第5回稲葉繁&石原明コラボセミナーに参加してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月17日は東京でIPSG代表の稲葉先生の研修会と経営コンサルタントの石原明先生のコラボセミナーを受講してきました。

稲葉先生に今回お話しいただいたのは、 稲葉先生が『これまで歩んできた歴史』、そして、『これからの歯科医院経営』についてです。

DSC_0071.JPG

稲葉先生より「最初の出発点を間違えないように。 ボタンの掛け違いをしたまま最後、終わるころに気づいてももう遅い。 なぜなら、出だしを間違えると50年間間違ってことをしてしまう。 なので、できるだけ、早い時期に質の高い治療を身に付けていただきたい。」とのお言葉をいただきました。

歯科医師歴50年の稲葉先生のお言葉はさすがに深いです。

稲葉先生は44年前の 開業当初からただ安いだけで、質が低い保険診療は一切行っておらず、患者さんにとって最善の治療を考え、自費診療で質の高い治療を行ってきました。

稲葉先生がいつも口にする言葉はドイツ語ですが「DAS BEST ORDER NIGHTS」です。日本語に訳すと「最善か無か」です。「患者さんには中途半端な治療はせずに最善の治療のみを行うべきだ。」というのが稲葉先生の考えです。

いろいろなご意見をお持ちの先生方はいらっしゃると思いますが、「私自身最善の治療のみを患者さんに行う歯科医師でありたい」と、切に願います。

 

午後からは石原明先生のセミナーでした。今回のテーマは

◆歯科医院の組織化とスタッフの教育についてです。
DSC_0118.JPG

組織化?
ってなんだろう。 10人とか20人とか組織が大きくなったら考えるものなのかな・・・ ぐらいしか思い浮かばなかったので、
「何人からが組織なのでしょうか?」
と質問させていただいたところ、
「2人からです」
え~!!って感じで、急に他人ごとではなくなりました(@_@;)
tatiii.JPG

私たちは歯科医師としては一流ですが、経営や組織運営に関してはあまり学んだことはありません。歯科医院を取り巻く環境の中で、スタッフや組織がきちんと機能しているかどうかという事はとっても重要になってきます。
と、お話しをいただきました。

歯科医師としても経営者としても、患者さんやスタッフのためにまだまだ勉強しなくてはならないことが山ほどあると感じた1日でした^^

→鹿児島市の歯科医院 えなつ歯科・矯正クリニックのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加