クロ釣りシーズン開幕!下甑島手打のクロ釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月23日は串木野港からナポレオン隼に乗って鍼灸師んさんと2人で下甑島の手打にシーズンインしたクロ釣りに行ってきました。

出港予定は2時だったので1時30分には串木野港に集合しました。この日の釣り人は僕たち以外に6名、休日にしては少ない人数でした。

もともとは船からのクロ釣りを予約していたのですが、この日は大潮でも潮の流れが大きすぎて船釣りは釣りにならない可能性が高いから、磯釣りにしたほうがよいと船長のアドバイスをいただき、出港8時間前に磯釣りに変更になりました。

ところが集合したはいいけど港は風が強く、およそ2時間ほど船の中で寝て待つことになりました。「このまま出港できないのでは?」と思った矢先船は甑島に向けて出港しました。

道中約2時間、私たちは手打の黒瀬にあげてもらいました。

IMG_2926[1]IMG_2921[1]IMG_2918[1]

磯に上がったのは6時30分あたりはまだ真っ暗でした。日の出は7時ということだったので、早速まき餌つくりと、仕掛け作りを行いました。

まき餌はアミ一角とオキアミ生(小)一角にパン粉を混ぜ、付けエサは撒き餌のオキアミからとりました。うきは最近お気に入りのクロ釣り用の遠矢うき0号にハリスは1.5号を一ヒロ直結、針はグレ針の7号。

空が白み始めてから足元にまき餌を始めました。あたりが明るくなってから仕掛けを投入すると、足元にまいたまき餌はワンドの奥にどんどん流れていき20メートルくらい先のワンドの奥で角度を変え、潮壁ができているような感じで漂っておりました。撒き餌がたまる場所と言ったらこの潮壁の部分で、ここがポイントになると踏んで、この潮壁の直前にまき餌をまき潮壁にうき下2ヒロでダイレクトに仕掛けを投入しました。するとうきがじわーっと沈み始めました。ゆっくり合わせを入れると強烈な引き、数分間のやり取りの後上がってきたのは43センチの立派なクロでした^^

IMG_2914[1]

このあともこのパターンで10時くらいまではエサ取り殆んどゼロ状態で30センチから40センチくらいのクロが釣れ続きました。

IMG_2915[1]IMG_2916[1]


IMG_2917[1]

ところが10時くらいになり、潮の流れが変わった途端今まで2ヒロで入れ食いしていたのにまったく餌がとられなくなりました。その後棚を少しづつ深くしてもまったくあたりはでず、エサもとられなくなり、この日の釣りを終了しました。

 

でも久しぶりのふかせ釣りを十分満喫することができ、改めてふかせ釣りの楽しさを実感しました。

→鹿児島市の歯科医院 えなつ歯科・矯正クリニックのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加