります。これらは顎顔面矯正治療と呼ばれ、歯並びのベースにある歯槽骨や顎骨、頭骨、それらを取り巻く軟組織までを考慮した一連の治療の進め方です。そのコアとなる上顎骨と下顎骨は構造や携帯だけでなく、発育パターンも異なりますので、それぞれに合った装置と治療法を選択する必要があります。

本コースでは、顎顔面矯正治療の進め方について、矯正装置の製作と使用法を習得すると共に、不正咬合の病因病態論、治療論(診断と治療計画)、予防論について、最新のデータやエビデンスをもとに知見を深める目的で企画されております。

えなつ歯科・矯正クリニックでも開院当初より、歯並びが悪い方の成人矯正を行うだけでなく、歯並びが悪いお子さんや、歯並びが悪くなることが予測されるお子さんに対して、緩徐拡大装置を用いた予防矯正や、舌のポジションを改善することによる、悪臭壁の除去や上顎骨及び下顎骨の成長促進をコントロールすることによる反対咬合の改善。、篩骨洞温熱トレーニングによる、上顎骨の成長促進と骨格改善、あいうべ体操などで口呼吸を鼻呼吸に改善し、口腔周囲筋を鍛え、正常咬合に導く治療を行ってきました。また1期治療から2期治療への連続治療や、透明なマウスピースを用いたインビザライン矯正も8年前から導入しております。さらにインプラントアンカーを用いたインプラント矯正治療も行っております。

今回の顎顔面矯正は今まで僕が行ってきた矯正治療と考え方は全く同じ治療方法なのですが、アプローチの仕方が異なり、正中口蓋縫線を拡げる急速拡大装置や、上顎骨を前方に発育させる前方牽引装置、臼歯部の歯軸を立てたり、舌側傾斜を改善するリンガルアーチなど、僕の今までの矯正治療ではほとんど使ったことない装置を使った矯正治療であり、道具が増えると、臨床の幅をさらに広げることができるとできると思い、ワクワクしながら研修会に通っております。

4か月にわたって、1日8時間を計8日間大阪で開催されますので、しっかり勉強して、鹿児島の皆さんの治療に役立てていきたいと思います。

はじめまして!!

こんにちは(^^♪

9月1日からえなつ歯科矯正クリニックに勤務している秦江学と申します。

歯科医師になって35年経ち、現在63歳です。

院長をはじめとし当院のスタッフが患者様に気遣いで接する姿に感銘と

一員である事の喜びを覚えています

患者様のQ&A 4

こんにちは!コーディネーターの松元です。

10月になり、今年もあと2か月ですね。あっという間に1年が過ぎていくような気がします(+o+)

年末までに自宅の断捨離を頑張ってしたいと思っています

さて、今回も皆さんから寄せられた質問にお答えしていきます。

 

子どもが甘いお菓子、ジュースが大好きです。上手な食べ方を教えてください。

子どもさんだけではなく、大人だって甘いお菓子やジュースを食べたいときもありますよね?

虫歯になるから絶対に食べてはいけないわけではなく、おやつの時間を決め、

だらだら食べないことが重要です。

食べ物が口の中に入ると、むし歯菌(ミュータンス菌)が食べ物に含まれる糖質をエサ

にして酸をつくります。

歯についた歯垢は本来中性ですが、むし歯菌のつくった酸により酸性に変化します。

酸の作用により、時間の経過とともに歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンなどの

ミネラルが唾液中に溶け出し、ミネラルが溶け出す酸性の状態が続くと、歯に穴が開いてむし歯に

なってしまいます。

「間食をするとむし歯になりやすい」

といわれるのは、歯垢の中が酸性になっている時間が長くなるからなのです。

子どものおやつにはエネルギーの補給やこころの満足感を得るという意味もありますので

甘いもの以外にもいろいろな食べ物を加えてあげることも大切です。

食べた後には、歯みがきをするようにしましょう。

できなければ、お茶かお水を飲ませたりすることでも、むし歯を予防できます。

プチ矯正のご紹介

みなさん、こんにちは!歯科衛生士の春です!

最近朝夕涼しくなってすごしやすくなってきましたが昼間はまだまだ暑い日が続きそうですね…
鹿児島は気温差が大きいので体調を崩されないようにお気を付けください(*_*)

さて、話が変わりますが今回はプチ矯正をされた方の紹介をしたいと思います!

こちらの方は八重歯が気になり部分矯正希望で来院されました。

ビフォー

部分矯正では抜歯を行わないのが通常ですが、この方は歯の並ぶスペースがなく部分矯正希望だったため上の歯(八重歯)を2本抜いての部分矯正になりました。

アフター

上の歯のみの矯正を希望されたので今回下の歯の矯正は行わず上の部分矯正のみ行っています。下の歯は矯正を行っていませんが、歯を少し削って上の歯と当らないようにしています。

約半年で歯を動かす治療は終了しました!!上の歯のみの部分矯正でもとてもきれいにならんでみえますよね!プチ矯正でもこんなにきれいに歯を並べられるんです!!メリットとしては比較的短期間で治療が終了します。デメリットとしては、基本前歯の並びを治したい方におすすめの治療法のため全体の歯並びを治したい方にはおすすめできません。

もし、プチ矯正について話が聞きたいという方や相談したいという方がいましたらご連絡お待ちしております。

部分矯正 ホワイトブラケット(リテーナー込み) ¥ 税別385,000
矯正目的の抜歯 ¥ 税別12,000/本
矯正後は保定しないと後戻りするリスクがございますのでご注意ください。
治療終了期間には個人差があります。
えなつ歯科・矯正クリニック
☎099-297-6480

ブクブクうがいの秘密

こんにちは。コーディネーターの岩永です(=^ェ^=)

最近、院長先生がシェイプアップに成功されました!その秘訣を教えてもらったので、私もがんばってみようと思っています♪

さて今日は、治療の時に登場する、患者さんにはおなじみのお水の紹介です。
当院では毎回、お席に座られたらすぐに除菌水でブクブクうがいをしていただきます。
このお水、実はすごいパワーを秘めているんです!
原料は水と塩だけで、それらを電気分解して作られています。
お口の中のプラーク(歯垢)などのタンパク質汚れを分解して、菌をやっつけてくれる優れもの。水流によって汚れが落ちやすくなるので、強めのブクブクがおすすめです。
市販の洗口液との大きな違いは、単に殺菌するだけでなく、汚れを“分解”する力があるということ。
できるだけ菌を減らした状態で治療に入り、よりよい治療ができるようにしています。

ホームケアで使っていただけるようお分けもしていますので、ご希望の方はお声かけください☆