H30.12月除菌治療症例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。歯科衛生士の上之原です。

急に寒くなりましたが、皆さん風邪などひかれていませんか。

ずっとFacebookの方に投稿していた除菌治療の症例を久しぶりにブログに載せることになりました。

歯医者は高校生ぶりだった27歳女性の方をご紹介します。

検査をしてみると初期の歯周病がみられ、歯周病菌をはじめ菌がとても多く、元気よく動き回っているのが位相差顕微鏡で確認でき、患者様もたいへん驚かれていました。

 

まずはホームケアを見直し、今まで歯ブラシだけだった歯磨きにフロスをプラスして、歯間清掃の習慣化をはかりました。

最初のチェックでは80%も磨き残しがありましたが、苦手部位を意識していただき、治療後は20%まで磨けるようになっていました。

菌の状態も改善がみられ、治療後の変化に喜ばれていて私もうれしかったです。

いつもおしゃれで、笑顔がすてきな患者様。

今後もメンテナンスを通して歯の健康を守っていきたいです。

除菌治療とは、トータルヘルスプローモーション(THP)といい、抗生物質等を用いて行う治療になります。
保険外治療になり、歯周病が初等度の場合18万円の費用がかかります。
除菌治療はアジスロマイシンという抗生物質を服用していただきます。
全身に入り込んだ歯周病菌を血中から殺菌する抗生剤です。
抗生剤の影響により、便が緩くなる場合がありますが、2~3日で元に戻ります。
詳しくは、えなつ歯科矯正クリニック 099-297-6480

 

→鹿児島市の歯科医院 えなつ歯科・矯正クリニックのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加