大変遅ればせながらではございますが9月10月の球磨川の鮎釣りについての報告をします。

9月10月はおよそ月に6回ペースぐらいで球磨川、川辺川に鮎釣りに通いました。

9月は全国から大鮎を釣りたいという鮎釣り師が球磨川に押し寄せ、また、鮎釣りの大会が毎週末開催されていたこともあり、球磨川の鮎は激減したような印象でした。

鮎釣り3年目の僕はやはり球磨川の激流は安易に入ると危険を伴いと思い、鮎釣り用の、首に巻くタイプのライフジャケットを用意したり、頭を守るためのヘルメットを準備したりしてましたが、やはり押しが強く、流れも速い球磨川に入るには慣れと経験も必要なので、最初はとっつきしやすい中川原公園の前付近の比較的流れの緩いところで釣りをしながら、少しづつ経験値を積み、徐々に難易度が高いところにも立ち込むようになりました。

数も型も一番つれたのはお盆が過ぎた8月後半の時期で28.5センチを筆頭に25センチオーバーが二桁近くつれた日もありました。

9月に入ると僕も尺鮎を狙うために竿(がまかつパワースペシャルⅣ引き抜き荒瀬9.5メートル)を買い、いままでは極力自分で仕掛けを作らずに完全仕掛けを購入していたのを、仕掛け作り道具をそろえ、仕掛けも作るようになりました^^

9月には大型台風が九州を直撃し、球磨川も2メートルほど増水し、苔がすっかり飛んでしまい、台風あとは2週間ほど釣りにならない状態が続きました。またその後も苔がついては雨が降り苔が飛びを繰り返しているうちに、鮎の数が減り、鮎も釣れなくなってきて、釣り人も少なくなり、10月初めぐらいにはほとんど終わった感じがしました。

僕自身は川辺川に入ったり、球磨川との合流点に入ったり、下流の激流ポイントに入ったりして、数より型を狙いましたが、最高が29センチで、とうとう尺鮎の姿を見ないまま、球磨川の鮎釣りシーズンの終わりを迎えた感じです。

鹿児島ではまだ霧島側や天降川は11月の後半まで鮎釣りができるようですが、主に落ち鮎のころがし釣りがメインだそうで、熊本の林師匠やサザンクロスの船長などは10月の第2週でほぼ竿納めをするとのことでしたが、僕はもう少し霧島側と天降川に入ってみようかと思います^^

解禁からたった4ヶ月ほどの間に15センチくらいだった魚が30センチ近くまで大きくなり、その魚の大きさごとに繊細な初期の釣りから後半の大型狙いまで、その川ごとにタックルや仕掛けが変わり、釣り方や狙い方も変わる。今年は鮎釣りの魅力にどっぷりはまったシーズンでした^^

まだ鮎釣りをされていらっしゃらない方はぜひ鮎釣りの世界に一歩足を踏み出してみて下さい!