2013年 7月 の投稿一覧

甑島周辺ジギング

7月15日は川内港から恵比寿丸に乗って阿久根沖、甑島周辺をジギングで回りました。

最初はまずはお土産確保のために上甑島周辺でハガツオを狙いをしました。

恵比寿丸は船のエンジン調整のためしばらく出船できず、この日の前日からようやく出船したようですが、前日はハガツオが爆釣で、横紋ハタやうっかりカサゴなどもたくさん釣れたと船長が言ってました。

その前日の爆釣ポイントに行ってみると、ベイト(小魚)の反応はぎっしりあるのにジグをいくら落としても全く反応がないという状態が続きました。ようやく食ってきたのも食べてもおいしくないといわれるソウダガツオばかりでした。

場所を何度か移動していくうちにようやくハガツオの活性があるポイントを見つけることができまして、船中ほぼ全員安打で40センチ位のお土産のハガツオを一人4~5本釣り上げました。

その後は少し余裕を持って、他の魚を狙ってみました。

僕は今回は電動ジギングをハイピッチジャーク用で1本、スロージギングタックルを1本、タイラバタックル1本、キャスティングタックル1本の合計4本のタックル構成で臨みました。

キャステイングでは何回かナブラがたったので、4~5回キャストしたのですが、あっという間にナブラは消えてしまいノーヒット、初めてのスロージギングタックルではハガツオ2本、ソウダカツオが2本、タイラバタックルでは40センチクラスの横紋ハタ1本と、30センチクラスのうっかりカサゴ1本を追加しました。

ひとしきり遊んだあと再び電動ジギングで青物狙いに変えたところ、竿先が海中に引き込まれるようなものすごい当たりが来ました。最初は地球を釣ったのかと思いましたが、ドラグがどんどん出るので、必死で底を切るようにハイスピードで電動を巻きました、しかし少し上がっては走られて糸を出され、巻いては糸を出されを繰り返し、かなりの大物がかかったことは間違いありませんでした。船長がこの日初めてタモを用意してくれて、上がってくる魚に備えました。格闘20分の末、上がってきたのは90センチ9キロの丸々太ったブリでした。

その後あまり釣れない時間帯が続き、帰りながら、阿久根周辺のいくつかポイントを回って変えることになりました。

船長いわく甑周辺はヒラス(ヒラマサ)が多いけど阿久根周辺はヒラスは少ないから根魚狙いをし他方がいいとのことだったので、タイラバタックルで根魚狙いをしました。ところが途中で根がかりをさせてしまい、今さらラインシステムを組むのも・・・という感じになったので、僕は再び電動ジギングを最後までやりきることにしました。

すると最後のポイントに差し掛かった時に僕の竿に強い当たりが来ました。ハガツオとは明らかに異なるあたりだったので慎重にやり取りを行っていると、上がってきたのは3キロ弱のヒラス(ヒラマサ)でした^^

この日は15時に港に上がったので、そのまま桜ヶ丘のAコープで魚をさばいてもらいました。

ハガツオは刺身とハガツオ丼にして、ブリは切り身にして冷凍、横紋ハタとうっかりカサゴは刺身、ヒラスは刺身とムニエルにしました。

ヒラスは生まれて初めて釣りましたが、刺身が何とも言えず極上の味、ムニエルにしても明らかにうまさの違いが分かりました!!僕の中のうまい魚ランキングで明らかに上位に入りました^^

みなさんお魚コーナーでヒラス(ヒラマサ)あったら是非一度食べてみてください。絶対お勧めです!!

鹿児島大学硬式テニス部主催のダブルスオープンテニス大会に参加してきました^^

前日の壮行会の二日酔い冷めやらぬ7月15日、鹿児島大学硬式テニス部主催のダブルスオープンテニス大会に参加してきました^^

場所は桜ヶ丘にある鹿児島大学歯学部硬式テニス部コートで行われました。

私は鹿児島大学卒業以来のテニスの大会参加でしたので、15年ぶりに歯学部のコートに戻ってきた感じでした^^

チームはレギュラーのメンバーと下級生がくじ引きでペアを組む方式で、僕は3年生で身長185センチくらいある山形君とペアを組みました。

山形君は大学からテニスを始めて、テニス歴は2年とのことでした。

 

試合の方は予選で今回優勝ペアとなっったテニス歴14年の信也君と当院でバイトしている現在シングルスナンバーワンの白濱君ペアと対戦しました。ここでどちらのペアにも敗れてしまい、僕たちのペアはコンソレーション(敗者復活トーナメント)に参加することになりました。

コンソレーションでは女子のダブルスナンバーワンペアと試合をし、その後現男子キャプテンの宮原君と試合をし、2連勝し、なんとコンソレーショントーナメントで優勝してしまいました^^

炎天下で9時から16時まで、途中少しくらっと来ましたが、自分でもよくできたと思いました^^

今回OBの参加は僕だけでしたが、後輩たちから「先輩まだバリバリっすね!またぜひ試合参加してください!!」って言ってもらいました。

次回はレギュラーメンバーと試合しても互角に試合ができるよう、練習を誓った1日でした^^

鹿児島大学歯学部テニス部オールデンタル壮行会に行ってきました!

7月13日は鹿児島大学歯学部硬式テニス部のオールデンタルテニス大会の壮行会に参加してきました^^

オールデンタルとは毎年夏に開催される全国の歯学部の各部活動が競い合うスポーツ大会です。普通の大学であればインカレの歯学部版みたいなやつです。

テニス部も毎年参加していて、どこの歯学部のテニス部もこのオールデンタルでの勝利を目指して日々練習している1年で最も熱い大会です^^

 

私は24歳で鹿児島大学の歯学部に入学しましたが、小学校時代は少年野球、中学校時代は3年間卓球部、高校時代は応援団、浪人時代は草野球、と全くテニスには無縁の生活をしておりましたが、

なぜか大学に入学してから歯学部系ではテニス部に入部し、本学系では釣り研究会に入部しました。

テニスが初心者だった僕はテニスボールを打とうとすると、野球打ちになってしまったり、卓球打ちになってしまったり、なかなか最初はまともにボールが打てませんでした。

同期でテニス部に入部したのは6人で、みなほとんど硬式テニスは初心者でした。したがってスタートラインが一緒なので、同期には負けたくないという思いと、いつか先輩みたいな華麗なテニスがしたいという思いで、とにかくバカみたいにテニスをしたのを覚えております。

まずはほぼ毎日朝練をし、授業が休校になったらテニスをし、時には出席だけとったら、授業を抜け出してテニスをしていたこともありました。授業が終わってからの部活が週4回、それでも飽き足らなくて、夜に週4回テニススクールにも通っておりました。

さすがにそこまでやると、テニスも徐々に上達し、同期には負けなくなり、2年生になって、オールデンタルのレギュラーを決める部内の大会では先輩たちに全員勝てるようになって、2年生でシングルスのナンバーワンになることができました。その2年生で出たオールデンタルで初勝利を挙げることができたのもとてもいい思い出として、今でも思い出すと胸が熱くなります。

その後3年生の時がシングルスナンバーワン、4年生、5年生、6年生がダブルスに転向し、ダブルスナンバーワンを務めさせていただきました。それだけにオールデンタルには大きな思い入れと熱き思いが今でも心に残っております。

 

今回のオールデンタルの壮行会には1期生の植村先生、中島先生、石橋先生がご出席くださいました。皆さん現役時代はテニス部のキャプテンを務めた先生方でやはりオールデンタルと聞くと胸が熱くなる方たちばかりです^^

テニス部の飲み会といえば、昔はストームというコールで一気飲みをするのが恒例で、大体1年生から上級生まで全員やるというのが当たり前でしたが、今は店も一気飲みをすると追い出されてしまったりするのと、学生自体もあまりお酒を飲まなくなったのか、とてもまったりした飲み会でした。

 

今回レギュラーに選ばれたメンバーから、オールデンタルでの抱負を語っていただき、必勝を宣言していただきました^^ちなみにシングルスのナンバーワンはうちでアルバイトをしている白濱君です。後輩たちがんばれよ!!

夜釣りのイサキとアジ釣り

遅ればせながら、6月29日の診療終了後、一気に車を飛ばして、久志漁港からみね丸にて夜釣りで旬のイサキと産卵期のアジ釣りに行ってきました^^

もともとは草垣群島に泳がせ釣りで大型カンパチとアラ狙いに行く予定でしたが、梅雨全盛の影響で離島周りは波やうねりが大きく、近場でイサキとアジ釣りになりました。

この時期のイサキは梅雨イサキといって、1年中で一番脂がのっていておいしい時期です。また僕の中での塩焼きランキングのナンバーワンがこの梅雨時期に連れた脂の乗ったイサキの塩焼きなのです!

港に向かう車の中から、頭の中は梅雨イサキの塩焼きのことで頭が一杯でした^^

沖に出てみるとうねりが強く、船は結構揺れました。

診療終了後そのまま酔い止めも飲まずに港に向かったため、前半は船酔いとの戦いでした。

撒き餌が効くまでは数回かかりましたが、徐々に魚がよってきて、釣れだしたかと思ったら、船が流されてポイントから外れるとパタッとつれなくなったりを繰り返し、2時間後にとうとう入れ食いモードに突入しました。天秤仕掛けにハリスは3ヒロ、チヌ針の5号を3本つけた吹き流し仕掛けで臨みましたが、いい時は3本針に35センチくらいのイサキが3匹という時がありました^^

大型クーラー8分目くらいまで釣って納竿となりました。

やっぱり梅雨イサキの塩焼きは何度食べても旨い!!の一言でした^^

 

インプラント希望で来院された患者様が65歳でインビザライン矯正治療をすることになったお話し

先日川内から60代の患者様がいらっしゃいました。

主訴は他院で歯を抜いたところをインプラントしてほしいというご希望でした。

わざわざ川内から何でうちにいらっしゃったのかとお伺いしたところ、「よく話しを聞いてきくれて治療が痛くない」という評判を聞いてのご来院だったようでした。

カウンセリングを行い、お口の中の診査とレントゲン撮影などを行い、さらにお口の写真を撮ってみたところ、右下6番がすでに他の歯科医院で抜歯をされていて、さらには左下6番も歯根が破折して抜歯せざるを得ない状態でした。

主訴が「インプラントをしてほしい」なので、通常は下顎左右の6番のインプラントをして、あとどうするかというお話しになるところですが、

その患者様は前歯が反対咬合で叢生(ガタガタの歯並び)になっており、その噛みあわせのせいで咬合性外傷を起こしていおりました。

そのことも本人は非常に気にされていて、「できれば歯並びもきれいにして噛みあわせもよくしたい!」とのことでした。

さらにはご自身の歯はできるかぎり削りたくないのと、できれば取り外し式の入れ歯もしたくないというご希望でした。

ご希望通りインプラントをすることは難しくなさそうでしたが、その他のご希望を叶えるためには前歯を大きく削って、補綴矯正といって、かぶせるタイプの歯で前歯の歯並びと噛みあわせをいっぺんに治す必要がありそうでした。

そこで患者様のご希望をできる限りかなえるために、当院が総合歯科であるという利点をフルに生かして、インプラントをせずにまたできる限り歯を抜かないで、入れ歯もせずに治す方法を考え、提案しました。

そのご提案は、歯を抜いたところをインプラントで補うのではなく、その抜けたところのスペースを利用して反対咬合の前歯を後方に下げ、歯並びをきれいに整え、噛みあわせを改善するのとともに抜けたところのスペースを補うという方法でした。

「そんな発想や方法は前の歯科医院では聞いたことがないし考えたこともなかった、そんなことができるの?」と驚いていたのとともに、それができるならぜひ!と大変喜んでくださいました。

患者様にとって何が最善の治療なのか、固定概念や、常識にとらわれずに、様々な発想ができるように、私もまだまだいろいろな分野の勉強を今後も継続していかないといけないなー、って思った出来事でした^^