アラ釣りin上甑島

2016/12/07

12月1日はもともと川内港と上甑島の間に位置する中の瀬にパイン号でアラ釣りに行く予定だったのですが、中ノ瀬は風や波に弱く、残念ながら今回もしけで出れないと船長から連絡がありました。中ノ瀬の予約は今年2回目でしたが、2回ともフラれてしまい、迷った挙句、上甑島の蝶栄丸に電話をしてみました。そしたら「大丈夫だよー」といつものような余裕の返答でした^^

中の瀬がしけで出れないのに大丈夫なのかな?と思いつつ朝3時30分には串木野港を出港しました。
釣り場に到着したのは5時、今回は釣り仲間の鍼灸師さんとでしたが、僕はアラ狙い、鍼灸師さんはクロ狙いだったので、僕は松島の瀬、鍼灸師さんは近島のエボシとお互い別々の瀬に乗りました。

僕は今回の中の瀬のアラ釣りのためにネットオークションでアラ竿とアラ専用リール、アラ釣り専用の板バネ(竿受け)、大物専用のギャフ、板バネを磯に固定するためのハンマードリル、カットアンカー、クロームモリブデン製のハーケンなど、たとえ30キロのアラが来たとしても一人で上げきるように装備をそろえていたので、まずはアラ釣りの道具をセッティングし、最初はデッドベイト(今回はきびなごの房掛け)をセットし、投入しました。

その後ふかせ釣りの用意をし、アラ釣りの泳がせ仕掛けの餌となるイスズミ釣りのタックルを準備しました。

イスズミ釣りの仕掛けは昨年クロをたくさん釣った1000釣法の仕掛けで、撒き餌はオキアミ、パン粉、にマルキューのV9を一袋使用しました。撒き餌と仕掛けを同調させると、すぐにイスズミが食ってきました。

アラの餌にはちょうどいいサイズだったので、すぐにエラや胸ビレなどを切って、背掛けにしてアラ釣り仕掛けにセットして投入しました。

しかし待てど暮らせど一向に当たりがありません。

いつか来るドラマを信じて、アラ狙いのタックルは置き竿で投入したままにして、ふかせでクロを狙ってみることにしました。タックルはトーナメントの1.25号の竿とトーナメントの2500番レバーブレーキのリールに道糸2号、ハリスはフロロカーボン1,5号、針はヴィトムの6号です。

それまではほとんど木っ端イスズミ狙いをしていたので、撒き餌をあまりまかずにしておりましたが、昨年覚えた感覚で撒き餌をある程度広範囲にまき、仕掛けを入れてからサンドイッチ状に撒き餌をかぶせ、撒き餌のきいた空間につけ餌があるようにして同調させながら仕掛けを入れていくと、すぐに糸走りのあたり!

上がってきたのは今シーズン初の40センチ弱のクロでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-9-35-03

その後おそらく大型尾長と思われるようなあたりが連発し、プッチンプッチンハリスが瞬殺される時間帯があったり、ウスバハギがわく瞬間があったりました。まだ水温が高いせいか、アオブダイの3キロぐらいのが釣れたりもしました。最後にクロは40センチ弱を上げ、12時に釣り終了としました。

潮の流れによって、海の状況が刻々と変化し、それにアジャストしながら釣るふかせ釣りはやっぱり楽しいですね^^

結局この日はアラのあたりは1度もなく終わりましたが、来シーズンに向け、釣る体制つくりまではできたので、来年こそは大型のアラを上げたいと思います^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-9-43-01

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-11-00-05

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-11-54-38

釣った魚は今回は星ヶ峯のひげ船長で裁いて食べさせてもらいました。

刺身、味噌汁、フライ、天ぷらととご飯が進むメニューで、子供たちも喜びました^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-19-52-02

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-09-04

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-09-08

第8回日本臨床歯科補綴研修会のセミナーに参加して来ました(^^)

2016/12/05

11月26,27日は福岡に日本臨床歯科補綴研修会のセミナーに参加して来ました(^^)今回は少し早めに福岡入りをして、熊本で分院長をしていた時の勤務医の先生と共に福岡総鎮守の櫛田神社にお参りし、神社のそばにある先生お勧めのむらたという蕎麦屋に行って来ました。

img_0222

img_0223

img_0229

img_0238

img_0241

img_0243

img_0244

img_0246

櫛田神社は山笠祭りの開始地点となる神社で、年中飾り山笠があるとのことでした。

櫛田神社にお参りしてむらたの蕎麦屋に入りました。店内はお客さんでいっぱいでした。彼のお勧めはつけ蕎麦のつけタレの山芋に卵の黄身をトッピングして、さらにエビの天ぷらをトッピングし、別にむらたの親子丼を注文しました(^^)

img_0248

img_0249

img_0250

img_0257

これが美味しくて大満足‼️

腹ごしらえをしてから研修会に臨みました^o^

研修会は今年のまとめと指導医の先生の講演会が中心でした。
僕は自分のクリニックの顎関節症の患者さんの症例を持ち込み、教授や指導医の先生方とディスカッションを行うことができたので有意義な時間を過ごしました(o^^o)

img_0265

元気日本人の平均寿命は2011年では82歳、2014年では84歳と年々寿命が長くなっているのに対し、健康寿命は2011年は76歳、2014年では72歳と短くなってしまっているのが現状です。

これらの健康寿命を伸ばすところに歯科医師の役割や使命があるとつくづく感じた研修会でした。

歓迎会&忘年会

2016/11/30

はじめまして!
10月に入社しました、歯科衛生士の上之原です。
歯科衛生士歴は2年目で、まだまだ未熟ではありますが、皆さんのお口の中はもちろん、心と身体の健康を一生懸命サポートさせて頂きますので、よろしくお願い致します(^-^)

最近急に寒くなってきましたね(^◇^;)
今年も残すところあと1ヵ月!
11月22日は、私の歓迎会&忘年会を開いて頂きました!
img_3012

中央駅近くにある、薩摩きんぐという居酒屋さんです。
焼き鳥も食べ放題があり、どれも美味しくお腹いっぱいになりました(^0^)
img_3046

忘年会ということで、今年の振り返りと来年の目標を一人一人発表!

img_3049
スタッフそれぞれの思いを聞いて、私も皆さんに喜んでもらえる歯科衛生士になれるよう、もっと成長していきたいと改めて感じました。

そして2次会はカラオケに♪
img_3030

皆さんノリノリです\(^0^)/
とても楽しい時間をありがとうございました。
えなつ歯科の一員になれたことが嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^-^)

上甑島にするするスルルーをしに行って来ました(o^^o)

2016/11/26

11月23日は蝶栄丸にて上甑島にするするスルルーをしに行って来ました(^^)するするスルルーはキビナゴを餌にしてキビナゴを撒き餌にして、撒き餌と付け餌を同調させながら流し、キビナゴを餌にしている魚を狙う釣り方です^o^

今回は沖ノ島に渡してもらいましたが、沖に出ると波が高く、10メートル以上の風がガンガン吹いておりました。
大丈夫かな?と思っていたら船長から今日はここじゃないと釣りは無理ということで沖ノ島の風裏ポイントにおろしてもらいました。

仕掛けをセットし、撒き餌を撒いて、仕掛けを投入しました。
ところがあまりというかほとんど潮が流れずません。

こんな時は磯周りに撒き餌を集中させ、近場で活性をあげ、アカハタやスジアラの活性をあげると結果が出るので、今回もこのパターンで攻めることにしました(^^)

1投目から糸走りのあたりなどはないのですが、微妙な糸の張りを感じたので、ききあわせを入れてみると、魚がかかってました。上げてみると40センチ位のアカハタでした。

img_0215

その後も磯周りに撒き餌を撒いて付け餌を同調させると、同じようなあたりがあり、30センチ位のアカハタが釣れました(o^^o)

でも僕がイメージしていたガンガン流れる潮ではなかったので、船長に瀬変わりを打診してみると、この日は潮が流れているような場所には劇風が吹いていて、とても釣りにならないし危ないとのことだったので、このまま釣りを続行しました。

結局このあと35センチのアカハタと30センチ位のアカハタを2匹上げて釣り終了としました。

img_0216

img_0217
img_0214
理想的な釣りではありませんでしたが、お土産にはなったので、煮付けにして美味しくいただきました(o^^o)!

ちなみにこのアカハタはデパ地下の魚屋で見たら、30センチ位のは4000円、35センチ位のは5000円、40センチ位のは6000円で売ってました^o^そう考えるとぜいたく言ってはいけないですね^_^

インプラントアドバンスセミナーに参加してきました^^

2016/11/26

11月20日は福岡にインプラントのアドバンスセミナーに参加して来ました^o^

テーマはハード•ソフトティシューマネージメントでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-13-26-11

最近当院に他院でインプラントに失敗した患者さんやインプラントはできないと言われたような難症例の患者さんが増えております。そのような患者さんはたいてい歯周病の治療やお口の中の菌のコントロールなどがあまりきちんとなされずにインプラント治療を行って失敗したり、歯周病の進行により歯を 支える骨がかなり溶かされてしまっている方がほとんどです。

このようにインプラントはしたいけど難しい患者さんの少しでもお役に立つために、骨などの硬組織や歯肉や粘膜などの軟組織をいかに再生させるかが、今私の中での大きなテーマなのです(^^)

今回は神奈川歯科大学大学院歯学研究科高度先進口腔医学講座の児玉先生にご講演頂きまして、

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-9-56-27

豚の骨を使っての遊離歯肉移植や歯肉弁歯冠側移動、骨膜減張切開、インプラント埋入同時GBRなどの実習を行いました^o^

インプラントの研修会は久しぶりでしたが、最先端の知見やテクニックを学ぶことができて、とてもためになりました!!当院は総合歯科なので様々な分野で早速明日からの臨床で生かして行きたいと思います(o^^o)
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-13-25-22

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-16-07-39

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-16-07-44%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-13-25-50