2012年 10月 の投稿一覧

肝属郡錦江町から患者様がいらっしゃいました^^

今日は午前中インプラント2本植立するオペを終えた後、肝属郡錦江町からいらっしゃいました患者様のカウンセリングを行いました。見た目が若く、しゃれたスニーカーを履いているTさんは、今まで仕事が忙しく、歯医者に行くのは痛くなった時だけ、歯石取りは痛くなって歯医者に行ったときについでにしてもらって、歯と歯の間のお掃除はほとんどしていないという、仕事に追われてお忙しい方によくありがちなお口をされていらっしゃいました。

最近は歯医者に行くたびに歯を抜かれ、歯が抜かれるたびに何度も入れ歯を作り直し、その入れ歯をかけた歯がまたすぐにぐらぐらになってしまい、ということを繰り返していらっしゃいました。いよいよ残っている歯がほとんどがぐらついてきて、根本的に治すためにはどうしたらよいか、どこかいい歯医者はないかと探されて、当院のホームページをたまたま見つけられたそうです。

最初はメールで義歯に関する問い合わせがありまして、その後メールで数回やり取りをさせていただきまして、本日に至りました。遠方からいらっしゃる分、少しでも来院回数を少なくするために事前にご不安が少しでも少なくなるようにメールでやり取りをさせていただきました。

2時間のご予約の間でカウンセリング、口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯周基本検査、を最初に終え、それをもとに残せる歯と、抜かなくてはならない歯を見極め、総合的な治療計画案を数パターン立案しました。ご希望やご予算をお伺いしたうえで、Tさんに最も適した義歯をご提案させていただきました。Tさんは上下顎同時印象法のBPSデンチャーに決まりました。

今日は歯を抜いた後に歯抜けのままのみっともない口元にならないように、歯を抜いた日にすぐに入れることができる仮義歯の型取りまで進めることができました。

Tさん2時間かけて当院に来ていただき、また診療時間もカウンセリングを含めると2時間半の長丁場頑張っていただきましてありがとうございました^^Tさんに最高の義歯が入れられるように技工士も含め、スタッフ一同頑張りますので、楽しみにしていてくださいね^^

カッパの追いコン

私の母校鹿児島大学の歯学部テニス部のことを通称「カッパ」といいます。「追いコン」とはテニス部の幹部を務めていた学年の子たちが部を引退、のような形をとることを祝して行われるコンパのことです。この日はテニス部のOBでは唯一私が参加とのことで、学生の皆さんも大いに歓迎してくれました^^僕らの学生のころは「ストーム」という鹿児島大学特有の一気飲みが飲み会では当たり前でしたが、今はお店側で一気飲みなどは固く禁じられているところが多いらしく、追い出しコンパなのに一気飲みがないという、僕にとっては逆に違和感を感じる追いコンでした。時代は変わったものです。

アオリイカサイズアップ!

10月18日木曜は午前中院内勉強会を終え、昼は妻と荒田八幡にある「地球畑カフェ 草原をわたる船(荒田店)」でヘルシーな有機野菜ランチをしてきました。

その後この日も夕方から夕まず目狙いで平川にアオリイカ狙いに出陣しました。今回は2回あたりがあり、1杯をゲットしました^^サイズは約800グラム!一潮ごとに大きくなっていくことを感じました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎機能検査装置(アルクスディグマ2)実践研修会

25日木曜日は午前中診療をお休みさせていただきまして先日導入したばかりの顎機能検査装置(アルクスディグマ2)の実践研修会を開催しました。

 

受付の今村さんが顎の調子がちょっとおかしいとのことで、今回は今村さんに被験者になっていただきました。最初はコードが外れているのに気がつかず機器がうまく動かなかったり、操作方法が不慣れなため、時間がかかりましたが、後半になるとみなさんだんだん機械の操作に慣れてきてより患者さんが楽に検査を受けていただけるような工夫やアイディアが出てきて、いい勉強会になりました。この機械は顎関節症の方などの診断に威力を発揮するので、深刻な顎関節症の方などは当院にらっしゃるといいかと思います。

アルクスディグマ2

アルクスディグマ2は超音波測定によるデジタル式顎運動計測装置です。世界でも高い評価をいただいた前機種のアルクスディグマ1に磨きをかけ、歯科診療に求められる的確かつ素早い診断を実現するために様々な新しい機能を搭載し、さらなる革新的進化を遂げました。難しいとされている「正しい咬合採得の根拠」を科学的に解析したい、「噛みたい位置に噛ませる治療」を志している先生方には是非お使いいただきたい装置です。

機能

  • 咬合器用レポート作成
  • 咀嚼運動による中心位決定
  • ゴシックアーチによる中心位決定
  • 下顎ポジションの決定
  • 顎運動分析
  • EPA(複数の顎位を同座標で比較)
  • 筋電計(別途オプション)

特徴

  • タッチパネル式のコンパクトな筐体
  • ブレなくホールドするヘッドマウント部
  • 周囲の環境に左右されない超音波測定方式
  • リアルタイムに顎運動をビジュアル表示
  • プロター咬合器とのスムーズな連携

患者様にはセンサーが装備されたヘッドフレームを装着します。軽量かつ優れたヘッドフレームの重量配分は測定中の患者様への負担を軽減し、センサーは歯列に沿った位置に配したことでより正確なデーターを得ることが可能になりました。


記録されたデーターはリアルタイムでお手持ちのディスプレーに表示され患者様と術者とのコミュニケーションに大活躍いたします。これは患者様のデーターベースとして解析や診療プランの構築にお使いいただきます。


操作はタッチパネル式ディスプレー上で行なわれ、チェアユニット上でも邪魔にならないコンパクト設計がされています。(乾電池使用も可)KaVoE80・E70では専用パーツで組み込むことも可能です。


認証番号:222AIBX00026000

 

歯学部学生とのコラボ勉強会スタート!

10月24日診療終了後鹿児島大学歯学部5年生の八木君と私江夏によるコラボ勉強会が開催されました。今回のテーマは歯科治療と全身疾患とのかかわりでした。八木君初めてのパワーポイントを使ったスライド作りでしたが、約30枚のスライドを見事に作っておりました。将来が楽しみな歯科医師の卵です^^後半は私の方で八木君がまとめたスライドに基づいて実際臨床において注意しなければならないことなどのお話をさせていただきました。歯学部4年生の清水さん、歯学部4年生の原田君、歯学部4年生の白浜君、歯学部4年生の篠原君、皆熱心に勉強してました。

 

お勉強終了後今日は紫原の焼き鳥信玄で飲み放題してきました^^焼き鳥もおいしかったですが、締めのお茶漬けが妙においしかったです!

七つ島ブリ釣り&泳がせイカ狙い

今日は朝3時30分に起きて患者さんであり釣り仲間のTさんと今話題の七つ島にブリ釣りに行ってきました。以前Tさんはこの季節になると仕事の前に毎日朝練のごとく七つ島に通っていたそうで10キロサイズのぶりを4~5本あげた経験の持ち主です。彼の情報によると大分つれ始めたということだったので、今回はルアータックルと同時に泳がせ釣りも行って、イカと青物両方狙いをしてきました。

釣り場には4時30分くらいに到着しました。すでに2~3人先行者がいらっしゃいました。いつナブラが出てもいいようにまずはルアーjかけを準備し、その後生きボラの泳がせ釣りを行いました。

夜が明けて徐々にナブラがたつようになってきました。ところがナブラがたつのははるか沖の方でルアーや泳がせが届かないところばかりで、結局一度も近くには寄って来てはくれませんでした。

場所を2回ほど移動しましたが、イカも釣れずに3回目は場所を大きく変え、平川に行きました。谷山でも平川でも手前に小さいイカがいましたが、活性が低く、全然ボラに見向きもしません。その後一時たって私の竿にあたりが来ました。慎重にヤエンを投入し、1杯目のアオリイカをゲットしました。その後いくらやっても当りがないため、納竿となりました。

秋晴れで、絶好の釣り日和でしたが釣果はいまいちでした。来週はだいこん丸という遊漁船に乗りジギングをする予定なので今から楽しみです。

 

 

摂食嚥下リハビリテーションの講演会をしてきました^^

昨日は鹿児島市のグループホーム協議会に依頼を受けまして、県民交流センターにて摂食・嚥下リハビリテーションについての講演会を行ってきました。

 

 

鹿児島市のグループホームの管理者の方、ケアマネージャーの方、介護福祉士の方などグループホームに関わる方々に多数お集まりいただきました。

 

鹿児島県は現在高齢社会(65歳以上のお年寄りが7%を超える社会)となっており、郡部にいくと超高齢社会(65歳以上のお年寄りが21%を超える社会)となってきております。通院困難なお年寄りの少しでもお役な立てればと思い私たちも頑張っていきたいです。

最先端精密入れ歯に関する小冊子が完成しました^^

入れ歯先進国ドイツの義歯をはじめとして世界最先端の義歯の技術に関して今まで私が勉強してきたことを1冊の本にまとめました。

今までいくら義歯を作っても合わない方、インプラントはしたくないけど、とにかくよく噛めてよくしゃべれて見た目もよくて気持ちのいい入れ歯を作りたい方は必見です。

ただ今九州圏内の方に限りまして無料配布キャンペーンを実施しております。ご希望の方は小冊子請求ホームよりご請求願います。(歯科関係者の方はご遠慮願います)

7回忌法事と巨人最終戦と東京スカイツリー

連休は母の7回忌の法事で家族全員で東京に行ってきました。

鹿児島空港に行く途中でススキの穂に秋を感じながら、空港の駐車場でみつけたたんぽぽの綿毛に娘がご満悦で、久しぶりに写真を1枚撮らせてくれました。最近は写真に写るのを嫌がってなかなか取らせてくれないので貴重な1枚です^^

 

法事が終わり、東京ドームにて巨人対横浜DNAの最終戦を見に行ってきました。今息子が中学校で軟式野球をやっているのと、娘も巨人ファン、母も昔は巨人ファンだったので、一緒に巨人を応援に行ってきました。

試合は接戦で延長戦、坂本が3安打で最多安打を長野とダブル受賞する快挙があり、サヨナラホームランありのなかなか見ごたえのあるゲームでした。またマクドナルドがツインアーチキャンペーンというのをやっていて、両チームからホームランが出たら、来場者全員にビッグマックプレゼントという、太っ腹企画もやっていたので、うちはビッグマック4個もゲットしてしまいました^^

 

夜は東京ドームホテルに泊まり、朝はゆっくりして東京スカイツリーに行ってきました。

事前に前売り券をネットで予約をしようとしたら、この日はすでに売り切れでした。それでも当日券で何とか最上階まで登ろうと試みましたが、夕方にしか乗れないような感じだったので、人ごみの中、食事をして買い物を少しして帰ることになりました。残念!プラネタリウムも混んでたし、水族館も混んでいるので、スカイツリーは前売り券が取れてから行くことをお勧めいたしますし、人ごみが嫌いな方はまだしばらくは行かない方が無難だと思います。

ダイアグノデントという最新式光学式精密虫歯検出装置を導入しました

虫歯の発見や健診って通常視診と、レントゲン診査をもとに診査診断を行います。しかし、見た目でもレントゲンでも正確に診断できない虫歯があるってご存知ですか?私たち歯科医は経験をもとにそれらを診断していくのですが、その経験というものもあいまいだったりする場合も時にはあります。またこの虫歯は削るべきか、削らないべきかなども経験と勘に頼る部分が多いのが事実です。

この度えなつ歯科・矯正クリニックにドイツのKavo社から出ているダイアグノデントという最新式光学式精密虫歯検出装置を導入しました。

このダイアグノデントを導入することによって、虫歯の部分を削った方がいいのか、削らずに様子を見ていいのか客観的な判断基準ができますし、無駄に歯を削らなくてもよくなります。これから質の高い歯科治療や、予防的歯科治療をやるには大きな力になると確信しております。12日にスタッフ研修会を行いましたので、今後臨床の場で活用していきたいと思います。