2014年 11月 の投稿一覧

無痛治療を目指して

こんにちは。歯科衛生士の馬場です。
写真 (5)

Xmas雰囲気漂ってきましたね〜(o^^o)

11月の22、23日を利用して、私たちえなつ歯科矯正クリニックは静岡県にある痛みのない治療[ 筋肉内・静脈内鎮静法治療 ]を実践されている伊藤歯科医院さんの所へ院長、スタッフ4人と研修へ行ってまいりました。

朝の6時に集合し、羽田空港へ。そこから静岡までレンタカーでの4時間の移動。スタッフの鮫島さんが大好きなスキマスイッチの曲の歌詞の中にも出てくる「伊豆でなく焼津(やえず)の海~♪」のやえず市に向かいました。車窓から見えた初めての富士山には感激しました。
筋肉内・静脈内鎮静法治療 とは・・・
胃カメラや大腸検査等をするときに経験された方もいらっしゃると思います。いつの間にか眠っている間に終わってたのではないですか?
要するに痛みを感じない、治療を受けているという感覚も感じさせない治療方法です。
点滴によって寝ている状態で歯の治療を行います。たとえ数時間の治療でもご本人の感覚としては数分に感じ、眠ったとはいっても受け答えはちゃんとできます。
むし歯治療や親知らずの抜歯、歯の神経の治療、型取りなど、ほとんどの治療はこの麻酔で対応可能です。
また、長時間の治療でなるべく早く少ない回数で治療を終わらせたい方にもおすすめです。全身麻酔とは ちがうのでもちろん日帰り治療になります。眠った状態に近いので、血圧や脈拍等もモニターで管理を行います。


当院もこれまで治療に関しては、痛くない治療を目指し、笑気注入鎮静法や電動麻酔器、各々の技術の向上に努めて参りました。
しかしそれでもやっぱり
治療を受ける時に削る振動や音が苦手・・・・    怖い・・・・
型を採るのが気持ち悪い・・・・
と感じる方も多くいらっしゃいます。
そんな思いを持たれ治療に恐怖心や前向きな気持ちになれない方にも、痛みもなく気付いたら治療がしっかりと終えられたらどんなにいいでしょう。
講師の伊藤先生は大学病院の麻酔科でたくさんの経験をされており、様々な症例と経験から得た技術をわかりやすく教えて下さいました。


歯科衛生士や歯科助手が実際の診療では患者さんに注射を行うということはないですが、まずは実践という伊藤先生の言葉で、お互いに筋肉注射の実習をしました。

実際に使用する薬品を入れると眠くなり研修にならないのでプラセンタを代用で行いました。
なかなかない経験に手に汗を握りながら、歯科助手の今村さんに打ってもらいました。腕に針が入って行くのをじっと見てましたが何も感じないくらい痛くなかったのに驚きました!私個人の感想では口の中の麻酔よりも痛くないんじゃないのかと思ったほどです。

そして私は院長先生に。日頃の・・・は、冗談で真剣に真剣に注射させてもらいました。↓がその様子です。感想は院長先生に聞いてみて下さい。

いかがでしたか?一日目の研修はこれで終えました。静脈内鎮静法については受付の木村さんに紹介してもらいます。
写真は、研修会後の懇親会のものです。静岡の美味しい海の幸をたくさんいただきました♪

最先端画像診断機器の勉強会に参加してきました^^

当院は今月ユニットの増設と改装をする予定です。その改装に合わせてCTスキャンなどの最先端のデジタル画像診断機器を導入しようと考えております。

CTスキャンは現在たくさんのメーカーから様々な機種が出ておりますが、それぞれ特徴があります。各々のCTの性能はもちろん素晴らしいのですが、値段が安くても1000万円、高いのは2000万円くらいとかなりお高いので、私の診療スタイルにはどの機種が適しているのかそして患者さんにどのようなメリットを提供することができるのかを見極めるために、11月9日は福岡でカボジャパン主催の最先端の画像診断機器に関する勉強会に参加してきました。

講師は青森で開業されている梅原一浩先生で、テーマは「補綴領域から考察するデジタルソリューションの潮流」~デジタル機器を用いた歯科臨床の現状と近未来について~でした。

おそらく年末までには医院の改装と新しいユニットの導入、最新鋭のデジタル画像診断機器も導入できると思いますので、導入でき次第、みなさんにお披露目していきたいと思います。

ミラクルデンチャー研修会に参加してきました

10月25日は診療終了後大阪に飛び、26日は朝から夕方までミラクルデンチャーの研修会に参加してきました。ミラクルデンチャーは私が知りうる優れた部分義歯の一つです。初めはただの普通のノンクラスプデンチャーと何の変わりがあるの?と思っておりましたが、研修会を受け、その理論を学び、実際のものを実際手に触れてみてみると、いままでのノンクラスプデンチャーとモノが違うというか、格が違うというか、今までのノンクラスプデンチャーの欠点を解消した、患者さんにとってとても有益な義歯であることが分かりました。

 

私自身様々な義歯を患者さんの困りごとや、悩み、要望や、予算に応じてその患者さんにもっともあった義歯をご提案しておりますが、今回のミラクルデンチャーは私の中の義歯のラインナップの中の一つとしてぜひ入れたい義歯となりましたので、私自身にとっても今回の研修会はとても有意義な勉強会でした^^

今回の研修会内容を現在の臨床の中で応用し、私の中でのミラクルデンチャーの特徴、利点や、欠点、適応症例や応用方法がまとまり次第、ミラクルデンチャーを患者様にご提供させていただきたいと思います。