「失敗しない骨造成再生術」の研修会に参加してきました

2017/02/14

1月22日は東京で開催された「失敗しない骨造成再生術」の研修会に参加してきました。
メインスピーカーは韓国の大学教授であるドンソク ソン教授です。

写真 2017-02-03 10 22 12

今回の内容は自分の抜歯した歯を捨てずに再利用することにより、吸収された歯槽骨部分を人工骨を使わずに骨造成をさせるテクニックについての研修会でした。

研修会は韓国語の同時通訳で、講演の内容は世界でも類を見ない骨造成に関する新しいテクニックでした。

韓国では審美歯科や、インプラント治療に関してチャレンジングで世界をリードする知識や技術があることに驚きを覚えました。

私の歯科医院でも今回勉強した新しい知識や技術を骨が薄くてインプラントが難しいような症例の患者さんに生かしていきたいと思います。
写真 2017-01-22 10 01 46

写真 2017-01-22 10 02 04

写真 2017-01-22 10 17 57

新年初釣り

2017/01/21

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

写真 2017-01-03 13 21 18

今年も昨年同様、私の個人的な釣り情報、研修会等で得られた最新の歯科情報、グルメ情報などなど個人的観点から情報発信させていただきたいと思います。

さて1月3日は久志に新年の初釣りに行きました。
久志の磯に上がったのはおそらく20年ぶりで、今まで、久志漁港からみね丸で草垣群島に釣りに行ったりはしてましたが、磯釣りは久しぶりでした。なぜ今回久志にしたかといいますと、かめ屋釣り具主催のクロ釣り大会が1月15日に開催される予定で、そこにエントリーしていたので、プラクティスをかねて、今回の初釣りとなりました。

6時出航予定で久志漁港に集まりました。今回僕らは合計4人で、そのうち初心者が2名だったので、僕と釣り仲間の鍼灸師さんと2チームに分かれてそれぞれ初心者指導をしながらの釣りとなりました。

僕たちは2番便で軍艦というとても足場のいい瀬に渡してもらいました。まずは初心者の保険屋さんに巻き餌の作り方、道具のセッティング仕方、仕掛けの作り方を教えました。仕掛けは本人の希望もあって、最初から全層釣法をすることになりました。全層釣法は慣れるまではなかなか糸さばきや仕掛けの入れ方などが難しいのですが、彼が最初のクロを1匹を釣るまでは手取り足取り、指導を行いました。

この日は餌取りが多いのと全体的に食いが渋く、釣れても手のひらサイズのクロが中心でしたが、彼に釣りのセンスがあったからなのか、僕の教え方が上手だったからなのかはわかりませんが、クロの初ヒット後、彼は順調に数を増やし、気がついてみれば、20センチくらいのクロを8枚釣っていたようです。
クロは小さくてもけっこう引くので、彼の初クロ釣りはとても満足のいく釣りだったようです。

僕の方はというと僕はいつもの1000釣法で撒き餌としかけを同調させながらいろいろな場所を探りましたが、手のひらから足の裏くらいまでの小型のクロばかりでした。

写真 2017-01-03 9 36 40

写真 2017-01-03 9 57 20

写真 2017-01-03 10 09 27

そんな中、竿2本分くらい沈めたところであたりをとらえたのは40センチ弱くらいの良型のクロでした。

写真 2017-01-03 11 23 17

写真 2017-01-03 13 20 30

この日は他の瀬でも釣れていなかったようで、船長が背代わりの客を乗せて2度ほど見回りに来て、良型が釣れていることに驚いている様子でした。

終了間際に背際を狙っていたら、浮きが一気に消し込み糸走りどころではなく、竿を持っていくようなすごいあたりをしました。
おそらく大型の尾長グレだと思いますが、ハリス1.5号ではなすすべもなく、瞬殺されてしまいました。

回収が来て鍼灸師さんチームに合流したところ、彼は坊主、初心者の歯科医師の方はイスズミを釣った以外はあまり釣れなくて、厳しいクロ釣りスタートとなったようです。

結局1月15日のクロ釣り大会は荒天のため中止となりました。

今年も1年よろしくお願いいたします!!

札幌インプラント研修

2016/12/28

12月15日16日と札幌にある札幌インプラント矯正デンタルクリニックにインプラントのオペ見学中心の研修会に行って来ました。
札幌は最高気温マイナス3度、最低気温マイナス9度の極寒で、ちらほら雪も降るような天気でした。

札幌インプラント矯正デンタルクリニック院長の玉野先生はインビザラインアジアパシフィックサミットが開かれたマカオで知り合った先生です。僕より9歳年上ですが、僕と年齢差を全く感じさせない位パワフルで魅力のある先生でした。普段臨床ばかりしていると他の人のオペを見ることはあまりないのですが、玉野先生のオペを見学して、新たな発見があったり、自分とは違う術式や、オペ器具に目を爛々とさせながら見学させていただきました^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-17-17-00

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-19-51-10

その他北海道大学を見学しましたが、寒いし、雪で歩くのが大変で、「少年よ大志を抱け」のクラーク像まではたどり着きませんでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-9-47-01

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-0-41-15

札幌といえば、食の宝庫。今回の旅行中美味しいものをいくつかいただきました^^

キンキの開きの炙り、ジンギスカン、汁なし担々麺、ウニ、いくら、かにの3食丼、十勝の豚丼、味噌ラーメンなど北海道のグルメを満喫してきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-15-12-40-02

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-15-19-41-04

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-15-20-24-26

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-15-20-39-04

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-14-28-36

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-16-19-51-22

アラ釣りin上甑島

2016/12/07

12月1日はもともと川内港と上甑島の間に位置する中の瀬にパイン号でアラ釣りに行く予定だったのですが、中ノ瀬は風や波に弱く、残念ながら今回もしけで出れないと船長から連絡がありました。中ノ瀬の予約は今年2回目でしたが、2回ともフラれてしまい、迷った挙句、上甑島の蝶栄丸に電話をしてみました。そしたら「大丈夫だよー」といつものような余裕の返答でした^^

中の瀬がしけで出れないのに大丈夫なのかな?と思いつつ朝3時30分には串木野港を出港しました。
釣り場に到着したのは5時、今回は釣り仲間の鍼灸師さんとでしたが、僕はアラ狙い、鍼灸師さんはクロ狙いだったので、僕は松島の瀬、鍼灸師さんは近島のエボシとお互い別々の瀬に乗りました。

僕は今回の中の瀬のアラ釣りのためにネットオークションでアラ竿とアラ専用リール、アラ釣り専用の板バネ(竿受け)、大物専用のギャフ、板バネを磯に固定するためのハンマードリル、カットアンカー、クロームモリブデン製のハーケンなど、たとえ30キロのアラが来たとしても一人で上げきるように装備をそろえていたので、まずはアラ釣りの道具をセッティングし、最初はデッドベイト(今回はきびなごの房掛け)をセットし、投入しました。

その後ふかせ釣りの用意をし、アラ釣りの泳がせ仕掛けの餌となるイスズミ釣りのタックルを準備しました。

イスズミ釣りの仕掛けは昨年クロをたくさん釣った1000釣法の仕掛けで、撒き餌はオキアミ、パン粉、にマルキューのV9を一袋使用しました。撒き餌と仕掛けを同調させると、すぐにイスズミが食ってきました。

アラの餌にはちょうどいいサイズだったので、すぐにエラや胸ビレなどを切って、背掛けにしてアラ釣り仕掛けにセットして投入しました。

しかし待てど暮らせど一向に当たりがありません。

いつか来るドラマを信じて、アラ狙いのタックルは置き竿で投入したままにして、ふかせでクロを狙ってみることにしました。タックルはトーナメントの1.25号の竿とトーナメントの2500番レバーブレーキのリールに道糸2号、ハリスはフロロカーボン1,5号、針はヴィトムの6号です。

それまではほとんど木っ端イスズミ狙いをしていたので、撒き餌をあまりまかずにしておりましたが、昨年覚えた感覚で撒き餌をある程度広範囲にまき、仕掛けを入れてからサンドイッチ状に撒き餌をかぶせ、撒き餌のきいた空間につけ餌があるようにして同調させながら仕掛けを入れていくと、すぐに糸走りのあたり!

上がってきたのは今シーズン初の40センチ弱のクロでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-9-35-03

その後おそらく大型尾長と思われるようなあたりが連発し、プッチンプッチンハリスが瞬殺される時間帯があったり、ウスバハギがわく瞬間があったりました。まだ水温が高いせいか、アオブダイの3キロぐらいのが釣れたりもしました。最後にクロは40センチ弱を上げ、12時に釣り終了としました。

潮の流れによって、海の状況が刻々と変化し、それにアジャストしながら釣るふかせ釣りはやっぱり楽しいですね^^

結局この日はアラのあたりは1度もなく終わりましたが、来シーズンに向け、釣る体制つくりまではできたので、来年こそは大型のアラを上げたいと思います^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-9-43-01

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-11-00-05

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-11-54-38

釣った魚は今回は星ヶ峯のひげ船長で裁いて食べさせてもらいました。

刺身、味噌汁、フライ、天ぷらととご飯が進むメニューで、子供たちも喜びました^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-19-52-02

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-09-04

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-09-08

第8回日本臨床歯科補綴研修会のセミナーに参加して来ました(^^)

2016/12/05

11月26,27日は福岡に日本臨床歯科補綴研修会のセミナーに参加して来ました(^^)今回は少し早めに福岡入りをして、熊本で分院長をしていた時の勤務医の先生と共に福岡総鎮守の櫛田神社にお参りし、神社のそばにある先生お勧めのむらたという蕎麦屋に行って来ました。

img_0222

img_0223

img_0229

img_0238

img_0241

img_0243

img_0244

img_0246

櫛田神社は山笠祭りの開始地点となる神社で、年中飾り山笠があるとのことでした。

櫛田神社にお参りしてむらたの蕎麦屋に入りました。店内はお客さんでいっぱいでした。彼のお勧めはつけ蕎麦のつけタレの山芋に卵の黄身をトッピングして、さらにエビの天ぷらをトッピングし、別にむらたの親子丼を注文しました(^^)

img_0248

img_0249

img_0250

img_0257

これが美味しくて大満足‼️

腹ごしらえをしてから研修会に臨みました^o^

研修会は今年のまとめと指導医の先生の講演会が中心でした。
僕は自分のクリニックの顎関節症の患者さんの症例を持ち込み、教授や指導医の先生方とディスカッションを行うことができたので有意義な時間を過ごしました(o^^o)

img_0265

元気日本人の平均寿命は2011年では82歳、2014年では84歳と年々寿命が長くなっているのに対し、健康寿命は2011年は76歳、2014年では72歳と短くなってしまっているのが現状です。

これらの健康寿命を伸ばすところに歯科医師の役割や使命があるとつくづく感じた研修会でした。