2015年 11月 の投稿一覧

クロ釣りシーズン開幕!絶好調の甑島

IMG_3473 IMG_3474

11月23日クロが釣れ始めたという情報をもとに串木野から蝶栄丸さんで甑島に行ってきました。

朝4時出港で、釣り人は約9人、 僕は蝶栄丸の利用は初めてだったので、船長に瀬はお任せし他ところ、上甑島沖の沖ノ島に渡してもらいました。

沖ノ島に渡してもらったのが5時20分頃。あたりは真っ暗で、暗いうちに巻き餌の準備と仕掛けの準備を終え、夜明けを待ちました。

今回は1000釣法と池永プロが考案した全誘導釣法を行いました。

撒き餌はオキアミ6キロに集魚剤にパン粉を混ぜ、付けエサはオキアミのsサイズを使いました。

撒き餌さ一時撒いてから付けエサを投入すると、1投目から35センチくらいのアカハタが釣れました。

IMG_3475

続いて釣れたのは30センチオーバーのクロ!その後も数投ごとにクロが釣れ始め、その後ほぼ入れ食い状態となりました。エサ取りで45センチくらいのイスズミが1匹と35センチくらいのグルクンが1匹釣れましたが、その他釣れた魚はほぼクロオンリーでした。

IMG_3458 IMG_3459 IMG_3460 IMG_3461

IMG_3467 IMG_3465 IMG_3464 IMG_3463 FullSizeRender IMG_3472 IMG_3471 IMG_3470 IMG_3469 IMG_3468

全層釣法でウキであたりをとるのではなく、ほとんどがラインの走りであたりをとることができました。抵抗感がないから食い込みが良かったのか、活性が高かったからだったのか理由はよくわかりませんでしたが、ほとんどの魚が針を飲み込んでおりました。

小さくても30センチ、一番大きなクロで42センチと型揃い!釣る気になったら50匹以上は釣れるような入れ食いでしたが、自分たちが食べる分と、配る分も考えて中型クーラーが満タンになったところで、釣り終了。

人生初めて磯のクロ釣りでクーラー満タン釣りました。磯フカセ釣りの面白さを再認識しました^^

11月のえなつ歯科

こんにちは、馬場です。先週の朝方にあった地震にはビックリしましたね。マンションの5階にいるのでもっと大きな揺れがきたらすぐに避難できないから終わりだなぁ・ ・ ・ と覚悟を決めて二度寝しました。

今月も患者さんのMさんから素敵なお花をいただきました~

写真 1

ワイングラスに入っているなんてお洒落ですよね。さっそく来院された患者さんからも 「ステキねぇ!」 「見ていて気持ちがいいわぁ」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。私が作ったわけではないですがそう思って頂けて嬉しかったです。

グラスから垂れている赤い実は[スズメウリ]といわれる実だそうです。初めて見ました。

写真

うん♪ かわいい(*^ ^*)  隠れハートがあるのに気付きました ♡?

一つテンヤ真鯛第6回 錦江湾カップ 秋の陣に参加してきました^^

 

IMG_3359

2015年11月1日(日)第6回 錦江湾カップ 秋の陣 が重富港にて開催されました。参加者は約30名。参加者は船は絢美丸、あゆみ丸、りお丸、幸伸丸の4艘に分かれ、5時30分に重富港を出港しました。

この大会は一つテンヤという釣り方限定で、エビ餌で真鯛を狙い釣った真鯛の数と大きさを競う釣り大会です。

僕は幸伸丸に振り分けられ、お世話になっている技工士さんと一緒に乗りました。幸伸丸には9名乗船し、くじ引きで釣り座を決めました。

まずは重富港近くのポイントから釣り開始、1投目からあたりがあり、合わせを入れて一旦かかるのですが、すぐに外れてしまう状況が何度か続き、ようやくヒット!釣れたのは20センチちょっとの真鯛でした。この日は20センチ以上の真鯛がキープサイズで、キーパーギリギリのサイズでした。

この日は渋くて、釣れても20センチチョイからそれ以下のばかりで、いいサイズの真鯛はなかなか出ませんでした。船内でたまに大きく竿が曲がるのですが、上がってくる魚はイラかコロ鯛でした。

この日は13時納竿だったのですが、12時30分くらいに僕の竿にも大きなあたりがありました。この時間でも船内で一番大きな鯛でも30センチくらいだったので、この鯛を上げたら優勝か!と頭をよぎりました。5分くらいのやり取りの後、船内のみんなが注目の中上がってきたのは43センチのイラでした(笑)^^

IMG_3360

結局の大会の優勝者は真鯛は2匹しか釣れなかったけど、その1匹が47センチの真鯛を釣った方で、2位が46センチ、3位以下はほとんど30センチに満たない真鯛でした。僕が釣った真鯛は最大で25センチ程度。まだまだ修行が足りないようです^^また春に大会があるそうなので、その日に向けてまた頑張りたいと思います。

IMG_3362

 

西川義昌先生の形成コースを受けてきました^^

DSC_0168

DSC_0168

DSC_0169

DSC_0169

10月24,25日と薩摩川内文化ホールで開催されました西川義昌先生の形成コースを受けてきました^^テーマは「基礎の基礎を洗い出すことで見えてくる歯科治療の未来」~歯科治療の臨床的基準を具体化する~です。虫歯だった歯を治療するときに銀歯やセラミックの歯を被せるために歯宿代のの形を整えることを「形成」といいます。西川義昌先生は日本で屈指の形成治療の名人で、日本の審美歯科治療の第一線を担ってきた先生です。西川先生は東日本大震災の原発事故ののち、その原発の影響を避けるために開業していた東京の診療所を閉院し、現在鹿児島の田舎の歯科医院で勤務医をされていらっしゃいます。

西川先生も65歳を過ぎて、今回最後の集大成として今まで培ってきた形成の技術を後世に残すために最後の集大成の形成コースを企画されました。

「形成」というのは健康保険の範囲で行う治療や、歯学部を卒業したての先生たちも行う歯科医師にとって基本的な治療技術の一つです。しかし、基本的な技術だからこそ奥が深く、パーシャルパラレルミリングデンチャーなどのハイレベルな治療や、高度な審美歯科治療などでは基本であるからこそ大切になってくる技術です。

西川先生が到達した集大成の技術をしっかり身につけて、今後の僕の臨床に生かし、今まで以上に患者さんに喜んでいただける治療をしていきたいです。