2013年 12月 の投稿一覧

エピオスエコシステム導入完了と院内勉強会

12月22,23日でえなつ歯科・矯正クリニックに鹿児島県初導入のエピオスエコシステムの導入工事が完了し、12月24日よりエピオスエコシステムをの運用を開始さえていただきました。

実は敏感な方はすでに歯科医院のユニットが細菌によって汚染されているということに気が付いていて、このことは日本歯科医師会でも取り上げられ、社会問題となっております。患者さんの治療をした際にタービンやエンジン、その他の機器から出た水は患者さんのお口の中で反射した勢いでタービンの中や、コントラ、超音波スケーラー、シリンジなどに逆戻りし(これをバックスキャッドといいます)水の流れが止まった診療終了後にユニットの中で増殖し、ひどい場合は1CCあたり10万個の細菌に汚染されている歯科医院も多数あることが知られております(法律では水1ccあたり再菌数が100個以内でないといけません)。当院では最善の予防治療を行う上でこの水質汚染の問題を避けて通ることはできないと判断し、ユニット内を流れる水、タービン、エンジン、シリンジ、超音波スケーラー、手洗い、消毒コーナーから出る水のすべてから殺菌水を流すことができるエピオスエコシステムというのを導入しました。このシステムは治療を受ける患者様、そして当院で働くスタッフの皆様の健康と安全に大きく寄与するものと確信いたします。

詳しい内容はエピオスビューepios_gaiyouをみられてください。

システムの導入に伴い、12月26日は訪問地無のスタッフも合わせて院内勉強会を行いました。また1月20日から最善の予防歯科治療であるTHP(トータルヘルスプロモーション)を開始するための勉強会とトレーニングを行いました。スタッフそれぞれに役割を分担し、それぞれの職種ごとになすべきことを確認いたしました。このエピオスエコシステムの導入により私が目指す究極の理想形の歯科医院に一歩近づいたことを嬉しく思います。

時化の中の硫黄島、黒島ジギング

 

昨日22日は枕崎から栄真丸http://eishinmaru.pya.jp/に乗って離島ジギングに行ってきました。

今回は釣り仲間4人と、他のお客さんとの乗り合いで合計8人での釣行となりました。出航時間は朝の5時予定でしたが、前日までが大しけだったため、出航時間を遅らせ6時に出航することになりました。

潮まわりは中潮の3日目、満潮は朝の9時57分だったので、上げ潮からの釣り開始となりました。沖に出るとやはり風はかなり残っており、波もありましたが、釣りできないほどではありませんでした。

朝8時硫黄島沖に到着し、最初はお土産を確保すべく、底ものを釣りましょうと船長の指示、水深約60メーター、風がかなり強く、潮がかなり早いのと、栄進丸はどてら流しであまり船長が糸を建てることをしないようなので、軽いジグだと糸がどんどん流される状況でした。

この日の私のタックルは大物狙いハイピッチジャーク用にダイワのシーボーグプラス、ジギングロッドの電動ジギングセット、シマノのオシアジガープラスエバーグリーンのポセイドンのスロージギングセット、鯛ラバや、インチク用にシマノのライトジギングベイトタックル、あといざナブラが立った時用にダイワのソルティガのキャスティングタックルを用意しました。

最初に根魚狙いで鯛ラバの100gを落としましたが、ラインがどんどん出て隣のお客さんと絡みそうだったので、すぐにスロータックルに変更しました。しかし、タックルケースの中をのぞいてみると、なんと痛恨のスロージグセット忘れ!唯一ロングタイプのスロージグのスパイ5のみが入っていたのみでした。

早速スパイ5を落として数投後、40センチくらいの高級魚アカハタがヒットしました。船長いわく、ここでは最高10キロくらいのハタ(アラ)が釣れるとのこと。気合を入れて数投後強烈な当たり、底からなんとか離そうと必死に巻いたのですが、引きが強すぎて疾走を止められずそのまま痛恨のラインブレイク。貴重なスロージグを前半戦にロストとしてしまいました。

その後ライトタックルにインチクをつけアカハタを2匹追加しお土産釣りは終了しました。その後は少し深場のポイントでカンパチなどの青物や、アラなどの底物両方狙いに切り替えました。私は300グラムのグローカラーのロングジグに変え、底まで落としてしゃくりまくりました。そしてその2投目底まで落として底を切り2しゃくりめ突然大きな当たりが来ました。もともと底物のアラか、カンパチをターゲットにしておりましたので、糸を出したら根に潜られたり走られたりしたら切られる、と考えたので、ドラグはフルドラグに締め、電動リールは最大パワーで巻くようにしました。ところがフルドラグで最大パワーで巻きあげたのですが、全く糸は巻けず、糸はどんどん出されていきました。慌てて糸を抑えましたが、あまり力が強すぎて止めたくても手が切れそうで止めるのが怖いくらいに糸が出ていきました。その後船長を始め、船内の釣り人の皆さんが仕掛けを上げ、僕のやり取りを応援していただきましたが、糸は止まることなく出ていくばかり。道糸PE6号、リーダーフロロカーボン20号5メーターなのでそんな簡単には切られることのないタックルだったので力任せに寄せようとした20分後、限界に達したリールがとうとう壊れてしまいました。ドラグは壊れ、ハンドルでも全く糸を巻けない状態になってしまいました。私は茫然自失、あまりの魚のパワーに「なすすべなし」という心境になりました。その後他の釣り人が手伝ってくれて糸を手繰り寄せようとしてくれましたが、80メートルで掛けたラインが220メーターまで出されてしまいました。しかし健闘むなしく20号のリーダーが途中でぷっつりと切れてしまいました。船長いわくおそらく最低でもカンパチの30キロ以上、下手したら50キロから80キロあったかもとのことでした。十分に魚の引きは楽しめたし、興奮できたのですが、はじめて魚に対して恐怖感を覚えました。

その後は湯瀬、黒島と攻めましたが、天気予報に反して海が時化てきて、アカマツと落とし込み途中にかけたシイラを追加したのみでした。

釣りが終了したのが17時30分、それから枕崎の港に帰ってきたのが、20時くらいでした。さすがに家について21時30分から魚を捌く気にはならなかったので紫原の江戸寿司さんにお魚を任せ、お造りと寿司にしていただきました。アラの刺身や寿司は当然おいしかったのですが、釣り人があまり喜ばないアカマツがすごくおいしかったのにはびっくりしました。

 

 

 

 

広尾高校同窓会&銀座でショッピング

遅ればせながら12月7日は午前中の診療終了後東京に向かい、広尾高校の同窓会に出席してきました。

1年前は24年ぶりということもあって50人くらい集まりましたが、今年は18人くらいの集まりでした。同級生のジャーナリスト上杉隆http://uesugitakashi.com/も来てました。

 

次の日は全くのOFFだったので、銀座の街で買い物&散歩を楽しんできました^^銀座の街はすでにクリスマスムード。

先日東京モーターショウで発表された日産のNEWスカイラインやスーパーカーが展示してありました。

バーニーズニューヨークでシルエットがきれいなヤコブコーエンのホワイトデニムhttp://www.nakagawa1948.co.jp/GOODSDETAIL-2119とちょっとおしゃれなプーマのスニーカーを発見し、この2点を買いました。あとは阪急メンズ館で、ジョージジェンセンhttp://www.georgjensen.com/jp/jewellery/necklacesのアクセサリーが気に入ったのでこれらを買って鹿児島に帰ってきました。久しぶりに一人きりの贅沢な時間を過ごさせていただきました^^

シーズン開幕!甑島のヒラスズキ&クロ釣り^^

昨日12月5日は診療休診日だったため甑島瀬々野浦の沖磯に釣りに行ってきました。

今回はシーズン開幕走りのクロ釣り狙い、サラシが出てればヒラスズキ狙い、潮通しが良ければ、ヒラマサなどの青物狙い、それでもだめならエギングでのイカ狙いとちょっと欲張りな準備をして臨みました。甑島に磯釣りに行くのは20年ぶりくらいで、最近は甑島といっても船からイサキをクーラー2杯分釣ったり、尾長50センチオーバーを釣ったり、アカイカを釣ったり、ジギングで狙ったりがほとんどでした。その分イメージ先行で期待感ばかりが膨らんでおりました^^

 

もともとはナポレオン隼という串木野港から出る船に予約を入れていたのですが、前日に「お客さんが集まらなかったので明日は中止します。」という悲しい連絡が入りました。そこで慌てて串木野と川内の船に電話をかけまくったところ、川内港から出る永福丸が出るということで予約を入れなおしました。

3時に川内港出港とのことで少し余裕をもって1時に家を出ました。睡眠時間はたった3時間でしたが、永福丸は船内が広く、ゆっくり寝れてかなり快適な船旅でした。瀬々野浦周辺の磯はナポレオン岩に代表される奇岩が多く、比較的足場のいい釣り場が多いようでした。釣り場に到着したのが5時、僕は船長にヒラスズキとクロ両方狙えるところに乗せてほしいと依頼をしておりました。平日でほかの船も出てないので、瀬渡しの釣り客は永福丸の5人だけで、僕は1番に広くてとても足場の良いポイントに降ろしてもらいました。

まずは早速撒き餌を作り、上がった瀬の中で一番良さそうなポイントに撒き餌を撒きはじめました。撒き餌を撒きながら、まずは尾長狙いの仕掛けを作り、次にヒラスズキタックルを作りました。

約1時間ほど撒き餌を撒いたところで仕掛けを投入しました。タナは約1ヒロ、1投目から早速浮きに反応がありました。上がってきたのは名前もよくわからないエサ取りでした。その後も釣っても釣ってもエサ取りとイスズミばかりでした。

日が上がってきてクロの気配が全くなかったので、ヒラスズキ狙いのルアーを投げてみました。ところが磯の周囲はベタナギで、ヒラスズキの気配すらありませんでした。その後ルアーをシンキングペンシルに変え、磯周りの回遊魚やヒラマサを狙ってみました。ところが青物もらしき反応も全くありませんでした。

7時近くなり日が上がってきたのでクロ狙いをハリス3号の仕掛けに変えました。ところが釣れてくるのはイスズミばかり、型のいいのも混じるため、やり取りは楽しめるのですが、一向にクロは釣れませんでした。

撒き餌を撒き続ければ、クロが集まってくると思っておりましたが、撒けども撒けどもイスズミばかりなので、10時30分ごろ同じ瀬の中の水道側に移動し、残りの2時間に勝負をかけました。

最初の30分は撒き餌だけに集中したところ、反転流の中にちらほらクロらしき影が見えるようになりました。その後仕掛けを投入するも上がってくるのはやはりイスズミでした。そしてあきらめかけていた11時30分頃、瀬際出かけた魚がオーバーハングした瀬際に突っ込むような引きを見せました。またイスズミかと思ってやり取りしたところ、上がってきたのは40センチ近くの甑サイズのクロでした。

その後も粘りましたが、結局クロはこの1匹で納竿となりました。とりあえず、お土産を持って帰ることができたのですが、久しぶりの磯釣りはゆったりのんびり、考えながらいろいろなことが試せるところがとても面白かったです^^甑のクロは1月が最盛期のようなので、最盛期にはもう一度くらいはチャレンジしたいと思います^^

 

 

トータルヘルスプロモーション(THP)院内勉強会

11月27日は病院を一日お休みにしてトータルヘルスプロモーション(THP)の院内勉強会を行いました。トータルヘルスプロモーション(THP)とはお口を通して全身の健康増進を行うことで、当院にて年明けよりスタートするデータ管理型の予防プログラムのことを言います。

当院では「患者さんがもう二度と虫歯や歯周病でつらい思いをしたり、大切な歯を失ったりすることがないようにするための最善の予防処置を行いたい」といろいろ研究したところ、データ管理型の予防プログラムに行きつきました。人が一生のうちに歯を失う原因となるのは約50%近くが虫歯が原因、50%近くが歯周病が原因、残りがかみ合わせや、咬合力といった力のコントロールの問題、メタルコアなどの素材や治療方法の問題です。これらの原因をさらに細かく分けると以下のようなリスク要素に分けることができます。

 これらのリスクは個人個人によって異なるため、それぞれのリスクに関して正確に検査をし、リスク値が高いところのリスクを具体的に減らすように対策し、リスク値をある一定基準以内に収めるように管理していくことにより、虫歯や歯周病で歯を失うリスクを限りなくゼロに近づけるプログラムのことです。

この日の勉強会ではまずバクテリオセラピーの勉強会を講師の先生をお呼びし行いました。大まかな内容は以下の通りです。

Bacteriotherapy
バクテリアセラピーとは

「治療」から「予防」へ。
バクテリアセラピーは私たちのからだのなかから健康をつくるスウェーデン式取組みです。

  
『バクテリアセラピー』とは、先進のバイオテクノロジーの研究によって解明されている
すぐれた善玉菌を体内に補給し、悪玉菌の力を押さえ込んでいこうという取り組みです。

therapy_chart健康な人の体内には、もともと悪玉菌と戦う強い力をもった善玉菌がたくさん共生していました。しかしながら、ストレスや食習慣の変化など要因はさまざまですが、強い力をもつ善玉菌が現代人の体内から失われてつつあるということが、近年の研究で明らかになってきています。

同様に、もともと体内にいた善玉菌には特に優れた力をもつ善玉菌がいることも、最新のバイオテクノロジーの研究でわかってきました。この特に優れた力をもつ善玉菌を、『プロバイオティクス』と総称します。

 
 

バクテリアセラピーの安全性

05_077MohterAndChild薬剤治療やストレスなどで失ってしまった、もともと人の体内に常在していた善玉菌を補給する方法ですから、きわめて安全で自然な方法です。

ですから、乳製品などのように余分な脂肪分や糖分とともに補給する必要がなく、食事制限が必要な方や妊娠中の方、新生児から高齢者の方まで安心して善玉菌だけを補給することができます。

 
 

バクテリアセラピーの実績

07_157WorldMap私たちバイオガイアが世界で初めて提唱した『バクテリアセラピー』は、現在欧米の小児科や産婦人科、歯科口腔外科、消化器内科、介護高齢者施設などを中心に、世界52ヶ国以上の医療現場で採用されています。

また世界中で行われている4,000余りの臨床治験は国際的に認められ、権威のある医学誌に掲載されています。

 
 

バクテリアセラピーに適した乳酸菌

01_004_2Lreuteriただ単に善玉菌といっても、実はいろいろな種類が存在しており、それぞれの善玉菌によって好んで住む体の部位やはたらきは異なります。

薬で例えるならば、おなかにはおなか用の、お口にはお口用を服用しなければならないように、善玉菌にもそれぞれの特徴や得意とする分野があります。

摂取するには専門家のアドバイスが大切だと考えます。

 
 

乳製品などの市販の食品での補給

05_099SuperMarket

残念ながら、乳製品であれば何でも良いというわけではありません。

例えばヨーグルトであれば、余分な脂肪分や糖分が含まれており、虫歯の原因になることもあります。

また、アレルギーの方や食事療法をされている方などは、乳製品を大量に食べることはかえってマイナスになることもあります。

大切なのは、自分にあった善玉菌を選び、余分なものは極力抑えて純粋に善玉菌を摂取するようにすることです。

次に大阪からお呼びした講師の先生にも加わっていただき、年明けからスタートするトータルヘルスプロモーション(THP)が実際患者様に提供できるようにするための流れの確認や、ロールプレイング、役割分担と実践練習を行いました。

今年の夏ごろから始めたTHPの準備ですが、スタッフレベルでも大分意識も高まり、個々の知識や技術も向上してきたので、年明けに照準を合わせて完成度の高いものを提供できることをを目指して頑張りたいと思います^^