第3回、第4回顎顔面矯正セミナーに参加してきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月16、17,18日が第3回顎顔面矯正セミナーに参加し、11月30日、12月1日、2日は第4回顎顔面矯正セミナーに参加してきました。

 

主に矯正治療をする場合、6歳から10歳くらいまでの治療を1期治療、11歳以降の治療を2期治療と分けることが多いです。

一般的に11歳以降になって歯並びが悪く矯正治療(2期治療)を行う場合は顎の骨はすでに固まってしまっているためガタガタの歯並びを治すには抜歯をして歯の本数を減らして、今の顎の大きさに入りきるようにしてからワイヤーで歯を並べるようにするのが主流です。

一方6歳から10歳までにい行う1期治療では顎の成長発育期に積極的にかかわることによって、小さいまま固まってしまいそうな顎の骨の成長を促したり、口腔周囲筋の筋力をアップしてさらなる成長を促したり、舌のポジションを修正することによって、上顎の前方方向の列成長を改善したりしていきます。

顎顔面矯正はこの主に1期治療にかかわるテクニックです。

約4か月にわたって、合計64時間にわたるボリューム満点のセミナーでしたが、内容盛りだくさんだったので、しっかり消化して今後自分の臨床に生かしていきたいと思います。

 

→鹿児島市の歯科医院 えなつ歯科・矯正クリニックのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加