2018年 5月 の投稿一覧

甑島の春石鯛釣り

4月になり、入り鯛も下火になって来て、何を釣ろうかなー、って考えいると、テニス仲間の石鯛釣り師が、今年は石鯛の当たり年で、甑島が今釣れてるらしいよ、という話を聞きました。その石鯛師の方は毎週2回、天気さえ良ければ石鯛釣りに行く強者で、釣りは石鯛釣りしかしない方です。彼が言うには、石鯛は3回行って1匹釣れればいい方で、5回連続して坊主も良くあること、との話ですが、1年の中で一番釣れる可能性が高いのが今の時期とのことだったので、一念発起し、4月は石鯛釣りをすることにしました。
4月1日は誠豊丸で中甑島に行きました。餌は赤貝のアラ割り、ポイントは船長におまかせしました。
朝一から緊張感を持って竿先を見ておりましたが、全くあたりなし。
船長が9時頃見回りに来ましたが、他もほとんど釣れていないので、そこでもう少し粘るか、潮が引いたら瀬の先端でやってみてもいいとのはなしでした。その後粘ること1時間、ようやく竿先に生命反応が!初心者は石鯛は早合わせをするとたいてい失敗するので、完全に竿が突っ込むまで合わせるなと教えていただいていたので、ゴンゴンあたってもひたすら待ちます。ところがそこそこあたっても、竿が突っ込むまではいきません。しまいには竿先が少し入ったまま動かなくなりました。もしやと思い竿をそっとあげてみると根掛かりしているではありませんか。魚が根に潜ったのかな?とも思い、竿をじわっとあおったところ、魚が根から出たのか急にリールが巻けるようになり、魚が暴れ始めました。上がって来たのは40センチくらいの丸々太ったアカハタでした。石鯛狙いなので、がっかりではありましたが、アカハタはとても美味しい高級魚なので、嬉しい外道でした。
その後あたりがなくなったので、瀬の先端に移動しました。
瀬の先端でも必死に撒き餌をしましたがあたりはありませんでした。瀬のきわに投げた時にようやく竿先にあたりが出ました。しかし先ほどと同じように竿先が海面に突っ込むまでには至らず、あげてみると上がって来たのは先ほどと同じサイズのアカハタでした。
この日はこれで納竿。結局アカハタ2匹で石鯛は釣れませんでした。

4月19日は蝶栄丸で石鯛釣りに行きました。
ポイントは船長まかせですが、沖ノ島のコゴ瀬の前の水道の岬におろしてもらいました。餌は赤貝と磯カニでした。
この日は天気も良く大潮で潮の流れもかなりありました。
しかしあたりがないだけでなく、餌もつつかれない時間が続きます。
棚を変えたり、足元を探ったり、遠投したりしてみましたが、それでも餌すら取られないので、9時頃船長が見回りに来た時に瀬変わりをお願いしました。
瀬変わりでのせてもらったのが双子島の下げ潮ポイントです。
ここでは残り約2時間の釣りでしたが、全くあたりがなく、かたづけ始めたラスト1投で初めて餌が取られました。もしかしたら今からが時合い?と思いましたが、時間切れのため納竿しました。この日は全くの坊主でした。

串木野の港に着いてみるとするするスルルーを考案した与那嶺功さんがいらしゃいました。釣り雑誌の取材だったようで、アナウンサーの上園さんと1泊2日で磯に上がっていたようで、上園さんがヒラスズキを数本あげてました。

アンカースクリューを使った矯正セミナーに参加してきました

先日大牟田で開催されました「アンカースクリューを使った矯正セミナーに参加してきました」

アンカースクリューはミニインプラントとも呼ばれ、上顎もしくは下顎の顎骨内にミニインプラントを埋入し、そのインプラントを固定源として歯を動かす矯正治療法です。

昔から矯正治療でテーマとなるのは歯を動かすときのアンカー(固定源)をどこに求めるかです。通常は小臼歯や大臼歯に歯を引っ張るもととなる固定源を求めるのですが、実は前歯を動かしたいと思って臼歯に固定源を求めると固定源とした臼歯が少し前方移動してしまい、狙った動きをしないことに問題がありました。

このことを解消するために顎骨に埋入されて動かない固定源となるインプラントアンカーを埋入し、そのアンカーを固定源として歯を動かすと言うのが今回のセミナーの趣旨です。

僕はすでに8年前からアンカースクリューを導入し、実際の臨床で使っておりましたが、セミナーを受けてから少し時間がたったのでこの度再度受講し、新しい情報がないか、いい材料はないかの情報を求め、研修会に参加してきました。

やはり8年前から比べると材料は少し進歩しておりましたが、基本的な内容は変わりませんでした。

えなつ歯科では矯正治療もインプラント治療もどちらも得意なので、どちらも活かして患者さんによりよい医療サービスを常に情報をアップデートしながら提供していきたいと思います^^

日本臨床歯科補綴学会専門医取得しました😄

院長の江夏です。
4年前鹿児島ミリングセンターの崎田さんからのご紹介で、受け始めた日本臨床歯科補綴研修会ですが、通い初めて早4年になります。はじめはわからないことだらけで、辞書を片手に言葉の意味を一つ一つ確かめながら勉強して行きましたが、今では日々の診療に研修会で学んだ内容を生かすことができるようになりました。

今年の2月に日本臨床歯科補綴学会の専門医試験がありました。筆記試験と、実際の臨床症例を3症例提出し、口頭試問が約20分ありました。今回筆記試験の合格率が約50パーセント、口頭試問の合格率は33パーセントくらいで合計すると17パーセントくらいの合格率だったようですが、無事に合格することができまして、この度本年度の日本臨床歯科補綴研修会で小出教授から認定証をいただきました。

大学では噛み合わせや、咬合、顎関節症の治療などは学ぶ機会が少ないため、この分野に関しては臨床経験豊富な歯科医師でさえ苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし歯並びの矯正治療、インプラント治療、部分入れ歯、総入れ歯を含めた補綴治療など噛み合わせや顎関節と密接に関わっていて、噛み合わせや顎関節は身体の健康状態に大きく関わっていることはよく知られるようになってきております。

えなつ歯科には毎日新しい患者さんがいらっしゃいますが、他の歯科医院さんで抜歯矯正治療をして、顎関節症になっていたり、インプラント治療をしたけど噛み合わせが悪くて、身体に不調が出ていたり、咬合や噛み合わせに関わる悩みを持った患者さんが多いです。そんな悩みを持つ患者さんの症状の原因を明らかにし、原因を解決したり、症状を改善したりするために日々格闘している毎日ですが、できればえなつ歯科で治療をされる患者さんには、顎口腔系の調和が取れた健康で一生ご自身の歯で楽しむことができるお口を提供したいと考えております。

まだまだ分からないこともたくさんあるし、未熟な点も多々ありますが、少しでも患者さんのお役に立てるように今後も頑張っていきたいと思います。

上甑島するするスルルー

5月5日は蝶栄丸にてするするスルルーをしに行ってきました。
最初に渡ったのが近島のイキツケという瀬でした。この瀬は以前石鯛釣りに来たときにするするスルルーをやりに来た、沖縄在住の与那嶺功さんがヒラスズキを釣ったポイントで、ヒラスズキが湧いていたというのを聞いてここに乗せてもらったのですが、この日は潮はそこそこ流れるのですが、魚の生命反応はなく、ボウズでした。

その後松島の水道に瀬変わりさせてもらいました。
瀬変わりして1投目右から左に流れる潮で何かがヒットしました。そこそこの重量感があるのと、魚の生命反応は感じることができましたが、巻いている途中で根に潜られてしまいました。リールはソルティガの8000番にPE4号、ショックリーダーは20号を巻いていたので、強引に引っ張ると、魚が根から出て動き出しました。間髪入れずに巻き上げると、上がってきたのは40センチくらいのキジハタ(アコウ)でした。

当たりはこの1回のみでその後下げ潮が右に流れましたが、その後はあたりがぱったりとなくなり、納竿となりました。

渓流解禁日に行ってきました^^

3月1日は渓流解禁日だったので、生まれて初めて解禁日のヤマメ釣りにチャレンジしました。
今回は球磨川水系のの河川でヤマメを今はやりのベイトフィネスで狙うことにしました。
ヤマメ釣りと言えば、エサ釣りが定番ですが、尺ヤマメと言われる30.3センチを超える大型ヤマメを狙うにはルアーがいいと言うことで、ルアーをバスフィッシングのごとく正確に狙ったポイントにピンポイントにキャストし、繊細なラックるをベイトキャスティングリールで操るのがベイトフィネスです。

解禁当日朝5時くらいにポイントに到着しましたが、当たりは真っ暗で人も見えない、川も見えないで、何も見えずだったので、仕方なく車で仮眠をとり、6時過ぎからぼちぼち川見を開始しました。

前日にかなりの雨が降ったので、釣りできるかな?と思いましたが、予想通り球磨川の本流と川辺川の本流には濁りがあり、水位が高かったので、万江川の上流に入りました。

最初に入ったポイントで、シルバーのスプーンを投げていたら釣り開始から15分くらいで、30センチ近いヤマメらしき魚が猛然とアタックしてきましたが、食い切らず!

その後下流に下りながらポイントを探りながらルアーをキャストしたら流心からやはり30センチくらいのヤマメらしき魚がルアーにアタックしました。今回は口を使ってきたのですが、ヒットにまでは至りませんでした。

結局この日はこれ以降魚の反応は全くありませんでした。

結局仲間も坊主、常連のフライマン2名も坊主だったようで、前日の雨と寒さで魚の活性が低い一日だったようです。

インビザライン矯正 症例のご紹介 2

こんにちは、受付の木村です(^o^)

インビザラインは継続中です。
1日20時間を切らないように気を付けながら頑張っています。
舌側にアタッチメントがついたので舌に当たると痛いですが、アライナーをはめていると気になりません。
GW中に久しぶりに会った人に「八重歯なくなってる!」と言われて嬉しいです♪♪
残りアライナー24つなので1ヶ月2つペースでいけば1年で終わりです♪
早く終えたいので装着時間をもっと増やさないとですね!
頑張ります\(^o^)/☆

前回もインビザラインで矯正を終えた患者様の症例を紹介しましたが、今回もまた紹介します。

矯正前

矯正後

元々八重歯や叢生(ガタガタの並び)で少しだけ出っ歯気味でしたが、矯正後は綺麗な歯並びになりました。
歯並びのせいか、磨きづらいところもあり歯肉炎により歯の根元の歯茎がプクッと腫れてたのも矯正後はキュッと引き締まってますね!
矯正中は月一でクリーニングや虫歯のチェックも行うので矯正は終わったけど歯周病すごい…とか虫歯すごい…と残念な状態でなく「歯並びも綺麗♪虫歯もない♪歯茎も健康♪」な状態です(*^_^*)

興味のある方はぜひお尋ねください。

インビザライン矯正≪フル≫ ¥940,000 税別
矯正後は保定しないと後戻りするリスクがございますのでご注意ください。
えなつ歯科・矯正クリニック
☎099-297-6480

ぴったりあう部分入れ歯の紹介

こんにちは!歯科衛生士の牧園です。

今回は、パーシャルパラレルミリングデンチャートという
部分入れ歯の紹介をしたいと思います。

パーシャルパラレルミリングデンチャートとは部分的に歯を失ってかめない方や
入れ歯がどうしても合わない方でインプラントはしたくない方にお薦めしたい
世界最先端の究極の部分入れ歯です。
入れ歯が動きにくいというのが最大のいいところです。
また、引っかけてある歯の寿命を延ばすことができる歯に優しい義歯です。
入れ歯の支台となる歯に冠をかぶせる際、その冠に精密な細工をして入れ歯を
あわせることにより、入れ歯がぴったりとおさまります。

 

特徴としては
・しゃべりやすく、違和感がない
・歯に対する圧迫感が少ない
・アフターフォローが簡単
・目立ちにくい
・残っている歯を守り、傷めにくい
・食べ物がつまりにくく、大好きな食べ物を食べられるようになる
・入れ歯をはずしたときにも自分の歯が残っているようにみえる
などがあります。

実際この入れ歯をつけている方の写真がこちらです。

<Befoer>

<After>

入れ歯についてお困りの方がいましたら、ぜひ足を運んでみてくだいさね^^

補綴矯正について

こんにちは(=^ェ^=)コーディネーターの岩永です。

今日は、補綴矯正(アーティスティック矯正)についてご紹介します。
矯正といえば、金具とワイヤーを歯に装着して歯並びを整える、というイメージがあるかもしれません。
実は、他にも様々な方法があり、歯並びだけでなく、歯もきれいにできる矯正もあるんです!

こちらは、歯並びの矯正をしたい、と来院された方です。

歯並びも気になりますが、以前むし歯治療をしたあとや、2次むし歯(一度治療した歯がもう一度むし歯になること)がたくさんあるのが一目でわかります。
歯並びだけをきれいにすることはもちろんできますが、選択肢のひとつとして、補綴矯正もご提案しました。
補綴矯正とは、自分の歯を土台の状態に整え、その上にセラミックの歯をかぶせて、見た目も美しくする方法です。
そして検討された結果、補綴矯正をしたいとご希望されました。

そして治療後がこちらです。

歯並びはもちろん、すべての歯が見違えるように美しくなりました☆
こちらの患者さんにお会いすると、いつもにっこりと微笑んでくださり、そのたびにきれいな歯が見えてうらやましくなります!

補綴矯正のご紹介のページは、こちらからどうそ。
http://enatsu.info/Artistic/

患者様の声3

こんにちは。トリートメントコーディネーターの松元です。

今回も患者様の温かい声をお伝えしたいと思います。ご協力ありがとうございました。

以前、歯医者で怖い思いをしてから、なかなか歯医者に行くことさえ出来ずにいましたが、えなつ歯科の先生を始めスタッフの皆様にご理解頂き、毎回大変親切に接して下さったおかげで、だんだん治療にも慣れてきて、歯医者に通えるようになりました。
また、なるべく負担のないように考えて頂き、丁寧な説明と治療で、質問などにも詳しく答えて下さり、納得のいく治療をして頂きました。
歯医者嫌いだった私が、たくさんあったムシ歯治療を終え、長い期間通えたのは、えなつ歯科が初めてです。
先生、スタッフの皆様に心より感謝しています。
有難うございました。

ビフォー

アフター

とても綺麗になりましたね!
患者様にこれからも満足していただけるようにスタッフ一同頑張っていきます!!

小児矯正について

こんにちは。コーディネーターの岩永です(=^ェ^=)

えなつ歯科・矯正クリニックでは、4才のお子さんから70代の方まで、幅広い年代の方の矯正を行なっています。矯正をしている方は、月に1回、調整のためご来院されるので、毎月みなさんにお会いするのが楽しみです♪

今日は、お子さんの矯正についてご紹介します(^_^)

当院では、反対のかみ合わせの子、ガタガタの歯並びの子など、いろいろなお子さんの矯正治療を行なっています。歯並びがよくなくなってしまう原因は様々ですが、その原因を探り、どうすればいいのかを考え、対処していきます。
「矯正」と聞くと銀色の金具を歯につけてワイヤーを締めるイメージがあるかもしれません。でも実は、それだけが矯正治療ではないんです!10才以下のお子さんの矯正は、このような装置を使用します。

主に夜間の就寝時に使用することで、歯が並ぶ場所をつくるよう成長を促します。
このような歯並びの子も
このように変化します!

子どもの歯並びが気になるけれど、どうすればいいんだろう?何才くらいになったら歯医者さんに相談したらいいの?という時、まずは一度お気軽にご相談ください☆