骨を削らないインプラント治療

4月8日は大口式(OAM)インプラントセミナーに参加してきました。


インプラント治療もいろいろ治療をこなしていくと、骨が薄かったり、片方の壁の骨がなくなっていたり、普通のインプラント治療では対応が難しい患者さんに出会います。そのようなただでさえ骨が薄く細くなっている患者さんにドリルで穴を空けようとすると患者さんの大事な骨を飛ばしてしまったり、減らしてしまったりしてしまいます。

大口式インプラントは患者さんの残存骨に針の穴ほどの小さな穴を空け、その穴を起始点として、その穴を手用器具で徐々に広げながら、骨を削らずにインプラントを埋入できる画期的な治療方法です。

ただでさえ薄くなって骨がなくなってきているのに、更に骨を削ってインプラントを埋入することに疑問や不安を覚える方には最適な治療方法です。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

北九州から患者さんがいらっしゃいました^^

近頃患者さんがかなり遠方からも見えられるようになりましたが、九州の最北端に近い北九州から新幹線とタクシーを乗り継いご来院されました。その患者さんは長い間歯が痛くて、しかも歯がぐらぐらしてきて、歯医者に行くたびに歯を抜かれて、入れ歯を入れてもらっても入れ歯が合わずにしゃべりづらいし、食べれないし、見た目も悪いし・・・

しかし何度入れ歯を調整しても一向に良くならずに、しまいには入れ歯のバネをかけていた歯がぐらぐらしているうちに抜けてしまい、しばらく我慢をしていたけどいよいよ我慢しきれなくなって、痛くなく治療してくれるところで、精密入れ歯をきっちり作ってくれるところを全国から探していて、いくつかの候補の中から、当院をお選びいただき来院された次第です。さすがに遠方からいらっしゃるため、治療回数をできる限り減らすために予約時間を2時間とり、きっちりカウンセリングを行い、お話をお伺いさせていただきました。事前に電話でやり取りをしていたのもあって、当日は段取りよく診療をこなすことができました。北九州から片道2時間弱でいらっしゃったとのことですが、時間通りに来ていただきまして、また僕の大好きな博多通りもんのお土産までいただきましてありがとうございました^^

IPSG研修会と多忙な一日

土曜日診療18時終了後車を飛ばして鹿児島空港に向かい19時10分の飛行機に乗って今週も東京に行ってきました。

日曜日は朝からIPSGの稲葉先生と石原先生のコラボセミナーに参加してきました。今回もいい学びがたくさんありました。「歯科医療の目的」などは私が常日頃から実践していることとほぼ一致していたのでとても共感いたしました。

 

保険診療と自費診療の違いについても詳しいお話がありました。

私の歯科医院にもいろいろな患者様がいらっしゃいますが、保険診療簿義歯を入れてしまったことが原因で、バネ(金具)をかけた歯が次から次へとダメになり、結局総入れ歯になってしまったり、咬合が全く分かっていない歯科医に噛みあわせが全くあっていない、義歯やかぶせもののの治療をしたがために顎関節症になってしまい苦しんでる方なども多く存在いたします。じゃあ自費ならいいのかというと単に素材が異なるだけで本質的には保険の義歯となんら変わらない義歯やかぶせものも後を絶ちません。

稲葉先生が言われるように歯科医療の目的をしっかり追求しながら、本質的な本物の歯科医療を提供できるように精進するのみです^^

 

17時にセミナーが終わりちょっと休憩してから19時より経営者としての自分を鍛えるセミナーを受けてきました。それが終わったのが20時30分、それからホームページ業者と打ち合わせをし、21時40分から高校時代の親友と会って、お茶をしてホテルに帰ってきたのが12時30分、急いでシャワーを浴びて寝て5時30分に起きて8時5分羽田発の飛行機で鹿児島に帰ってきました。帰ってきて11時から診療だったので、さすがにちょっと疲れましたね^^でもとても充実した週末でした。

2度と虫歯にならない 2度と歯周病で歯を失わないための根本治療「トータルヘルスプロモーション」の症例紹介

今回は、「トータルヘルスプロモーション(THP)」の症例をご紹介します。
THPとは、歯周病のリスクを極限まで低減し、管理することで全身の健康を守る先進歯科医療システムです。

歯周病の進行度が初等度、中等度、重度とあり、その中の中等度の除菌治療を行いました。

除菌前と除菌後の比較です。

口腔内

除菌治療前

口腔内 前

除菌治療後

口腔内 後

 

細菌

除菌治療前

位相差 前

除菌治療後

位相差 後

 

 

歯周ポケットの値

除菌治療前

ポケット 前

除菌治療後

ポケット 後

気になる方はこちらをご覧ください。より詳しく説明させていただいています。

THP症例(中等度)

 

 

 

この方は、2年前に他の歯医者さんで歯周治療を行っているにもかかわらず、今回も歯を抜かないといけない状態で、もうこれ以上歯を失いたくないという思いから、除菌治療を行いました。

除菌治療中は、家でもしっかりとホームケアを行っていくのですが、とても一生懸命取り組んでいただき、いい状態に改善されたと思います。

私自身も、歯石を取る時に感じたのは、保険の治療の方の歯ぐきの方と違い、THPの方の歯ぐきの方のほうが、出血量が全然違うなと感じました。

あと、保険は時間や回数が多くかかるのに比べ、THPのほうは数回で歯石取りを終わらせることができます。

歯周治療をやりたいけど、なかなか時間が取れない方、早く矯正やかぶせものを入れたい方はおすすめです。

詳しいことはスタッフにお尋ね下さいね。

 

インビザライン矯正 症例3

こんにちは(*^_^*)
受付の木村です。

6月に入ったけど例年ほど雨は降らないですね!
でもかわりに、火山灰が降りまくってて洗車のタイミングが分かりません;;

今回も私の矯正の経過とインビザラインの症例の紹介をさせていただきます。

できるだけ21時間以上装着するように気を付けて今回は順調に進んでいるみたいです♪
下の歯並びはもう大丈夫そうですが、上の八重歯がもう少し歯列に入ってほしいなあってところです。
あとは上下の正中がズレてるのでぴったりくるように引き続き頑張っていきます(`ω´*)

今回紹介する症例は、女の子です♪

Before

下顎は若干の叢生で上顎は八重歯がすごく目立ちますね。
奥の方は綺麗に並んでますが二番目の歯と三番目の歯が歯列から飛び出してます。

After

下顎の叢生だった歯も綺麗に並び、上顎の八重歯や引っ込んでいた歯も並びました♪

最近はインビザラインだけじゃなく、気になる前歯だけ歯並びを綺麗にする「プチ矯正」も増えてきました!
全顎矯正より費用も抑えられて短期間で終わるので結婚式までに綺麗にしたい!って方やこの日までに!って方はぜひプチ矯正も考えてみてくださいね♪

データ管理型予防歯科の第一歩となる唾液検査のおすすめ

こんにちは!歯科衛生士の春です!

今回は唾液検査について書いていきたいと思います!
こちらに通われている方は唾液検査についてのお話を1回は聞かれているのではないでしょうか?

なぜ唾液の検査がいるのか疑問に思われる方もいると思います。それは唾液の検査をすることでお口の中の菌の数や飲食をした際に歯が溶けてしまう働きから唾液が歯を溶けないようにしていく力がどのくらいあるのかなどを調べるためです。

えなつ歯科では除菌治療という菌に観点を置いて予防をしていく治療を行っていますが、唾液検査を除菌治療などをしていった後に再度行ない、前回と治療後(唾液検査後毎回)数値やデータとして結果を出し比較してみます。

これをデータ管理型予防歯科といい、データとして残すことで私たち歯科医療従事者側はもちろん、患者さんご自身にも改善状況を知ることができ効果をより一層実感できると思うのでとてもおすすめの検査になります!

もしこのブログを読んで唾液検査が気になる方やしてみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽に相談、ご連絡をお待ちしております(^^)

みんなでお食事会♪

こんにちは☆コーディネーターの岩永です(=^ェ^=)

昨日の診療後は、くわはら館でフレンチお食事会でした♪


「おめかししてきてね!」と院長先生に言われていたので、みんないつもより一段と可愛く、華やかな雰囲気です。


全員集合!



おいしいお料理&お酒がたくさんで、しあわせです(*´ω`*)


デザートを準備してくれるソムリエのお兄さん。ワインを煮詰め、焼いたさくらんぼにキルシュを注ぎ、ファイヤー中!


スイーツ男子、デザートを堪能中♪

明日からは診療台も増設され、えなつ歯科・矯正クリニックは新たなスタートです。
みんなで力を合わせてがんばります!

患者様の声4

こんにちは。トリートメントコーディネーターの松元です。

梅雨になりましたね。早くすっきりとした天気になってくれたらと思います(*^-^*)

さて今回も患者様からいただいた声をお伝えします。

ご協力ありがとうございます。

矯正をはじめる前に虫歯、はぐきの腫れなどがあり、根本から治療してもらえたので、矯正を終えた時に、綺麗で健康的な歯になりとても満足しています。歯石とりも、以前通っていた歯医者では、毎回歯茎から血がでて痛かったですが、えなつ歯科では、痛みもなく、また歯磨き指導も丁寧にしてくださり、通院するたび自分の歯が綺麗になるのを実感できます。
スタッフの皆さんが笑顔でフレンドリーに話しかけてくださるので、リラックスした状態で治療をうけられ、えなつ歯科のおかげで歯医者に対しての印象がかわりました。
歯のことで悩んでいる友人がいたら、えなつ歯科を紹介したいと思います。長い間ありがとうございました。今後ともよろしくおねがい致します。

ビフォー

アフター

この患者様はインビザラインフルで矯正を2年ほどされていました。費用は94万(税別)となっています。

上下左右の親知らずは抜歯しましたが他は抜かずにきれいに並んでいますよね

インビザライン矯正は歯も抜かずに治療が出来るのがメリットですが歯の状態によっては抜歯しないと厳しいこともあります。

ご興味がある方はぜひご相談ください

えなつ歯科・矯正クリニック  ☎099-297-6480

甑島の春石鯛釣り

4月になり、入り鯛も下火になって来て、何を釣ろうかなー、って考えいると、テニス仲間の石鯛釣り師が、今年は石鯛の当たり年で、甑島が今釣れてるらしいよ、という話を聞きました。その石鯛師の方は毎週2回、天気さえ良ければ石鯛釣りに行く強者で、釣りは石鯛釣りしかしない方です。彼が言うには、石鯛は3回行って1匹釣れればいい方で、5回連続して坊主も良くあること、との話ですが、1年の中で一番釣れる可能性が高いのが今の時期とのことだったので、一念発起し、4月は石鯛釣りをすることにしました。
4月1日は誠豊丸で中甑島に行きました。餌は赤貝のアラ割り、ポイントは船長におまかせしました。
朝一から緊張感を持って竿先を見ておりましたが、全くあたりなし。
船長が9時頃見回りに来ましたが、他もほとんど釣れていないので、そこでもう少し粘るか、潮が引いたら瀬の先端でやってみてもいいとのはなしでした。その後粘ること1時間、ようやく竿先に生命反応が!初心者は石鯛は早合わせをするとたいてい失敗するので、完全に竿が突っ込むまで合わせるなと教えていただいていたので、ゴンゴンあたってもひたすら待ちます。ところがそこそこあたっても、竿が突っ込むまではいきません。しまいには竿先が少し入ったまま動かなくなりました。もしやと思い竿をそっとあげてみると根掛かりしているではありませんか。魚が根に潜ったのかな?とも思い、竿をじわっとあおったところ、魚が根から出たのか急にリールが巻けるようになり、魚が暴れ始めました。上がって来たのは40センチくらいの丸々太ったアカハタでした。石鯛狙いなので、がっかりではありましたが、アカハタはとても美味しい高級魚なので、嬉しい外道でした。
その後あたりがなくなったので、瀬の先端に移動しました。
瀬の先端でも必死に撒き餌をしましたがあたりはありませんでした。瀬のきわに投げた時にようやく竿先にあたりが出ました。しかし先ほどと同じように竿先が海面に突っ込むまでには至らず、あげてみると上がって来たのは先ほどと同じサイズのアカハタでした。
この日はこれで納竿。結局アカハタ2匹で石鯛は釣れませんでした。

4月19日は蝶栄丸で石鯛釣りに行きました。
ポイントは船長まかせですが、沖ノ島のコゴ瀬の前の水道の岬におろしてもらいました。餌は赤貝と磯カニでした。
この日は天気も良く大潮で潮の流れもかなりありました。
しかしあたりがないだけでなく、餌もつつかれない時間が続きます。
棚を変えたり、足元を探ったり、遠投したりしてみましたが、それでも餌すら取られないので、9時頃船長が見回りに来た時に瀬変わりをお願いしました。
瀬変わりでのせてもらったのが双子島の下げ潮ポイントです。
ここでは残り約2時間の釣りでしたが、全くあたりがなく、かたづけ始めたラスト1投で初めて餌が取られました。もしかしたら今からが時合い?と思いましたが、時間切れのため納竿しました。この日は全くの坊主でした。

串木野の港に着いてみるとするするスルルーを考案した与那嶺功さんがいらしゃいました。釣り雑誌の取材だったようで、アナウンサーの上園さんと1泊2日で磯に上がっていたようで、上園さんがヒラスズキを数本あげてました。

アンカースクリューを使った矯正セミナーに参加してきました

先日大牟田で開催されました「アンカースクリューを使った矯正セミナーに参加してきました」

アンカースクリューはミニインプラントとも呼ばれ、上顎もしくは下顎の顎骨内にミニインプラントを埋入し、そのインプラントを固定源として歯を動かす矯正治療法です。

昔から矯正治療でテーマとなるのは歯を動かすときのアンカー(固定源)をどこに求めるかです。通常は小臼歯や大臼歯に歯を引っ張るもととなる固定源を求めるのですが、実は前歯を動かしたいと思って臼歯に固定源を求めると固定源とした臼歯が少し前方移動してしまい、狙った動きをしないことに問題がありました。

このことを解消するために顎骨に埋入されて動かない固定源となるインプラントアンカーを埋入し、そのアンカーを固定源として歯を動かすと言うのが今回のセミナーの趣旨です。

僕はすでに8年前からアンカースクリューを導入し、実際の臨床で使っておりましたが、セミナーを受けてから少し時間がたったのでこの度再度受講し、新しい情報がないか、いい材料はないかの情報を求め、研修会に参加してきました。

やはり8年前から比べると材料は少し進歩しておりましたが、基本的な内容は変わりませんでした。

えなつ歯科では矯正治療もインプラント治療もどちらも得意なので、どちらも活かして患者さんによりよい医療サービスを常に情報をアップデートしながら提供していきたいと思います^^