至福の磯釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0294

DSC_0292

DSC_0293

DSC_0287

DSC_0288

DSC_0282

DSC_0283

2月11日は蝶栄丸にて上甑島にクロ釣りに行きました。最近尾長狙いに目を奪われ、結果大した釣果に恵まれなかったこともあり、久しぶりにクロをたくさん釣りたいと思い蝶栄丸の船長にお願いしました。瀬は船長任せでもよかったのですが、一度近島のイキツケに上がってみたかったので、今回はイキツケに乗せてもらうことになりました。

今回は主に口太クロの数を釣るのと、その中から40㎝後半以上のクロを釣りたいと考え、竿はダイワのトーナメントiso1.25号、5.0メートル、リールもトーナメントLBD2500、道糸2号、ハリスフロロカーボン1.5号、針をヴィトムの6号と1000釣法の基本仕掛けで臨みました。まき餌はオキアミ生2角にマルキューV9の特用1袋、パン粉2キログラムを混ぜたもので、付けエサは生オキアミのМを準備しました。

はじめはふかせカラマンボウを2ヒロのところにセットし、まき餌を2~3杯瀬際に撒き、その後仕掛けを投入し、先に巻いた撒き餌に同調させてから追い撒き餌を1~2杯するスタイルです。1000釣法をしたての頃は道糸を完全にフリーにして、道糸の走りのみであたりを取っていたのですが、そのようにすると釣れるには釣れるのですが、毎回針を飲まれてしまうことが多く、釣れるたびに針を結びなおさなくてはならない欠点がありました。ところが最近仕掛けを少し張り気味で沈めていくことにより、またふかせカラマンボウや、浮きの動きに変化があったらすぐ合わせるようにしたら、口掛かりが多くなり、ストレスなく、手返しがよくなりました。

この日の潮の流れは左斜め前からのあて潮で、仕掛けを左に投入するとゆっくり手前の瀬際によってきて、その後瀬際から右に流れる潮に乗ると、一気にスピードを増し、どんどん左に流れ、どこまでも止まらない潮でした。

まき餌を潮上に打ち緩い流れに乗せると手のひらくらいの小さいクロが釣れるのですが、棚を変えても流し方を変えても手のひらサイズばかり。それではと思い、仕掛けを流れに乗せてみますが、早い流れで仕掛けはどこまでもひたすら流れて止まりもしないし、付けエサも取られない。そんな状況が約2時間くらい続きました。瀬替わりを船長にお願いしようかと考えましたが、瀬替わりをお願いする前に、仕掛けを遠投することを思いつき、仕掛けを遠投してみてダメだったら瀬替わりをお願いしようと思いました。

仕掛けを20~30メートル沖に遠投して流してみると、以外にも流れがゆっくりと右に流れていて、瀬際みたいにガンガン流れる早い流れではないことに気が付きました。その緩い流れにまき餌を打ち、そのまき餌に同調させるように仕掛けを入れていきました。すると今まで取られなかった付け餌がとられるようになりました。ようやく当たりが出るようになり、魚がヒットしました。「また小さいクロかな?」と思いきや、35センチくらいのお持ち帰りサイズのクロ!ようやく魚の居場所と、釣れるパターンを掴み、一気にテンションアップ!これを契機に手返し良くまき餌と付け餌を送り込みます。ほぼワンキャストワンフィッシュの入れ食い状態となり、クロのサイズもどんどん大きくなり、しまいには40センチオーバーのラッシュとなりました。最大サイズは47センチ。この日良かったのは浮きやふかせカラマンボウが少し変化した時点ですぐに合わせをいてるようにしたことにより、針飲まれが一度もなかったことでした。針が飲まれないことにより、ハリスのダメージも少なく、針やハリスを変えることなく、釣り続けることができました。

DSC_0280DSC_0295

DSC_0297DSC_0291DSC_0280DSC_0284DSC_0296

結局大小合わせて合計20枚近くのクロを釣ることができました。数が釣れ、型のいいクロが釣れたこともうれしかったですが、何より、普通だったらあきらめたくなるような状況から、ちょっとしたアイディアや攻略の仕方によって、一転して魚がたくさん釣れるようなる釣りの面白さにますます魅了された至福の一日でした^^これだから釣りはやめられません^^

最近僕が魚を釣りすぎているためか、家族はあまり魚を釣ってきても喜ばず、この日はいつも魚をあげる人たちにもあまりに頻繁にあげると飽きられてしまうことを懸念して、釣った魚を市場のセリに出すことにしました。

魚は冷やした海水にエアーポンプで生かしたまま持ち帰り、大きな魚のみかめや釣り具のクロ釣りダービーにエントリーして、その後鹿児島市の魚類市場に活きたまませりに出しました。

魚の売上金額は7737円。

瀬渡し代が9000円、釣り餌代が約3000円、高速代やガソリン代を入れると、とても黒字にはなりませんが、自分が釣った魚を市場に出して、誰かがその魚を喜んで食べてくれる人がいて、しかも実際少ないながらもお金になるという感覚が金額云々ではなくなんかうれしい感じがしました。

釣り好きの皆さん、魚を釣りすぎて処分に困った方は市場に出すことをお勧めいたします^^

市場関係者に聞いたらベストは活かしたまま持ってくること、それが難しい場合は血抜きをして氷絞めをして、持ってくると高値が付きやすいとのことでした^^

→鹿児島市の歯科医院 えなつ歯科・矯正クリニックのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 佐藤 より:

    はじめまして。
    川内住んでます。
    自分は甑の里に久丸で釣りに行きます。
    魚を市場に売る手順を知りたいです。

    1. admin より:

      佐藤様
      こんにちは。このブログに質問などの機能があることを知らず、今メールを拝見させていただきました。
      返信が遅くなってすみません。
      魚を売るには鹿児島市の場合、魚類市場に行かれて、鹿児島漁連099-223-1171に連絡し、次の日の朝市に出してもらうのがよいかと思います。
      詳しくは鹿児島漁連に電話して聞いてみてください。

      江夏

コメントは停止中です。