2016年 4月 の投稿一覧

ナポレオン隼で釣り解禁直後の甑島西海岸に行ってきました^^

4月3日ナポレオン隼にて4月1日に釣り解禁となったばかりの甑島西海岸にクロ釣りに行ってきました。甑島の西海岸は漁場保護のため11月から3月まで釣りが禁止となっていて、昼でも60センチオーバーの尾長が狙えるということで、全国の尾長釣りファン垂涎のポイントです。

ナポレオン隼さんは船長の腕もよく、人柄もよいところがお気に入りの船で、今まで何回も釣りに行っていて、いい思いしかしたことがない相性のいい船です^^

0時出港予定でしたが、最近離島に行く瀬渡し船に乗ると、釣り人の皆さんは大体1時間前には揃って、荷物の積み込みが終わり次第、出港予定時間より早く出ることが多いので、僕も11時間前の11時には串木野港について、準備に取り掛かりました。

釣り人すべての荷物が積み終わり、23時45分に串木野港を出港しました。
さすがに集合時間が早かったこともあり、寝ずに来たので、船の中で約2時間半睡眠をとり、瀬に着いたのは2時30分頃でした。
僕が渡してもらったのは大介という、超1級瀬で、過去には4~5キロの尾長クロの実績のあるというポイントです。

DSC_0428

DSC_0428

撒き餌の準備をし、まずは剛徹のロッドに道糸ナイロンの6号、ハリス5号の太仕掛けでのぞみました。
ところがこの日の大介は潮がほとんど動かず、ライトを照らすと、大介周辺はエサ取りの魚がほぼ1週囲んでおり、瀬際に投げても、沖に投げても、タナを深くしても釣れてくるのはすべて20センチくらいの赤い魚ばかり、

DSC_0420

DSC_0420


日の出までの約3時間いろいろチャレンジしましたが、尾長どころか、口太の姿すら見えませんでした。

このままではまずい!夜が明けて尾長一本狙いの方針を変更し、得意の1000釣法による口太グレメインで狙って、中に尾長が混じればいいという方針に変更しました。

撒き餌はパン粉2キロ、オキアミ生2角、、マルキューV9特用1袋、付けエサがオキアミ生Mサイズのいつものパターンでしたが、ハリスを1.5号に一気に下げました。

仕掛けを変更し、撒き餌を入れていると、撒き餌の流れの先のたな2ヒロから3ヒロくらいのところにクロらしき魚影が乱舞し始めるのが見えました。(暗い時からいたのか明るくなってきたから出てきたのかは定かではありません)

すかさず撒き餌と付け餌を同調させて流すと1発で35センチくらいの口太が食ってきました。その後はほぼ入れ食い状態!
たまに剛徹のハリス5号仕掛けにも変えてみました。それでも十分食ってくるのですが、この日の大介は潮が悪く、ほとんど流れないだけでなく、釣れてくる魚も30センチから40センチの魚ばかりで、ハリスは1.5号でも十分で、1.25号のトーナメントの竿の方が軽いし、疲れないし面白い!ということで後半はほぼ1000釣法仕掛けのトーナメント竿ばかりでした^^

DSC_0434

DSC_0434

DSC_0433

DSC_0433

DSC_0431

DSC_0431

DSC_0430

DSC_0430

DSC_0427

DSC_0427

口太グレの中に尾長も混じりましたが、この日の尾長は40センチどまり。その代わりに40センチオーバーのイスズミが強烈な引きで楽しませてくれました。

口太グレ、尾長グレ、イスズミと合計20枚くらい釣れてクーラーはほぼ満タンになり、50センチを超える大物は釣れませんでしたが、十分満足できる釣りをさせていただきました。

DSC_0435

DSC_0435

他の磯はというと、この日は甑島全体的に潮が流れなかったらしく、クロ狙いの人で5~6枚。ルアーの人でヒラマサ1本。ルアー兼クロ狙いの人でクロが1~2枚という状況でした。

また大物を夢見てリベンジしたいと思います^^

ナッティー釣り情報

[caption id=”attachment_3438″ align=”alignnone” width=”300″]DSC_0413 DSC_0413[/caption]

僕らの釣り仲間で最近よく利用させていただいております釣り船ナッティーさんの紹介です。
ナッティーは鹿児島の北埠頭の魚類市場付近の港から出る船で、タイラバ、五目釣り、真鯛の天秤釣り、ちょろ釣り、ティップランエギング、船ヤエン釣りなど様々な釣りをさせてくれる船で、なっといっても近いのが魅力の船です^^
船長は若くて感じのいい平田船長と、磯釣りトーナメンターかつフィッシングガイドを務める林船長の2人です。2人とも大の釣り好き船長で、ご自身が休みの時にはクロ釣りに行ったり、最近はするするするルーという大物釣りをしたりされているようで、いろいろ話していて新しい情報が得られるのも魅力の一つです。

沖磯がしけで出航できないときなどにで、急きょお願いして今まで何度か遊ばせてもらっております。

3月下旬にナッティーで船からアジを生き餌で泳がせての船ヤエン釣りとティップランエギングに行きました。
前半は沖の島付近の水深15メートル以内の浅場で船ヤエンをしましたが、生命反応なし。釣り人4人で誰もあたりがありませんでした。
前日にも浅場で船ヤエンをしたそうですが、やはりほとんどあたりがなかったようなので、後半戦は30メートルくらいの少し深いところをティップランエギングで狙うことにしました。

しかし餌木を落としてもカラーを変えても4人とも全く反応がなく、このまま全員坊主の可能性がどんどん高まってきました。
こんな時に僕は頼れるアイテムとして、グロー(夜行カラー)のイエローの餌木を使います。この餌木は過去潮が悪く、船中みんなが釣れない中、僕だけがこの餌木を使ってコウイカが釣れるという思いを何度かしたことがある個人的には必殺アイテムです。

ところがこの日はグローのイエローの餌木をもってしても全く釣れる気がしない感じがしました。そんなあきらめムードの中、僕の竿に待望のあたりが来ました。素早く合わせを入れると竿に重みを感じ何かかかったことは間違いない。しかしアオリイカのようにあおるような引き方はない。これはおそらく狙い通りのコウイカかなと、と予感がしました。上がってきたのは予想通り500グラムくらいのコウイカでした。ボウズ続出の激渋の中釣れた貴重な1杯でした^^

DSC_0394

DSC_0394

4月の前半はもともと野間池にナッティーの平田船長と、鍼灸師さんたちと今話題のするするするるーをやりに行く予定でした。するるーとは沖縄できびなごのことをさします。付けエサも撒き餌もきびなごを使用し、潮が流れるところに撒き餌と仕掛けを同調させて流し、フィッシュイーターの回遊魚や底物を狙う釣り方です。

ところがこの日は風が強く、野間池の瀬渡しは中止となったため、そのままナッティーの船長にお願いし、最近調子がいいという、錦江湾でのちょろ釣りをしに行きました。

釣り人は船長を含めて4人僕以外の3人はスピニングリールにフロロカーボンもしくはナイロンを巻き流す方法、僕はふかせ用電動リールにフロロカーボン6号を巻いたものに2本バリ仕掛け、針はオーナーのカット真鯛の12号、餌は撒き餌も付け餌も生オキアミのLLサイズで臨みました。

この日はやはり沖磯がしけになるくらいですから風が強く、潮の流れと、風向きがなかなか合わず、アンカリングしてもなかなかポイントを流せない難しい状況でした。

そんな中最初にあたりがあったのは僕の竿でした。寄せてくると約60センチ、3キロぐらいのおなかパンパンのメスの真鯛でした。

DSC_0416

DSC_0416


DSC_0415

DSC_0415

その後船長が2枚、鍼灸師さんが2枚、同乗のお客さんが2枚、の真鯛を手にしました。いずれも方は1~3キロぐらいの良型でした。
しかし僕の電動リールにトラブルがあり、結局その日の釣りはできないような状態になってしまいました。

電動リールは巻き上げが楽な分いいのですが、いざ器械トラブルになると全く使えなくなってしまうという、いい教訓を得た1日でした。

真鯛は久しぶりに僕自身が捌いて、刺身、味噌汁、ムニエルにしていただきました。脂がのっていて超おいしかったです^^

旬の料理をいただきました

こんにちは!
歯科衛生士の鮫島です。少しずつ暖かくなってきて、鹿児島市でも桜が咲き始めました。満開の時期に今年も花見に行きたいと思っています(*^_^*)

先日、診療後に宝山ホールで行われました診療報酬改定説明会に出席致しました。二年ごとに歯科治療の保険点数が見直され、市内だけではなく鹿児島県内の歯科医院から多くのスタッフがいらしていました。

説明会の後はスタッフで食事会に行きました)^o^(
宝山ホールから歩いてすぐのところにある
DINING TERRACE IN THE MOON (イン ザ ムーン)というお店です。

P024126725_480
店内はお洒落で落ち着いた雰囲気のお店でした!

私のお気に入りはバーニャカウダが美味しかったです。
バーニャカウダソースがとてもおいしくて、新鮮なお野菜にとても合いました!
美味しい!

他にもピザやパスタをいただきました(*^_^*)

DSC_0401

DSC_0401


ワインも美味しかったです!

DSC_0400

DSC_0400


一番左に座っているのはこの春、晴れて鹿児島医療福祉専門学校の歯科衛生学科を卒業した尾辻さんです。3月中旬からえなつ歯科にアルバイトに来てくれています(^O^)
4月からは正社員としてえなつ歯科の新しい仲間に加わります。
どうぞ、よろしくお願いします。

私も3月でえなつ歯科に勤めて5年経ちました。多くの患者さんのお役にたちたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。