2015年 10月 の投稿一覧

第7回日本臨床補綴研修会に参加してきました^^

artificialP1_4

10月17,18日は福岡で開催されました第7回日本臨床補綴研修会に参加してきました。第7回のテーマは、「パーシャルデンチャーの的確な設計システム」です。今回の内容は、「残存組織保全と機能回復率向上の両立」と基本原則とする“設計の6要素”に基づいて、粘膜と残存歯における支持能力の診断と各組織に対する力の適正配分、細菌への対応を再考し、パーシャルデンチャーの治療システムについて学びました。これにより、非常に予知性の高い治療が可能となります。
実習では、実際に3種類の欠損症例に対して、模型上でサベイヤーを用いて診断し“設計の6要素”により理論的にパーシャルデンチャーの設計を行いました。

現在欠損補綴の第一選択はインプラントになりつつあります。しかし、全ての患者さんにインプラントによる補綴治療を行うのは不可能であり、その場合パーシャルデンチャーでの対応が必須となります。一般的に予後が悪いとされているパーシャルデンチャーを要素ごとに理論的に整理し、ポイントを押さえて治療を行うことで良好な予後が得られます。是非、今回の内容をえなつ歯科・矯正クリニックの欠損補綴治療に取り入れていきたいと思います。

第6回日本臨床歯科補綴研修会に参加してきました^^

9月26,27日は福岡で開催されました第6回日本臨床歯科補綴研修会に参加してきました。

bpsspecial

 

第6回のテーマは、「総義歯臨床のための診査・診断」です。今回の内容は、総義歯治療に際して、床縁、床粘膜面、床研磨面、咬合面の各構成要素ごとに、どの段階でどのように診査・診断を行うのか、具体的にどう治療を進めて行けば良いのかという基準を明確にすることでした。総義歯の臨床で大切なことは、義歯の各構成要素がいずれも一人一人の患者さんの顎口腔系諸組織と形態的に、また機能的に調和がとれているか否かを歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士がそれぞれの立場で的確に診断できることです。「総義歯治療の43ステップ」に沿って、これらの捉えておくべき点を項目ごとに確認させていただきました。

総義歯治療は、最も基本的なフルマウス・リコンストラクションであると考えられます。今回示していただいた内容は、一口腔単位で各患者さんの顎口腔系の調和を図ってまとめるという意味で、全ての歯科治療において同様に考慮する必要があることです。是非明日からの臨床に活かしていきたいと思います。

当院ではすでに精密総義歯ではリヒテンシュタイン発祥のBPS総義歯システム、ドイツ人歯科医師シュトラック先生の考案した、シュトラックデンチャーという総義歯それぞれのいいとこどりでプレミアムデンチャーというオリジナルの総義歯を作成しております。

今回1年間かけて日本臨床歯科補綴研修会で学んだ顎関節に調和した総義歯の作製方法は私の中での義歯の世界のすそ野を広げてくれるような内容で、当院のプレミアムデンチャーは今まで以上に快適で、より健康に配慮し他義歯として、進化を遂げております。

今後も現在の義歯に満足することなく、勉強を続けて、患者さんに今まで以上に喜んでいただけるように努力を続けていきたいと思います。

1年かけて☆

みなさん、こんにちは。
トリートメントコーディネーターの鶴田です。
朝と夜は肌寒くなってきましたね。体調は崩されていないでしょうか?
先日、出水に行ったときにコスモスが咲いているのを見て、すっかり秋だなと感じました。
そうは言っても、鹿児島の昼間はまだまだ夏のように暑いですね(*_*)

さて☆先日、1年前に初めて来院された患者さんの治療が終了しました。
なんと、毎回片道2時間かけて来院してくださっていました。

感想文をお願いしたところ、嬉しいお言葉をいただきましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

山下さん感想文

 

 

 

 

 

 

 

 

スキャナー機器の関係で少し読みづらいところがあるので、文字打ちさせてもらいます。

幼少の頃から歯医者さんが大キライで大人になっても虫歯をほったらかしにしてましたが、自分の歯を大半失い、いよいよ生活に困ってしまい色々検索した結果、心を許せると思った歯医者さんがえなつ先生でした。

メールで問い合わせしたら、すぐに電話を下さり細かく症状も聞き出してくれて、「ここならお願いしたい!」と即決で予約を入れました。

口の中を見られる事はものすごく恥ずかしかったのですが、先生をはじめ衛生士さんの対応も親切で今度は挫折せずにがんばれました。

おかげで、人と接する事、思いっ切り笑える事、おいしく食事できる事を楽しめます。

診察へくると、みなさんとの会話が楽しくて、グルメ、LIVE etc..たくさんの情報をGETしました!

特に先生のグルメ情報は鹿児島にとどまらず全国の情報にくわしい方です。

歯の事でも助けていただきましたが、多方面でものすごくためになりました。

ほんと救っていただきありがとうございました!

涙がでるほど感謝してます。大好きです!!

 

山下さん写真

 

 

 

 

 

 

 

患者さんがこんなに喜んでくださり、スタッフ一同本当に嬉しく思います。

約一年間、通院大変だったと思います。いつも笑顔でお話しされている患者さんにこちらも癒されていました。

これからはメンテナンスでお会いできるのを楽しみにしてます(*^_^*)

 

一文字堤防カワハギ釣り

DSC_0163

DSC_0163

遅ればせながら10月中旬に離島でのスロージギングが欠航となったため、谷山一文字堤防に渡ってきました。昨年この時期にアジ子を釣ってからの泳がせ釣りで、ヤズ(ブリの幼魚)やネイゴ(カンパチの幼魚)を釣ったのと、カワハギをたくさん釣ったので、今回は同じ時期に同じターゲットを狙ってみました。
緒方釣具の船頭いわく、今年はカワハギが全然連れてなくて、いつもの年の半分かそれ以下ということと、ヤズやネイゴはエサとなるアジが大きすぎてパッとしないというあまりよくない事前情報を得ました。
何はともあれ、昨年と同じく赤灯台付近に降ろしてもらいました。夜明け前にアジが6匹くらい釣れたのですが、船長が言うようにアジが大きすぎてエサとしてはあまりふさわしくないサイズでした。しかし夜が明けるとアジはパタリとつれなくなり、青物の姿は沖にたまにボイルがあるくらいで、岸寄りにはほとんど寄ってこず、あたり一つありませんでした。
8時くらいで早々に青物釣りをあきらめ、カワハギ釣りに変更!
ところが昨年と違ってあたりが渋く、なかなか最初の1匹が釣れません。エサだけとられる時間が1時間ほど続き、あきらめかけた時にようやく待望の1匹、大きさはおよそ20センチくらいのまあまあの方。これでようやくこの日のヒットパターンをつかみ、その後同じくらいの方を4枚追加し、合計5枚という釣果に終わりました。もともと朝一から風が強かったのですが、10時過ぎてから爆風となってきて、このまま続けるのは危険と判断し、11時過ぎには早々と納竿しました。
今回のカワハギはぶつ切りにして鍋にしていただきました^^ポン酢によく絡んで美味しかったです^^

”歯周病Labo”のサイトがオープンしました。

スクリーンショット 2015-10-23 13.41.46

えなつ歯科・矯正クリニックを鹿児島に開院して10月20日で7年になりました。

クリニックを開業する前から私が考えていたのは、病気(虫歯や歯周病、欠損も含めて)になってしまった患者さんを治療するだけでなく、人々が病気で苦しまなくてもいいように、そして人々が身体の健康や健康寿命に密接にかかわっている歯を決して失うことがないように、「予防」ができる歯科医院を作ることでした。

この度7年の歳月をかけて、虫歯の予防、歯周病の予防、歯並びが悪くなることの予防、歯がなくなることの予防、認知症の予防など様々な分野の予防に取り組んできました。この度、私自身が歯科医師になって、17年間、世界中から集めた虫歯や歯周病予防に関する最先端の情報や、総合歯科医として様々な分野の勉強や研究の成果として、「二度と虫歯にならない、2度と歯周病で歯を失わないようにするために私の考える最善の予防方法」に関しての専門サイト「歯周病Labo」http://shisyuubyo.com/)を作成させていただき、昨日公開となりました。

昔の先生は歯周病にかかった歯は基本的には抜歯しておりました。アメリカでも歯周病にかかった歯は早く抜歯して、早くインプラントを入れるというのは主流のやり方です。

しかし、歯周病学の進歩から、現在は歯周病にかかっていたら歯垢取りや歯石取りなどの歯周病治療をほどこし、すぐに抜歯することは少なくなりましたが、一般的な健康保険の治療では根本治癒には至らずに、メインテナンスはしながらも歯を支える骨は減り、いずれグラグラしてきた歯から抜歯されていくので、結局は歯がなくなっていくのをとめることができていないのが現状です。

今回私がこのサイトでお伝えしたかったのは当院で行っている、歯周病や口臭で大変お困りの患者さんが、最先端のデータ管理型予防歯科治療の施術を受け、そのうちのほとんどの方が歯肉の腫れは減り、歯周ポケットは改善し、口臭が減り、お口の中の悪玉菌の除菌に成功しているという事実です。そうなんです、歯周病はきちんと取り組めば治るのです。もちろんグラングランになって骨が完全に溶かされてしまった歯を取り戻すことはできませんが、歯周病の進行を食い止めたり、健康な歯を歯周病で失うことは防ぐことができるのです。

歯医者は歯が痛くなってから行く、というのが大半の日本人ですし、歯磨きをしていても虫歯はできるし、歯周病は進行する。また治療したところが再度虫歯になっても何の疑問も抱かないのもまた今の日本人です。

でも歯を失って、いざものが食べられなくなってから思います。「もっと早いうちにしっかり治療しておけばよかった!」と。

そのような方にご自身の歯を一生残していただくためにも、一生虫歯や歯周病で苦しむことがないお口を手に入れるためにもこのサイトの情報がお役に立つことができたら幸いです。

 

47歳になりました(*^^*)

IMG_3329

遅ればせながら10月1日は僕の47回目の誕生日でした😃
家族に支えられ、友人に支えられ、素敵なスタッフと素晴らしい患者様に支えられ今日の自分があることに深く感謝するとともに、こんな素敵な人たちに囲まれて歯医者という仕事ができる自分は本当にラッキーだし、幸せ感を感じます^^
「病気で苦しむ人の少しでもお役に立ちたい」「患者様だけでなく、ともに働くスタッフから『あなたに逢えてよかった』って言っていただけるような歯科医院を作りたい」という私の小さい頃からの夢はまだまだ夢半ばかもしれませんが、楽しそうに患者さんとお話ししているスタッフの姿と、満足そうに帰って行かれる患者さんの表情を見ていると、一歩一歩ではありますが、僕が夢に描いている理想的な歯科医院に近づいてきているのかな?と感じる今日この頃です^o^

歯科医療は範囲が広いので学べば学ぶほど奥が深く、学んでも学んでも決して終わりは見えなのですが、矯正の勉強をしてもそれが義歯に役立ったり、義歯の勉強をするとそれがインプラント治療に役立ったりするので、それが卒後17年たった今も面白くてたまりません(^o^)/

さらに最近歯科恐怖症の患者さんが特に増え、鎮静法を希望される患者さんが増えて来たこともあり、今月から鹿児島大学の歯科麻酔科に研修登録医として毎週木曜日に勉強しに行くことにしました(*^^*)

もし鎮静法中に異常事態が発生しても今まで以上に救急対応できるようにすることと、無痛治療をさらに極め、全身麻酔の知識や技術を学ぶのが目的です^o^

歯科治療が怖くて一般的な歯科医院では治療ができないような方、他の歯科医院でさじを投げられた様な方は、僕が力になりますので、お気軽にご相談下さいね(o^^o)

スタッフの皆さんに素敵なお花とプレゼントをいただきました^^感謝感謝です。

IMG_3330IMG_3328

 

目立たない矯正をお考えの方に朗報です!

こんにちは!歯科衛生士の鮫島です。
だんだん涼しくなってきました・・・コスモスが見頃を迎え、秋らしくなってきましたね(*^_^*)

週末には生駒高原にコスモスを見に行こうかと考えています♪♪

 

みなさん、インビザライン矯正という目立たないマウスピースで行う矯正をご存知ですか?

一般的に知られている矯正というものは、歯にブラケットという金具を付け行います。

DSC_0018111

 

 

 

 

 

 

一般的に行われているメタルブラケットによる矯正です。

笑ったときに金具が見えるため目だったり、ブラケットの周りはお手入れがしづらいため虫歯や歯肉炎の原因になってしまいます。

 

えなつ歯科で行っている

「インビザライン矯正」という治療は・・・

toha_1

 

 

 

このように目立たないマウスピースを装着して、歯並びを整えていく矯正です。

見た目だけでなく、ブラケット矯正のように歯に金具を付ける必要もないためお手入れも今までの歯磨きと変わりなく行うことができます!!

 

現在、ブラケット矯正をされていて

「笑ったときに目立つから嫌だ・・・」

「ものがよく詰まってしまう・・・」

「いくら歯磨きしても細かいところに汚れが残ってしまう・・・」

という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

現在、ブラケット矯正をされている方に朗報です!

期間限定で

インビザライン CHANGE ディスカウント

というキャンペーンを行っております!

 

その内容というのは、現在ブラケット矯正をえなつ歯科で行ってる患者さんに限らず

他院で行っている方も

本来の料金より40%OFFの料金でインビザライン矯正を始めることができます!!

詳しくはこちら

↓   ↓   ↓

 

http://www.invisalign.co.jp/cms/newsletter_vol.3_2014/Change_Campaign_102014.pdf#search=’%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%B6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3

 

ぜひ、この機会にブラケット矯正からインビザライン矯正に変えて

矯正期間中も快適な生活を送れるようにしてみませんか(^^)!!

ご不明な点がございましたら、お気軽にえなつ歯科・矯正クリニックまでお問い合わせください。

出ました!!甑島沖にてスジアラ80センチ!

スジアラ

9月20日串木野港からナポレオン隼にてシーズン終盤のアカイカ釣りと尾長狙いで甑島手打ち周辺の船釣りに行きました。

午後3時に串木野港を出港し、シブダイ狙いの磯釣りのお客さんを降ろしてから、5時30分ごろ釣り開始をしました。本来であれば、黄金瀬という超1級ポイントに行く予定でしたが、黄金瀬周辺はうねりが強く、手打周辺で釣りをすることになりました。

僕はまだ明るいうちはチョロ釣りと天秤釣りの両方で尾長を狙いました。

しかしこの日は小潮で潮が全然流れず、釣れるのはアジとサバばかりで尾長のあたりは1回もありませんでした。

ただ釣れるサバは40センチ前後、釣れるアジは35センチ前後の大型ばかりでエサを入れれば釣れるような入れ食い状態が終始続きました。

DSC_0139

DSC_0139

DSC_0137

DSC_0137

これだけ大型のサバが浅いタナから深いタナまでいるとイカはよらないみたいで、船全体でもイカのあたりはぽつぽつとしかありませんでした。

今回一緒に行った技工士さんや、鍼灸師さん、理容師さんはひとしきりサバを釣った後、イカが釣れないので0時くらいで早くもダウンして船室に寝に行きましたが、僕はその後もひたすら釣り続けました。

すると4時くらいになりようやくイカが3杯釣れました。僕はその釣れたアカイカを餌に泳がせ釣りで大物を狙いました。

イカを泳がせ始めて15分くらいで大物竿にあたりが来ました。ところが竿が締めこまれるまではいかずにあたりが遠のいたので、あげてみると生きていたイカがぼろぼろになってました。すでに生きているイカはなかったため、そのまま死んだイカをつけなおして落としました。

するとその10分後に大きなあたりがあり、竿が大きく締めこまれました。すかさず合わせを入れやり取りに入りました。

しかし引きが強く、なかなか上がってきません。10分くらいのやり取りの後、上がってきたのは80センチ6.5キロのスジアラでした^^

IMG_0338 image1

船長に聞くとスジアラでは80センチというのは最大級のクラスの魚とのことでした。

この魚は船長にご紹介いただいたソラリアホテル最上階のくわはら館の姉妹店のイタリア料理やマルコポーロで捌いていただきました。

いつもは魚が釣れると居酒屋が多かったのですが、今回は釣れたての魚が様々な形でイタリア風で調理されて出てきました。

白鯛のカルパッチョ、サバのフリット、アラのスープ煮、アラのポアレ、アラのトマトパスタ等々それぞれ絶品でしたよ^^

DSC_0146

DSC_0146

DSC_0147

DSC_0147

DSC_0148

DSC_0148

DSC_0151

DSC_0151

DSC_0153

DSC_0153

DSC_0154

DSC_0154

釣れたての魚をおいしく調理していただいて,それを肴にお酒が飲めるのは最高の贅沢でした^^

 

ハッピー☆ハロウィン

こんにちは、馬場です。朝夕がだいぶ涼しくなって、ベットから出るのがおっくうになってきました。先日いつもお世話になっているMさんから、ハロウィン用のアレンジメントをいただきました。

9998_95202
いつみてもかわいく、患者さんからも好評です。実は、いただいた時はオレンジ色のきれいなユリの花が生けてあったのですが、開花し終えてしまったため、医院に咲いているマリーゴールドを仲間に加えました。ぜひこの立派なフワフワのススキにも触れてみてください(*^^*)

そもそもハロウィンって・・・?毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあるんだそうです☆

securedownload2securedownload1