2014年 4月 の投稿一覧

本年度初のティップランエギングでの春イカ狙い

4月13日は江口漁港から出る秋太郎という船で今が走りのティップランエギングによるアオリイカを狙いに行きました。秋太郎とはバショウカジキのことでこの船の船長はシーズンになると秋太郎漁を主にやっている船なので船の名前を秋太郎にしたそうです。バショウカジキとはこんな魚です。釣り吉三平の中ではブルーマーリンといわれている呼ばれていた大物釣り師憧れの魚です。僕もまだ1度も釣ったことがないので、一度は釣ってみたい魚の一つです^^

もともとこの日は錦江湾の湾口にみね丸でちょろ釣りで真鯛を狙う予定でしたが、大潮で潮が速すぎて、しかも天候も悪く時化るから釣りは中止にした方がいいと判断された状況でした。しかし釣り欲満々だった僕はこんな日でも出れる船を探して探しまくったところ、秋太郎が前々日にアオリイカが船中で15杯くらい上がって少しづつ上向いてきたとの情報が入ったので、秋太郎に連絡したところ、天気は雨で濡れるけどそれでも良ければ出すよとのことで秋太郎に決めさせていただきました。

出航予定時刻は6時、5時40分くらいに港について準備を始めました。同船者は出水から来られた方で、もともと宇治群島にジギングに行く予定だったけど出航中止になり、それでも釣りに行きたくて来た僕と似たような方でした^^

この日は朝から雨で午後からさらに強まる予報で、釣りできても午前中かな?って言う感じでした。ポイントについて僕と出水のお客さんと、船長の3人で竿出しました。風が強く、雨も強く、どてら流しの船が流されるため、とても釣りにくい状況。 最初の1時間は流れも速くほとんど釣りにならない状況。40グラムの餌木を沈めてもなかなか底が取れない。

流れが緩くなった時に待望のあたり、すかさず合わせると上がってきたのは大きなサバふぐでした。

気を取り直して餌木をしゃくっていると、、出水のお客さんにヒット。800g位のアオリイカでした。僕も負けずに竿先に集中しているとかすかなあたり。すかさず合わせるとヒット!ヒットした瞬間から走る走る!およそ30メーターくらいは糸出されたのではないでしょうか。ドラグが思いっきり出て音が鳴る。この走りは2キロオーバーか。と思いつつやり取りをしていたら、船長がもう少しドラグをきつめたら、との悪魔のささやき。さすがにこれ以上糸を出すわけにはと思いドラグをきつめた瞬間痛恨のバラし。身が切れたのが餌木が外れたのかわかりませんが、すかさず追い抱きを狙って緩めましたが、ヒットせずでした。

その後微妙なあたらりがあり合わせるもイカの足先だけが上がってきたりはありましたが、その後再び川のような流れとなり、あたりもなくなってしまいました。もともと14時納竿予定でしたが、雨でずぶぬれで、風は強く、あたりもないので13時には上がることにしました。

出水からのお客さんは流れが緩んだ時にもう1杯追加して合計2杯。僕と船長は坊主という結果になりました。船長はティップラン最近上向きだったんだけど…とおっしゃっておりましたが、天候には勝てませんでした。

みね丸のベテラン船長の判断はやはり正しかった。天気が悪いときは釣りをせず、家でゆっくりしてろという教訓を得た一日でした。

桜島野尻のいけす周りのアジ釣り

 

4月3日は釣好きの患者さんHさんと患者さんの釣り仲間の方のNさんと3人でNさんの船で錦江湾に釣りに行ってきました。Nさんは錦江湾の鹿児島港に船を所有されて約20年のベテラン釣師。いつも元気なHさんは横浜に船を3艘所有されていて、またもともと飛行機のエンジン関係のお仕事をされていてエンジンに関してはプロ中のプロの方で、いまはNさんの船の機関長をされていらっしゃるそうです。そんな船のエキスパート2人に招待され、はじめてご一緒させていただきました。

 ベテランの釣りは朝のスタートもゆっくりで、集合は8時、釣具屋で餌を購入し、8時30分ごろ出航に至りました。いつもは朝早く出てあまり寝ずに釣りをすることが多かったので、久しぶりにゆっくり寝てから釣りのぞむことができました^^

 事前にHさんとNさんが当院にいらっしゃっていただき、打ち合わせをさせていただいたところ、小型のボートでアンカーは打たずに、養殖いけすの空ブイにロープで固定して釣る釣り方のようで、真鯛が来るときは大きいのが来るし、アジやサバが釣れる時もあるし、シーズンによってはカンパチなどが釣れるとの事前情報を得ておりました。またHさんは鉛80号のガッサイ釣り仕掛け。Nさんは鉛80号の片テンビン1本針仕掛けでやるとのことでした。

 僕は一時期電動リールで釣りすることが多かったのですが、なんだか当たりがあってから合わせも向こう合わせ、巻き取るのも電動リールで上がってきた魚をすくうだけでは、なんだか“釣った”感が乏しくて、ティップランエギングや、一つテンヤ釣りのように小さい当たりを取って、掛け合わせるほうが“釣った”感があって楽しいと感じるようになっていたため、基本ライトタックルで釣りをすることにしました。竿はダイワのエメラルダスのメタルトップ、リールはシマノのセフィアC14+、道糸はPEの0.6号にリーダー3号。仕掛けは真鯛胴つき下かご仕掛け3本針12号。水深が50メーター前後と聞いたので鉛は10号から30号までを用意しました。この釣り方は僕が熊本にいた時代に天草の釣り筏で真鯛釣りをしていた時の仕掛けの応用編でした。天草姫戸の筏では水深約25メーターぐらいの養殖いけすの近くの筏から、ハリス2号くらいの細仕掛けで、冬場など食いが渋い時に真鯛が虫エサなどの生き餌をほんの少ししか食い込まない時に、その一瞬の吸い込んだ時を掛け合わせる釣り方で、その一瞬のあたりが取れる人はたくさん釣れて、そのあたりが取れない人や、太仕掛けで置き竿にしている人には全く釣れない経験から生まれた仕掛けです。天草ではダゴチン竿に鉛は2号のさらに細仕掛けで釣っていたので、その釣り方そのものは使えなかったのですが、、鹿児島に来て覚えたティッップランエギングや、一つテンヤ釣りなどの釣り方や仕掛けを組み合わせて今回の釣り方を考えてみました。

 今回は鹿児島港から出港して約15分くらいのところに位置する野尻のいけすに行きました。Nさんの釣り仲間情報によると、最近この野尻のいけすあたりで、約8キロクラスの真鯛が上がっているとのことで期待に胸を膨らませました。

 釣り場につき、まき餌と仕掛けをつくり第一投、全く当たりもなく、餌も付いたままで帰ってきました。最初は鉛を10号をつけてみたのですが、かなり流されるようなので15号に変更しました。最初の数投は魚を寄せる目的なので、短時間で空合わせをし、魚を集めることに専念しました。その後数投するも当たりがみられず、魚探を見ると全く生命反応なし。移動しようかどうしようか迷って、Nさんはお友達に電話をして情報収集するも、どこもあまりぱっとしない状況とのことでした。するとNさんの電話中にNさんの竿にあたりがありました。上がってきたのは35センチくらいのサバでした。僕はNさんが電話終わり次第移動するつもりで竿を上げて待っていたところだったので、群れが回ってきたのかと思い、慌てて仕掛けを投入しました。すると竿先に明確なあたりが来ました。素早く合わせを入れるとヒット!細仕掛けなので引く引く!PE0.6号なので慎重にやり取りし、上がってきたのは35センチくらいの大アジでした。釣り上げた後すぐに仕掛けを入れるも後が続かず、その後も釣れない時間が一時続き、その後さらに1匹、そして一時おいてさらに1匹と連発はないけどポツポツ釣れる感じでした。だいたい釣れるアジは刺身サイズの大アジばかりで小さいのは全く釣れませんでした。

 結局2時まで釣って、私が35センチサイズを4匹、Nさんがサバ1匹にアジ2匹、Hさんはボーズの結果になりました。

この日は真鯛が出なかったのは残念でしたが、薄曇りで天候もよく、波も穏やかで釣りをするには最高でした。

 大アジは自らさばいて2匹は刺身にし、2匹は塩焼きににし、刺身で出たアラと、真白と白子を入れて味噌汁にしました。釣りたてのアジの味噌汁は頭の部分から出るだしが最高で、さらに真子や白子のうまみが味噌汁に出て抜群の美味しさでした!刺身も最高!塩焼きも最高!に美味しくて、嫁さんも子供たちも無言で争うようにして食べました^^